早く帰ってほしい。。。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

あまり知られていませんが。

 

 

障害年金の請求で

使う診断書は通常、

 

「手続を希望している

ので一枚分けてほしい」

 

と役所の窓口に出向いても、

その場ではもらえません。
             

 

 

たいてい

 

「一度は相談されて制度の

説明を受けていますか?」

 

とか、

 

「ドクターは書くと

おっしゃってますか?」

 

など受付で質問されます。

 

 

 

そして、まだそういう

ことがお済みでない方には、

 

「一度話をちゃんとお話を

伺ってからお渡ししたい」

 

案内されて、渡して

もらえないことが多いです。
         

 

 

しかしこれは、不親切だ!とか、

権利行使の妨害だ!という類の

話ではありません。

 

 

 

障害年金の手続で

診断書を書いてもらう前には、

クリアしておくことが

いくつかあります。

 

役所の受付では、

(それを確実に確かめてから

書いてもらった方がいいですよ)

と案内しているのです。

 

 

 

 


もっともなアドバイスです。

ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ
        
 

 

 

 

 

が、
       

 

 

 

 

当相談室の社会保険労務士が

「診断書をほしい」という希望を

役所の窓口に伝えると、その場で

すぐに渡してもらえます。

 

 

 

これはなぜか。
       

 

 

 

==========
              
さっさと渡して帰って
もらうほうがラク~

              
==========
            

 

 

だからです。
           

 

 

 

ただし。診断書を書いて

もらう前にクリアしておくべき

ことは全てクリアした上で

診断書を求めているのが、

役所の方にもわかって

いるからです。
 

 

 

 

(やや遠い目で語る感じ)
        

 

 

 

 

明日に続く

 

 

 


        
 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ