どうもTAKAです!

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

「キャビネットの種類」です!

 

 

 

ギターアンプのい中でも思い浮かぶのがマーシャルの大きいアンプ!

 

 

 

 

 

そのスタックタイプのアンプは、ヘッドとキャビネットで分かれています。

 

 

 

 

 

今回は、キャビネットのお話です!

 

 

 

 

キャビネットは、簡単に言うとスピーカーの役割をしていて、スピーカーの種類によって音の変化があります。

 

 

 

 

 

 

 

スピーカーのサイズや音によって変わりますが、基本的なマーシャルが12インチ×4発になっています。

 

 

 

 

レコーディングなど音量をあまり必要としていない場合によく使われるのが、1発キャビ。

 

 

 

 

 

また取り回しが楽で、タイトな音を好み場合は2発キャビなど、弾くいプレイやジャンルによって使い分けることがあります。

 

 

 

 

 

同じヘッドアンプでもかなりの音の違いがあるので、スタジオでレンタルできる場合や、楽器屋さんで思想して見るとより好みな音色に血がずけるので、積極的に試していきましょう!

 

 

 

 

 

 

TAKA

 

 

 

 

譜面製作、音源制作のご依頼をお考えの方は、
ぜひ!
MGS Productionへ!!

 

 

 

MGS Production

 

 


 

世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓

世田谷区三軒茶屋ギター教室