どうもTAKAです!

 

 

 

 

今回のテーマは、

「伴奏をする感覚」です!

 

 

 

 

ギターはコード楽器とも言われる一方、華型の役割も担う言わば便利屋wな部分があります。

 

 

 

 

便利屋と言うと聞こえがよくありませんが、曲の中での調味料的な役割になるかと思います。

 

 

 

 

 

曲の方向性を彩る楽器としてギター、キーボードなどのコード楽器は様々な表現方法を求められます。

 

 

 

 

 

また歌のバックでコードストロークやアルペジオなどで演奏することがあると思います。

 

 

 

 

 

この所謂伴奏を意外とギタリストは苦手に感じる傾向にあります。

 

 

 

 

僕も昔苦手な時期があり、現場で急遽ギターだけの伴奏を求められ必死に練習して克服しました…w

 

 

 

 

まずギタリストが比較的この伴奏を苦手な理由がいくつか見受けられるのが、

 

 

 

・ギターソロが大好き

・バンド系のリフを主に弾くことが好き

・弾き語りをあまり行わない

 

 

 

 

大きく分けてこのような理由が挙げられます。

 

 

 

 

ギターリフを弾いていてはじめから伴奏をしてる感覚になるのは難しいと思います。

 

 

 

 

またバンド系のギタリストは基本、リズム隊がいるので自分でリズムを出して演奏することよりもリズム隊に乗っかる感覚で演奏しているギタリストが多いかと思います。

 

 

 

 

しかし、時に歌とギターだけでライブをすることなどがあった場合にしっかり伴奏する感覚を持っていないと歌と合わないなんてことになり大変です。

 

 

 

 

そこで今回は伴奏する感覚を得るための練習法をご紹介します。

 

 

 

 

まずは、多くの曲を弾き語りしてみる。

 

 

 

 

歌いながら弾くことでギターのリズムも安定するし、歌のリズムを感じながら演奏できるのでまずは自分の歌で弾き語りしてみましょう。

 

 

 

 

次に、弾き語りできるようになった曲をギターだけで演奏してみましょう。

 

 

 

 

すると不思議と歌がなくなった分リズムの強弱をつけたりする余力が生まれたりと、自分で歌ってみた感覚を残したままギターを弾くことが出来ます。

 

 

 

 

この際に頭の中で歌をイメージしながら演奏するとなお伴奏をしている感覚が手に取るようにわかると思います。

 

 

 

 

最後にいろんな人に歌ってもらってギターを弾く。

 

 

実際に人と合わせてやることで自分のリズムが相手にどう伝わっているかや、どうすればよりわかりやすくリズムを伝えて呼吸を合わせられるかがわかるので、できる限り自分以外の人の歌でトライしてみましょう!

 

 

 

 

 

このようにギタリストが苦手とされる伴奏する感覚を持ち合わせた上でバンド演奏をすると生きたリズムのギターの演奏ができるようになるので、これを機械に伴奏する感覚を身につけましょう!

 

 

 

TAKA

 

 


 

世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓

世田谷区三軒茶屋ギター教室

 

 

 

 


 

譜面製作、音源制作のご依頼をお考えの方は、
ぜひ!
MGS Productionへ!!

 

 

 

MGS Production