147年前(明治4年)に、

今の「円」に統一するための

新貨条例という法律が決定しました。


 

江戸時代には、

「両(りょう)」・「分(ぶ)」

「文(もん)」という単位が

使われていたんですね~キョロキョロ

 

 

 

 

江戸幕府発行の金貨(小判など)

銀貨(丁銀、豆板銀など)

銅貨(文・銭など)の他に、

 

全国各地の大名が発行する

紙幣「藩札」がありました。

 

 

更に、幕末時代には

外国製銀貨の流入によって、

 

日本のお金制度は

混乱していたんですね~ショボーン


 

このようなことから、

明治4年に新貨条例を作り、

 

日本全国で統一した

「円」という単位が決定されたのです!

 


 

 

その後、

明治10年西南戦争勃発により、

 

戦費調達のために政府紙幣や

国立銀行紙幣が増発され、

激しいインフレが発生しました。

 

 

あまりにもお金の流通が多すぎると

お金の価値が安くなるので、

 

買い物が不便だったり、

お金の価値が下がって

 

貯金のある人は

損をしてしまうということですガーンあせる

 

反対に借金していた人は

ラッキーですねウインク

 

 

そして、

通貨価値の安定のためにと

 

明治15年に中央銀行として

日本銀行が設立されました🏦🏧


 

日本銀行券は、明治18年に

銀貨と引き換えできるようになり、

 

国立銀行紙幣と政府紙幣は

明治32年(119年前)に

使用を停止して

 

日本銀行券に統一されました。

 

 


 

 

現在の日本円を考えてみても、

500円玉や2,000円札が

新しく発行されたり、

 

紙幣が小さくなって

お財布も小さくなりました👛

 

 

時代と共に、お金も

常に改良され続けて、

 

現在のデジタル化に

繋がっているわけですね

 

 

 

 

そこで暗号通貨の登場です!!

 

既に日本の貨幣と認定された

ビットコインは、決済通貨として

導入する企業や店舗が増えています乙女のトキメキ

 

 

ビットコイン以外の通貨を

アルトコインと言いますが、

 

秋ごろ上場予定のTLCは、

ビットコインの位置での

最新版であり、完成版なのです。

 

 

30年前に予言されていた仮想通貨とは