どうもTAKAです!

 

 

 

今回のテーマは、

「ワウペダルのいろんな活用法」です!

 

 

 

 

ワウペダルと言えばジミヘンが有名にした機材の一つで、ギタープレイの定番にもなってきています。

 

 

 

 

そのプレイのメインとなるのがペダルを動かしてビートを刻むファンクでは良く聞く奏法が有名です。

 

 

 

 

ワウと言えばこの奏法のイメージがありませんか?

 

 

 

 

実はいろんな説がありますが、元々管楽器のような音色にする為に作られたものとも言われ、B'zの松本さんも行っていますが、ワウにスイッチを入れペダルをこまめに動かさず一定のところで止めて音色に変化を食らえる事も出来ます。

 

 

 

 

 

普通の音色よりも変わった音色になり、マイケルシェンカーが元ネタですが、個性豊かな音色にする事が出来ます。

 

 

 

 

またギターソロでも活用する事がおすすめで、ダイナミクスを付けて弾く事で叫びのような奏法になるので、チョーキングと混ぜると効果的です。

 

 

 

 

どうしてもペダルを見るとコマメに動かしたくなりますが、いろんな表現方法としてペダルの違った踏み方を試してみて下さい!

 

 

 

 

個性豊かなギタープレイが生まれてくると思います!

 

 

 

 

TAKA

 

 

 

 

 

 


 

世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓

世田谷区三軒茶屋ギター教室

譜面製作、音源制作のご依頼をお考えの方は、
ぜひ!
MGS Productionへ!!

 

 

 

MGS Production