祇園 呂色

テーマ:
呂色とは黒漆の濡れたような深い美しい黒色の事だそうです

八瀬を出て 祇園へ

芦屋 コスモプリュス 小霜シェフが手掛ける和と洋

お店に入った瞬間から 呂色の世界へ


漆黒のカウンター席のみ 


12時一斉スタートの為 コース前に皆様揃うまでの軽い一品をと小霜シェフ
もうすでに美味しい😊

その間に お肉が運ばれてきて メインの選択

牛・鹿・鳩・仔羊

私は仔羊、友人は牛、鳩と三人三様😊楽しみですルンルン


皆さん揃ってコース スタートです



三大珍味 右からキャビア・トリュフ・フォアグラ

いつもの事ですが 全て10個ずつは食べたい!とお決まりのセリフを言わずにはいられない(๑˃̵ᴗ˂̵)

白魚・ウルイの天麩羅


お魚の前菜に小さな胡瓜と胡瓜のお花
しっかりと胡瓜味です

鳥取産のクロモと北海道甘海老
始めて食べたクロモは粘りがすごくて驚きました

牛タン煮込み

オレンジワイン🍷

真ハタ

仔羊

雲丹ご飯

10年熟成プアール茶とデセール 麦チョコがやめられない止まらない美味しさ❤️

はぁー幸せキラキラ

祇園界隈の喧騒から逃れ 華美な装飾を排除した大人の空間 呂色

有田焼の器に繰り広げられるアート作品はどれも素晴らしく 次の一皿が待ち遠しく…


シェフの創造性は京都の地で更にひろがっているようです


八瀬で目も心も頭も満たされ 祇園で仕上げ


春の大人遠足🍀
お誘いありがとう❤️