Q:障害年金の診断書をドクターが修正してくれません。どうすれば・・・ | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

 

今日は、御相談Q&Aを一件。

 

 

=================

        
Q:ドクターに書いてもらった診断書

を役所に持っていったら、「証明され

ている時期が全然違う」「審査に必要

な検査項目が記載されていない」とい

うふたつの理由で受け取ってもらえま

せんでした。早速修正をお願いしに行

ったのですが「いたしません」と拒ま

れました。どうしたらいいのですか?

         
=================

 

 

A:ケースバイケースですが、「ドク

ターに修正を依頼したけど〇〇の理由

で応じてもらえませんでした。なので

やむを得ずこのまま出します受け取っ

てください」と一筆差し入れてしまう

こともあります。

 

 

 

【解説】

 

こういうケースは

ときどきあります

 

 

当事者やご家族が懇願されても、

社会保険労務士が関与しても、

行政からメモが差し入れられても、

応じてもらえないものは

応じてもらえません。

 

 

 

そういうことは、あります。

 

 

 

ただし。

 

 

 

修正に応じてもらえない

という一点を理由として、

その請求が絶対にできないかと

いえば、そうとも限りません。

 

 

 

 

で、

 

 

 

私たちの経験上は、

請求に持ちこむために

技術的な条件がふたつ必要と

考えています。

 

 

1.

「応じてもらえない理由」

必ず確かめておくこと

 

こちらの御相談の場合、

役所が書類を受理しない理由は

ふたつ。

 

「証明されている時期が全然違う」

「審査に必要な検査項目が記載されていない」

 

でした。

 

 

 

であれば、

 

 

 

なぜあえて証明を求めた時期を

外して書類の発行をされたのか。

 

と、

 

審査に必要な検査値が記載

されていないのは、検査が行われ

なかったのかそれとも病気に

関係ない値と判断されたのか。

 

 

この二点を押さえておく

必要があるということです。

 

実務上は、わざわざ

そのことについての書類を病院に

書いてもらう必要はありません。

 

病院の書類窓口の方から

「ドクターはこう言ってます」と

告げられた内容を正確に聞き取って、

その内容をそっくりそのまま

病歴・就労状況等申立書に

添え書きする格好をとります。

 

 

 

はい次ふたつめは

 

 

 

2.

「やむをえずこのまま

出します」と一筆書いて

おくこと


実務的には、

「病歴・就労状況等申立書」の

どこかにその旨を記載するか、

別に一枚書類を作るかです。

 

 

ここで何を申告するかというと、

 

 

「説明して補正を求めつくした

けど応じてもらえなかった」

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

あと、

 

 

 

 

 

そもそもの話として、

障害年金の病態審査は、

「診断書でないと絶対ダメ」

ということを実は法律では

求めてはいません。

 

 

手続を容易かつ公平にする

観点から、便宜上、書類様式を

定めているに過ぎません。

 

 

なので、診断書以外の書類で

病態が把握できるのであれば、

それで代用することもあります。

 

 

そしてその方法でちゃんと

審査されますし、認定を受ける

こともできます。

(ただし時間はかかります)

 

 

 

それにだ。

 

 

診断書出せ出せとは

言うものの、提出した内容その

ものの信憑性を全否定する審査も、

現実にはあります。

 

こんなのだったら、

(何で診断書がいるの?)

というロジックも成立

してしまいます。

 

 

 

こういう事情もあるので

ふつうはしませんけど、診断書

以外の資料で病態がわかるのなら、

それを添えて請求を実行することも

あるのです。

 

 

 

ただし、証明する時期が

違うことで給付を受ける権利の

利益・不利益が大きく異なるよう

だったら、やはり診断書は必要。

 

 

 

不服申し立てにもつれる

可能性も極めて高いですし。

 

 

 

 

それから一番マズいのは、

 

再三の修正でドクターの

機嫌を損ねてしまうこと

 

だとも思います。

 

 

 

私も、過去の粗相を、

思い出してしまいます・・・

 

 

 

何かしらドクターの

お考えがあっての証明です。

 

この点を踏まえて対応される

のが、スマートと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー 解説おわり

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ