「そこまでしてお金が欲しいか」と言われ手続が止まっていました。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

※当事者ご了解で書いております※

 

 

 

障害年金の御相談では、

珍しくない頻度で、

年単位で手続が

中断しているケース

に出遭うことがあります。

 

 

 

たとえば。

 

 

時を遡ること数年前、

御自身やご家族が役所に

行って話を聞き書類を

手渡された。

 

 

そして整え始めたのはいいけど、

書類が全部揃わなかったり、

自分で書く書類が作れなかったり

などの理由でストップ。

 

 

そしてそのままになっている。

 

 

こういう状態です。

 

 

 

理由は当事者の事情に

より様々ですから、先に書いた

ものが全てではありませんが、

実は、久々に、目が点

になった理由を先月

お聞きしました。

 

 

 

それは何だったかと言うと、

「書類が揃わなかった」というもの。

 

 

 

そしてそのきっかけと

なった強い出来事があった。

 

 

それが、

 

===========

手続のため書類を書いて

ほしいと医療機関を訪ね

たとき、「そこまでして

金が欲しいのか」と言わ

れ何も言い返せなかった

===========

 

だ、そうでした。

 

 

 

御相談時点でこのやりとりが

あったのは2年前だったはず、と

記憶されていました。

 

 

しかも、感情的に

なったことで言い争いになり、

「もう頼むもんか!」

と啖呵を切ってそれきりだと。

 

 

 

 

 

 

ムムム。これはとてもマズイ。

 

 

 

 

 

このケースでは、そちらの

医療機関に書類をお願いしないと、

手続が実行できないことが

明らかなので。

 

 

 

そして当事者の方はこの2年の間、

 

(どう言い返せば良かったのだろうか)

 

とか

 

(感情的に言い返したのはまずかった)

 

と、相当悩まれたそうです。

 

 

 

 

このような経緯があったので、

私たちの事務所で御手続を受任する

運びとなりました。

 

 

感情的なもつれがあれば、

第三者を挟んだ方が気がラクだし

スムーズだと思うから、

というお考えです。

 

 

 

でも私たちからは

最初にこうお伝えしました。

 

 

============

 

言った方はどうせ覚えてま

せん。気にするだけ損です。

今からでも自分で行ってみ

てもいいのでは?

 

============

 

 

 

 

社会保険労務士が手続に

関与しなくてもいいシンプルな

ケースなら当事者側で整いますよ、

とアドバイスすることも

あるからです。

 

 

 

こちらはそういうケースでした。

 

 

 

だから、

すっかり忘れた

フリをして

行ってみるのも

ありなんじゃないかと

思ったのです。

 

 

 

 

でも「それは無理」とのことです。

もう、怖いのだと。

 

 

 

 

だったらこちらで全部

やりましょうということで、

社会保険労務士が代わりに

書類の申込みに行きました。

 

 

 

そして、ふつうに

受け取ってもらえました。

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

「そこまでして金が欲しいのか」

という発言は、さすがにそのままの

言葉ではないのかなーとは正直

なところ思いました。

 

 

ふつう人に向けて言う

言葉ではないですから。

 

 

でも、言われた側はそういう

ニュアンスで受け止めたという

ことで、口から出た言葉の

意味は同じだとも理解しました。

 

 

 

 

だったそれに返す言葉は
     
「欲しいです」

 

以外にありません。

 

 

 

 

「欲しいです」と言えば

その場で快く応じてもらえた

のかはわかりませんけど。

 

 

身内や友人知人が

同じ頼みごとをしてきたと

しても、同じように、

「そこまでしてナンチャラ」って

言うんですかね??

 

 

 

 

 

手続の場面では

こういうこともあります、

という一例でした。

 

 

 


        
 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ