ナット交換 | 皆川ギター工房のブログ

皆川ギター工房のブログ

東京都足立区北綾瀬にてアコースティックギターの修理(リペア)とメンテナンスを中心に営業中です。
ギターに関することなら何でもご相談ください。


テーマ:
こんにちは。

だいぶ寒いですね!

今回は基本中の基本ですが、これがちゃんと出来てるか、出来てないかで、全くギターが変わってしまう、ものすごく奥が深ーいパーツ、 Nut 。
これの作製を順を追って見ます。

ナットは勿論材質で音が変わりますが、それより出来次第で、音、ピッチ、演奏性、全てに影響します。
時にはナットが原因で弦が切れやすくなったりもします。



 
ナットを外しますが、まずここから難しいです。
叩いて簡単に取れるものばかりではありません、ムリに叩くと、ヘッドの化粧版が壊れます。


 
叩くにしてもコツがあって、これも普通に叩いたら悲しい事になります。
叩けない時は、ナットを真ん中から二つに切って外します。


 
 外した後は溝をきれいにします。


 
 材料の幅を合わせます。


 
 うちの場合は先に長さも合わせてしまいます。
溝が決まった後に、長さを合わせて磨いたりしていると、左右のバランスが変わってしまう事があります



 
 1弦と6弦の位置から、バランスが決まります。
ヤスリが当たらないように、なんかテープを貼っておきます。
粘着力が強いので、弱めて使います。


 
 全体のバランスを決めます。
ちょっとずれるだけで、バランスが変になるので、よーく見ます。


 
溝の深さは1フレットに対して決まります。
溝の幅は弦と同じ幅で、気持ち広い感じ、広すぎると弦の振動が変になる場合があり、狭いとチューニングが合わなくなったり、弦が切れやすくなったりもします。
そして、溝の底面はまん丸。
ナット専用ヤスリでは丸くならないので、仕上げは丸棒ヤスリで。
高い安いギター関係無く、これがなってないナットが結構多いんです。


 
弦の溝と本体のフィッティングが決まっていてば、後は形などは殆ど、どうでもよいと言ってもよいくらいです。(但し厳密に言えば、パーツの重さで音が変わりますので程度はあります。)
でもその形には、メーカーのイメージがありますので、そこも
一所懸命作ります。


 
  
 


ナットについてはまだありますが、それはまた次にと言う事で。

 
 
 

皆川ギター工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス