診断書をわざわざ役所に取りに行く必要はありません。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

またまたあまり

知られていませんが。

 

 

 

実は、障害年金の診断書は、

役所の窓口にいちいち取りに

行く必要は、ありません

 

 

 

ネットでダウンロード

できるようになっている

からです。

 

 

それを自宅のプリンターか

コンビニのネットプリントかで

出力すれば使えるからです。

 

でも、A3版カラー印刷が

標準ですので、この点は念の

ためお気をつけください。

 

 

役所の窓口で配って

いるものも、ネットで

ダウンロードして印刷できる

のも全く同じ様式です。

 

 

 

ちなみにネットで取得する

際のリンク先はこちら
        

 

 

ただし。

違う点がひとつあります。

 

 

それは、

 

「診断書を作成するドクターへの

注意書きが附属しているかいないか」

 

です。

 

 

 

窓口で配布している診断書には

ミシン目を境にしてこの注意書きが

くっついていますが、

ネットでダウンロードする

様式のものにはありません。

 

 

注意書き自体のデータは

あるけど、それは別ファイルに

なっています。

 

 

なので、ご自身で用意

されるなら、それもプリントして

一緒にお渡しする必要が

あるということです。

 

 

 

 

 

つまり、やや手間が必要です。

 

 

 

 

ドクターへの注意書きは、

パソコン画面上では、

「記入上の注意」という

テキストで表示されている

プリントのことです。

 

 

 

たとえば「眼の障害」の

場合はこういう表示です ↓

 

 

 

そしてこの「注意上の注意」は、

診断書の部位別に内容が異なります。

 

中には、検査方法や認定基準の

一部が記載されているものもある。

 

 

 

 

ということは、

 

 

 

できるだけ、一緒に

お渡ししたほうが良い。

 

 

私たちはこう考えます。
        

 

たしかに、診断書の作成に

慣れておられるドクターなら、

「ここはこう書けばいい」って

いうのがおありだとは思います。

 

 

だったら

「注意点は知っている」

ということでついていなく

ても構いません。

 

 

 

でも、そうでないドクターも

おられるでしょうし、それは

申し込む側からはわかりません。

 

 

 

だからやっぱり、

注意書きはないよりは

あったほうがいい。

 

 

 

このようなことから、

診断書作成のための情報が

確実にドクターに伝わるよう、

役所の窓口で配布している

診断書をおススメします。

 

 

私たちもそのようにしています。

 

 

なので、昨日の記事のとおり、

診断書をもらうためにだけ出向く

こともあるのです。

 

 

 


        
 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ