このブログネタは書き上げるのに時間を要する為、あらかじめこの前の休日に書き溜めたものです。

 

おはようございます。今回のブログは、去る11月23日・11月30日にKKB鹿児島放送で放送されたテレ東製作の番組「THEカラオケ★バトル」の「チャンピオンズカップ2019(テレ東系列の放送局があるエリアでは、8月18日に放送済み分)」の回を観ての感想を書き綴っていきますニコニコ

2時間SPの回ではありましたが、編成上の都合で1時間×2週に分けての放送でした。

 

それでは早速、予選から振り返っていきます。

 

予選ルール:各ブロック得点上位1名が決勝進出

(Aブロック)

1人目 谷川まき子さん(25歳・歌うまサークルNo.1)

歌った曲:逢いたくていま/MISIA 全国平均点:83.218

得点:97.395 ×

2人目 林 にこさん(12歳・童謡こどもの歌コンクール金賞)

歌った曲:さんぽ/井上あずみ 全国平均点:74.682

得点:94.161 ×

3人目 坂崎守寛さん(29歳・民謡内閣総理大臣賞)

歌った曲:南部蝉しぐれ/福田こうへい 全国平均点:85.179

得点:98.685 ○(決勝進出!)

 

(Bブロック)

1人目 下尾礼子さん(15歳・アニソン大会王者)

歌った曲:甲賀忍法帖/陰陽座 全国平均点:81.974

得点:98.636 ○(決勝進出!)

2人目 深田 杏さん(30歳・新宿三井ビルのど自慢大会チャンピオン)

歌った曲:世界でいちばん暑い夏/PRINCESS PRINCESS 全国平均点:82.057

得点:98.205 ×

3人目 松葉朋実さん(22歳・詩吟チャンピオン)

歌った曲:津軽海峡・冬景色/石川さゆり 全国平均点:84.233

得点:96.702 ×

 

ちなみに、11月23日の放送では、このBブロックを終えた所で「この続きは次回!お楽しみに!」と出て、前半1時間の分が終了していました。

 

(Cブロック)

1人目 根岸優至さん(21歳・クラシック音楽コンクールチャンピオン)

歌った曲:千の風になって/秋川雅史 全国平均点:82.978

得点:97.646 ×

2人目 中村 望さん(37歳・歌の国体内閣総理大臣賞)

歌った曲:人形の家/弘田三枝子 全国平均点:82.713

得点:95.320 ×

3人目 小松ミユキさん(25歳・カラオケ世界大会日本王者)

歌った曲:聖母たちのララバイ/岩崎宏美 全国平均点:82.952

得点:98.869 ○(決勝進出!)

 

スタジオゲストの古坂大魔王さんも、「ドラゴンボールの「天下一武道会」をやっているような感じ」と言っていた通り、挑戦者一人一人が様々なジャンルの賞を受賞されていることから、この番組でもシリーズ化されている「歌の異種格闘技戦」のような感覚で、僕も放送を楽しんでいました☆

惜しくも予選敗退してしまった方の中で、僕にとって強く印象に残ったのは、Cブロックのトップバッターで歌った根岸さんですね。歌う声は女性のような高い感じで、「もののけ姫」の主題歌でおなじみの米良美一さんを思わせるもので、僕も声を聴いて良い意味でビックリしました。なお、歌い終わった後のトークでは、「カウンターテナー」という声の種類について語られる場面もありました。

 

ということで、なんと決勝進出者のスコアは全員が98点台で、なおかつ1位の小松さんと3位の下尾さんとの差が、わずかに0.233ポイントだったので、こういう決勝進出も大変珍しく感じました。

ここからは決勝戦についてです。まず、3名が歌った曲はそれぞれ下記の通りでした。

 

下尾礼子さん(予選総合3位)

歌った曲:魂のルフラン/高橋洋子 全国平均点:83.673

坂崎守寛さん(予選総合2位)

歌った曲:天城越え/石川さゆり 全国平均点:83.391

小松ミユキさん(予選総合1位)

歌った曲:ORION/中島美嘉 全国平均点:84.800

 

最初に歌った下尾さんですが、VTRにて「練習でも、予選で歌った曲より高い得点が出ていたから、自信あります!」と言っていた場面があり、僕は彼女がアニソン大会王者という所から、「もしや、魂のルフラン?」と予想していましたが、すると実際に歌った曲は予想通り「魂のルフラン」でした。この曲は超高得点を狙うには打って付けの曲なので、優勝のラインは99点台になるであろうと捉えていました。

あと、坂崎さんが歌った「天城越え」も、男性が歌うと雰囲気もガラッと変わって、すごく良いなと思いました☆

 

そして、最終結果はこのようになりました!

 

下尾礼子さん 99.010 ×

 

坂崎守寛さん 97.575 ×

 

小松ミユキさん 99.885 ◎(優勝!)

 

優勝を飾ったのは、満点に近い高得点をマークした小松ミユキさんでした。なお、紹介VTRでは、小松さんのハイテンションな様子も目にしましたが、僕も放送を観ていて、終始笑みが止まらなかったですニコニコ

下尾さんは同じ99点台ながら、惜しくも優勝に届かず、坂崎さんも「決勝」という独特のプレッシャーにやられたでしょうか、97点台と伸び悩む形となりました。

 

以上が「チャンピオンズカップ2019」の内容でした。次回の放送は12月21日で、「2019夏のグランプリ(テレ東系列の放送局があるエリアでは、9月1日に放送済み分)」の回になります。私事ですが、翌週の28日は土曜出勤(年内最終出勤日)が確定していますので、KKBには今回のように1時間×2週に分割せず、1週で全てを放送してくれることを願っています!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。それでは皆さん、今日も一日元気に頑張りましょうニコニコ

 

ペタしてね