理解していない側がいつも悪い | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

 

国の制度や手続が

改正になると、それに伴って

「様式・書式」も改正

されるのが標準です。

 

 

障害年金も同じ。

 

認定基準が変われば診断書が

変わりますし、他の制度との併給

調整の仕組みが変われば、そのための

書類が増えたりもします。
       

 

で、制度をよく理解しているとか、

ペーパーワークに長けている方とか、

診断書の作成になれているドクターで

あれば、様式が多少変わったところで、

特に問題は起こりません。

 

 

書き込む内容や場所が変わる

だけの場合が多いから。前より

多少の考案は必要かもしれないけど、

そう難しいものでもない。

チュー
      
 

 

けど、

 

 

 

制度をよく知らないとか、

初めて作る方の場合には、どうしても

「やり直し」「書き直し」「出し直し」

っていうことが起こります。

 

障害年金の請求をご自身で

される場合、何度か役所に足を

運ばないと整わないって

いうのは、書類の中身や作り方が

よくわからないっていう理由も

あるということです。

 

 

 

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗

 

 

ほんで、この現象は、

書類を受け取った役所の側からすると、

「これでは決裁に回せないので※※を

○○して出しなおしてください」と

いう作業が行われるということです。

 

 

ごく平易な言葉だと

【ダメ出しされる】

ってことです。

 

 

 

そして

 

 

 

あまりにも多くの

ダメ出しがあるとしても、

行政サイドとしては

「出す側の理解が足りてない」

としかお考えになりません。

 

 

つまり

(様式がわかりにくいのかな)とか

(もうちょっとココ工夫したら良いかも)

といった発想にはならないと

いうことです。

 

 

これに対して役所の窓口へ

意見を言うことは出来るでしょうし

実際に私もしたことはあります。

 

 

でも、それが中央に届いて

汲み取ってもらえることなど、

まずありません。

 

 

 

 

だから、言われるように

合わせるほかありません。

 

ごねて話をこじらせるより、

相手に合わせる方が有益なことも

少なくありませんし。

 

 

 

 

なぜなら、文句言っても、

手続は前に進まないから。

 

 

 

手続が前に進まないと、

権利行使が遅れたり、果たすべき

義務を履行できないからです。

 

 

 

そのままだと

こちら側が損をする

だけ。

 

 

 

だから、ダメ出し食らったら

さっさと直すのが賢明です。

 

 

ニコニコ

 

 

むしろ、

理解を深める

チャンスをもらった

くらいに捉える方が、

ストレスもありません。

 

 

そして、修正をして

あらためて受理してもらった上で、

「やっぱりココはこうした方が良いと思う」

という意見がたくさん集まる

ようなら、それはやっぱり

考えなおしてもらった方が

良いのだと思います。

 

 

 

 

 

実は今、そのような提言を作成しています。

 

 

 

 

 

出しても無視される

かもしれませんけど。

 

 

 

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

 

無視だな。ゴミ箱行きだ。

 

 

 

 

 

でも、何もしないよりは

マシだと思うので作成はします。

思考の整理にもなりますし。

 

 

話を聞いてもらえたら

ラッキーくらいに思っときます。

 

 

 

 

 

真顔

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ