1900年代のティファニーランプに魅了!満員御礼バスツアー | ステンドグラス工房グラスクラフトのブログ

1900年代のティファニーランプに魅了!満員御礼バスツアー


先日、2月12日にカルチャーバスツアーを行いました。
バスツアーは満員御礼✨参加いただいた皆様ありがとうございました😊

今回は美術館を二箇所見てまわりました。

ニューヨークランプミュージアム (伊豆海洋公園)、
ステンドグラス美術館(伊豆高原)

落札価格3億超えのランプや電気を点けたり、消したりとランプの顔の違いを楽しみました❣️(これはかなり貴重な体験、通常はやってません)


ニューヨークランプミュージアム庭園にて



ニューヨークランプミュージアム展示室内


落札価格3億5千万円


ライトON  OFF‼️貴重な体験


ステンドグラス美術館はヨーロッパから輸入された絵付けが中心です。(2月のみ写真撮影可)


扉が開くとティファニーランプに魅了。ティファニースタジオで制作された1900年代のランプの数々を見学、今回ツアー参加者だけにしか体験できない特別企画、ライトオフのランプをご覧頂きました。

ルイス  カンフォート ティファニーが発明したファブリルガラスは内面から玉虫色に輝く まさにオパールの輝きです。

展示室内は写真可です。
これは日本では とても珍しい事です。ランプ制作を目指す人にとっては貴重な資料収集が出来る空間です。
ベースと一体化した灯りの芸術を心ゆくまで堪能して頂けた事でしょう。

引率担当講師 松田則子