バルセロナで恋がしたい! | movie-highway編集部!のブログ

movie-highway編集部!のブログ

映画情報サイトmovie-highwayの編集部がお送りする、シネマに関するブログです。

メンバーが最近見た映画や業界のヒミツ、フツーの日記も書く予定。

みなさまこんにちは!
Movie-Highway 編集部のTannyですチョキ


ウディ・アレン監督の最新作『それでも恋するバルセロナ』を一足先に鑑賞してきました!


『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いてスカーレット・ヨハンソンが出演します。

共演のペネロペ・クルスがアカデミー賞を受賞したことでも話題になりましたね。


この映画、一人の男をめぐる3人の女性の恋愛模様を描いたラブストーリーです。

そしてなんともすてきなことに舞台となったのはスペイン、バルセロナ。


なーんてステキな街なのでしょうか。

ぜひ行きたい!

今すぐ行きたい!


スカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールはバカンスにやってきた女子ふたり組みの雰囲気がばっちりで、さらに本場スペイン出身のペネロペ・クルスとバビエル・バルデムが、情熱的なスペイン人のイメージを裏切らないキャラクターです。


いいですねぇ、こんなバカンス、してみたいもんです。


ちなみにウディ・アレン監督ですが、いつもよりウディ監督の色は薄めかな。と思いました。

私は彼の作品の中では『カイロの紫のバラ』がいちばん好きなのですが、ウディ・アレン監督作品の乙女ラインが好きな方はきっと楽しめる映画だと思います!


ぜひごらんあれ!