どうもTAKAです!

 

 

この間野外イベントで少し日焼けしたとこが染みてますw

 

 

さて今回のテーマは、

「ギターの音色低音編」です!

 

 

 

 

 

ギターの音色はアコースティックでもエレキでもアンサンブルの中で重要な役割があり、歌→ギター→ベース→ドラムと音域的にギターは他の楽器のつなぎの位置にいます。

 

 

 

 

 

 

そのギターの音色を他の楽器も意識してつくる事でより良い聞こえ方を演出する事が出来るようになります。

 

 

 

 

そこで今回は、ギターのAMPの設定などで見るbassという低音の音域をピックアップしたお話です。

 

 

 

 

 

ロックギターと言えばジャーンとかっこ良いリフの音を連想すると思います。

 

 

 

 

低音のローの部分がごんごん太い音でなっている事がかっこよさでもありますが、その低音を求め過ぎてローを足し過ぎていませんか?

 

 

 

 

 

ギターでローを上げていくと音域がベースの音域にかぶってきてしまうので音がぶつかり、何をバンドで演奏しているのか分かりづらくなる事が多く見受けられます。

 

 

 

 

そこでポイントは、AMPのローは最低限!!

 

 

 

 

バンドなどで演奏していると音量を出ているので、自然とローの成分は音として出てきます。

 

 

 

 

またメタルやラウドロック系の低音のリフは以外とローを削っていたり、エフェクターでローをすっきりさせていることも多くあります。

 

 

 

 

個人的な目安は、Marshalの場合11時にまず設定をして、みて全体のバランスをとり、ギターを弾いてみた時にしっかり好みの音になっているかを確認し、どうしてもたしたい時に12時か少しギターの音量を上げるかでコントロールしています。

 

 

 

 

また、バンド内でコミニュケーションをとる為にも他の楽器の人にギターのローうるさくない?なんて聞いてみるのも良いと思います。

 

 

 

ギターのかっこいい音色を作る為にも他の楽器を意識した音色作りがポイントになります!

 

 

TAKA

 

 

 

 

 

 


 

世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓

世田谷区三軒茶屋ギター教室

譜面製作、音源制作のご依頼をお考えの方は、
ぜひ!
MGS Productionへ!!

 

 

 

MGS Production