どうもTAKAです!

 

 

 

今回のテーマは、

「意外と気にしない?ブリッジの違いを体験しよう」です!

 

 

 

 

ギターの種類によって音色や弾き心地はかなり違いがあり、自分のこのみにあったものを選びたいですよね!

 

 

 

 

また最近ではオーソドックスなものもありますが、様々な需要に合わせて様々なギターが誕生しています。

 

 

 

 

 

今回はその中でもブリッチについてのお話です!

 

 

 

 

まずギターの中で弦の振動を伝えるところとしても大切なブリッジですが、それぞれの音の特徴はもちろん弾き心地はかなり違いがあります。

 

 

 

 

一つ一つ言っていくと霧がないので大まかに分けると、2大ブランドでもある、フェンダータイプかギブソンタイプかで分けるとより違いがわかりやすくなるかと思います。

 

 

 

 

 

フェンダータイプ。

 

 

 

もともと大量生産をモットーに作られたギターなので各パーツ取り回しの良い作りになっていて、代表されるテレキャスター、ストラトキャスターは多くのギタリストに愛されています。

 

 

 

 

例えばストラトタイプのブリッジは、6wayのサドルに別れ一つ一つの微調整も行える優れもので、ジャキっとした音になりやすい傾向にあります。

 

 

 

 

 

ギブソンタイプ。

 

 

 

ギブソンタイプはしっかりとした作りが特徴で、比較的重量もある為どっしりとした骨太のサウンドが特徴です。

ギブソンタイプのブリッジのテールピースは、ギブソンを代表するギターを支えるとても人気の高いブリッジで、チューニングの安定性も人気の秘訣です。

 

 

 

 

またコシのある音になりやすいのでカッティング等にも人気のブリッジです。

 

 

 

 

 

 

このように2社のギターだけでも個性の違いがあるので、

実際に弾いて試していくうちにそのギターにあった弾き方はもちろん、自分自身にあったギター絵れびができるようになると思います。

 

 

 

意外と気にしないブリッジの違いも今後は注目していきましょう!

 

 

TAKA

 

 

 

 

譜面製作、音源制作のご依頼をお考えの方は、
ぜひ!
MGS Productionへ!!

 

 

 

MGS Production

 

 


 

世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓

世田谷区三軒茶屋ギター教室