鳥谷宏之はメインキャストで

イワゴウサトシはキャストで

3月19日(月)21:00~22:59 NHK・BSプレミアム

スーパープレムアム ドキュメンタリードラマ
「蘇る太陽の塔 “閉塞する日本人”へのメッセージ」に出演します。

  

この番組のドラマの一部は

3月21日(祝・水)19:00~20:59 NHK・BSプレミアム
スーパープレミアム 完全中継「蘇った!太陽の塔」でも再度流れる予定です。

 

情報解禁になったばかりで詳しい情報がなかったので、ネットサーフィンして探していたら、

ロケ場所になった常磐大学の経営学科ニュースにステキな記事がアップされていました!

http://www.tokiwa.ac.jp/managementnews/2017/11/18/

 

演出の井上恭介さんやカメラさんの懐かしい写真を見つけました!!

出演者の名前に鳥谷宏之とご紹介してくださっています。

演出の井上さんはドキュメンタリーの専門。

兎に角、岡本太郎と妻の敏子への想いがすごくて、

 

拙著「ゴジラのトランク」を元にしたドキュメンタリー番組BSプレミアム「イノさんのトランク」の時の

黒澤明への熱い想いが溢れていた制作チームを思い出しました。

 

この番組は1年かけて作ったそうで、テレビドラマや映画とは違う制作へのアプローチが刺激的でした。

今、思い出してもゾクゾクします。

 

カメラはあの「北斎インパクト」を撮った方が担当でした。

照明への指示、実現していく照明さん、ヒリヒリします。

 

凄いチームでした。

 

去年の10月、出演の打診を受けて。。。

 

キャスティング、監督面談、衣装合わせ、読み合わせ、そして撮影、その後のメールのリレーション

目くばせ、気配り、思いやり、

 

言葉の一つ一つ、一挙手一投足が意味があって、無駄が無くて、専門的で。

 

あの制作チームに出会ったことで映像制作への考え方が変わりました。

 

映像スタッフへの尊敬の念が深くなり、この業界で生きていける奇跡に感謝し、誇りに思うようになりました。

 

今思えば、あの出会いが映像を切り取ったかのような写真撮影の必要性を呼び起こしたのでしょう。

 

奇跡の出会い、経験が一つの番組に結集されます。

 

放送が待ち遠しいです。本当に。