実はそれほど好きじゃない | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

先日ふと

悟りを得た

ことがあったので

今日はそれを書きます。

 

 

 

内容は、今の仕事についてです。

 

 

 

私たちは障害年金請求代理に

携わって7年経ちます。そして

この間、多くのお客様に恵まれて

ここまでやってこれました。

 

 

 

ありがとうございます。

照れ

 

 

 

で、障害年金請求代理っていうと、

早い話が「行政に対する手続の仕事」です。

 

 

お客様から話を聞いて、

情報を戴いて、書類を集めて

書いてスピーディに実行する。

というもの。

 

 

そしてこれは、7年間

経験した印象からしても、

自分たちの得意分野だと

感じています。

 

 

 

なのですが、

 

 

 

「行政に対する手続の仕事が

好きかそうでないか?」と問われたら、

実は後者に近いです私たちの感覚は。

 

 

 

 

 

 

嫌いなのか!って

突っ込まないでください。

 

まだ続きがありますもので。

 

 

 

 

 

私は前職で、敬愛する鬼上司に

「事務処理スペック」を叩き込まれました。

なので、スピードとクオリティには

一定の自負があります。

 

だから、得意か苦手かというと、

得意です。これは断言していい。

       
 

 

ほんで私たちが

実はそれほど好きじゃないと悟った

「行政に対する手続の仕事」とは

具体的に何なのかと言うと、
          
・法律で守られている権利を主張すること
・主張するための資料を作成すること
・手続実行のために関係機関とすり合わせをすること
・行政に対し書類を提出し手続を実行すること
・実行した結果を受けてのその後の対応

 

ざっと順番に並べると

こういうことです。

 

 

 

そして実務上これらの一部を

省略するということは基本的に

ありません。

 

 

なので、実はそれほど好きでは

ないからといって「コレやらない」とか

「ココ自分しません」ってわけには

なりません。

 

 

だからちゃんとやっています。

 

結果が出ていることがそれを

あらわしてもいるはずですし。

 

 


しかもおそらく、アシスタントさん

とか他の誰かさんよりも、私の方が、

うまく仕上げることができるとも

思っています。

 

 

だから、渋々といえば語弊が

ありますが、これからもちゃんとやります。

当たり前です。
( ̄ー ̄)

 

 

 

 

ただ、

 

 

 

 

得意だけどそれほど好きなことでは

ないと感じているなら、では、一体何が

好きでこの仕事を続けていられるのか。

 

 

私の頭の中でそういう話になりました。

 

 

で、それをあらためて考えたら、

これはふたつあることをこれまた

はっきり悟りました。

 

 

具体的に何かといえば、

   
=================

 

・考案したロジックで望んだ答えが出ること

・結果をお届けできたお客様の弾んだ声
            
=================
         

  
これだ。
         

 

このふたつを獲得するため

日々取り組んでいるワケです。

 

 

 

そのプロセスの一部が

「行政に対する手続の仕事」

なのだ。

 

 

 

そして間違いなく多くの同業の

社労士センセイも、同じ気持ちで

日夜業務に打ち込んでいる

はずだと思いたい。

 

 


そこら辺りを語る会が

連休前にありまして、実は、

結構盛り上がりました。

 

 

 

 

途中で寝落ちしましたけど。

 

翌日、記念撮影の写メを送って

もらったのですが、撮った記憶が

全くありませんに。

 

 

 

 

そしてやっぱり、同業のセンセイは

みんな、連休ないって言ってました。

 

 

月跨ぎとか春先っていう時期特有の

仕事もあれば、ビジネスを次の展開に

進めるための思考の時間をもつのだ、

とか。

 

 

 

まあ、いろいろです。

 

私も思考の時間はたっぷり持てました。

 

 

 

何にせよ、自分の好きな

ことでスケジュールが埋まり、

そしてその有意義なことに限りある

自分の時間を使えるのは、

幸せだと思いました。




ようは、休むと好きなことが

できないから休まないんです。

 

たぶん。
 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ