その納付実績は、手続の有利・不利には無関係です。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

 

よくある誤解

ひとつご紹介します。メモ

 

 

具体的な話の前に

少し制度を解説します。

 

 

※解説ここから※

 

 

障害年金制度は、「保険」の
金融技術が採用されています。

 

 

したがって、原則的に、
初診日より前に一定の期間、
保険料を納めていなければ、

どんなに重度の方でも
受け取ることはできません。

 

 

 

が、

 

 

 

ひとつだけ
「保険料納付要件」を
必要としない仕組みが
あります。

 

 

それは何かというと、
「20歳前傷病による障害基礎年金」
です。

 

 

 

具体的には、
・生まれつきの障害をおもちとか、
・学生の頃に治療が始まった傷病がある。

といったケースで

請求される方が対象です。

 

 

 

なぜ保険料納付要件を

問わないかというと、それは、
国の年金に強制加入するより前に
初診日がある(治療が始まっている)

からです。

 

つまり、初診日より前の
保険料納付要件を求めること
自体が出来ません。

 

 

(というか、ありえません)

 

 

こういうことで整理されています。

 

 

 

そして

「20歳前傷病による障害基礎年金」は

その請求を実行する最初の

タイミングを、原則、一律20歳に

達した時点としています。

 

 

周囲の方が制度を知って

おられたりドクターから案内を

受けたりすれば、20歳になった時点で

御家族が請求されるケースが

多いようです。

 

 

でも、必ず認定される

ものでもありません。

 

 

手続を実行されても、国が

定める基準に該当しなければ、

請求しても認定されない場合は

ありえます。

 

 

そして、20歳のときは
「国が定める基準ほど重くない」
とされても、それから数年経過して
症状が変われば、そのときに
あらためて請求することも
できます。

 

 

ただし、受け取る権利が
20歳頃などの過去に遡ることは
ありません。

 

 

障害年金の支払いに反映するのは、

あくまでも、将来分のみです。

 

 

 

※解説おわり※

 

 

 

 


で、




20歳になって以降、
何年も経ってから初めて
請求される方の御相談でよく
見受けられる誤解が
ひとつあります。

 

 


それは何かというと、

 

============
 

20歳になって以降、毎月
きちんと保険料を負担した
のだから、権利は保険料の
負担を開始した時までさか
のぼったうえで、年金の支
払いもそこから始まるんで
しょう?

 

============



と、いうものです。

 

 

 

 

 

 

 


お気持ちはよくわかります。

 

 

 

 

 

 

一理ある気もいたします。

 

 

 

 

 

 

だって、毎月の保険料支払いって、

それなりに大変でしたから。

 

 

頑張った分は報われてもいい!

というお気持ちになるのも

無理はありません。

 

 

 

 

しかし、このような取扱いは、

残念ながらありません。

 

 

 

 

20歳以降の保険料の支払実績は、
老後や20歳以降に別の障害を負った
ときなどに年金を受け取るための
記録として管理されているものです。

 

 

つまり、20歳前に初診日のある
障害基礎年金とはまったく別物です。

 

 

切り離して考えていただく
必要があります。

 

 

 

まとめますと、

 

20歳前に初診日がある方がその傷病で

障害基礎年金を請求するにあたっては、

20歳以降に保険料を負担したことによる
有利・不利の差はありません。

 

ーということです。

 

 

 

保険料をたっぷり払った

んだから、診断書審査にも

手心を加えてくれるんじゃないの

か?っておっしゃる方もごく稀に

おられますが、無論、

関係ありません。

 

 

 

そしてこの誤解は、

当事者やご家族の方より、

生活援助をされている福祉の方に

多く見受けられる誤解です。

 

 

生活が大変だから、という

お気持ちからなのだろうとは

思いますが、当事者の方が過度の

期待を持ってしまいかねません。

 

 

当てが外れたときのダメージも

図り知れません。ぜひ、周囲の方こそ

誤解のないようにして戴きたい。

お願い

 

 

 

そんな事例のひとつでした。
 

 

 


        
 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ