どうもTAKAです!

 

 

 

今回のテーマは、

「ラック式エフェクター」です!

 

 

 

 

エフェクターやプリアンプは大きく分けてコンパクトかラックかで分けられます。

 

 

 

数年前まではコンパクトが支流の時代にはなってきた分、足元で揃える傾向がありラックの需要が減ってきた時もありましたが、ここ最近モデリングアンプの普及により、ラックひとつで揃える傾向にもなってきました。

 

 

 

 

ラック式は、コンパクトエフェクターに比べて大きさがあるので持ち歩きは大変ですが、その分音質がよく、ラック式を使うギタリストも少なくありません。

 

 

 

 

エフェクターボードではなく、DVDプレイヤーぐらいのサイズのラックと言われるケースに重ねていく為、1度システムを作ってしまえばセッティングも簡単で便利です!

 

 

 

 

 

最近では僕もラックタイプに切り替えたので、足ものをスッキリできて快適なステージングをすることができます。

 

 

 

 

 

 

またラックタイプでは、エフェクターによってラックをジョイントする耳の部分が有る無いがあるので、エフェクターを買った際には調べておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

今使っているDVmrakのマルチアンプでは、フラクタルやケンパーのようにエフェクターを内蔵しているので、DVmrakひとつあればどの会場でも自分の好みのおとを再現してプレイすることができるのでとても便利です!

 

 

 

 

 

コンパクトエフェクターの方が個別でアナログに音色を作れますが、ひとつでなんでもできるデジタルなラックもオススメです!

 

 

 

 

 

 

TAKA

 

 

 

 

譜面製作、音源制作のご依頼をお考えの方は、
ぜひ!
MGS Productionへ!!

 

 

 

MGS Production

 

 


 

世田谷区三軒茶屋
Miyakoda guitar school

只今キャンペーン開催中!!
詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓

世田谷区三軒茶屋ギター教室