立冬を過ぎて、いよいよ長い冬の到来です。

寒~い雪の結晶長野では、暖房機器が何かしら必要です。

皆さんのお家ではどんな物をお使いでしょうか?

おなじみの灯油ファンヒーター、エアコン暖房、電気ストーブ‥等。

「こたつ」も冬の風物詩ですね。


*****************************************

ところで、余談ですが、こらからお家を建てる方は、

最近ではどこの住宅会社でもうたう『高断熱・高気密住宅』 の広告をご覧になって

「今の時代、どの家も断熱材がちゃんと入っていて、暖かいはず!」

と、広告のイメージを持ってモデルハウス見学などに行かれると思います。

そして、期待通り、住宅展示場やモデルハウスの中は 「暖かい」のです。

暖房しているのだから、それは当たり前ですね。


・・・では、何が言いたいのかと申しますと、

「光熱費をかけて、暖房機器をフル稼働すれば、それなりに暖かい環境は作れる」

ということです。

(お客様が来場する前に、展示場を暖めてある)

 

ただ、ご自分の家で、となると、話は別です。

実際多くの方は、新築して冬を迎えて、我が家が昔と変わらない、寒い建物だった

と気づくしかありません。びっくり

 

そして、あの時感じた「暖かい家」を実現するのには、

24時間暖房をつけっぱなしにしておかなければならないので

▼ とにかく光熱費が高くなる ▼

 

というわけで、もったいないので、家族で過ごす一部屋だけを暖めます。

すると・・・

 

▼ 玄関、廊下や浴室、トイレは 寒いままだった▼

▼ なんだか隙間風があちこちから入ってくる・・・▼

 

ということになって、 

 

気に入って設計したはずの

▼「リビング吹抜け」があるばかりに部屋が暖まらない▼

▼「リビング階段」 から冷気が降りてくる▼

 

という、とても残念な間取りとなってしまいます。ガーン

 

******************************************

ところで、本題に入りますと、

ミツヤジーホームでは、当社の高気密高断熱住宅に合う暖房方法を長年研究してきました。

結論は、温水パネルヒータによる全館暖房 です。

設計の段階で、各部屋、浴室、脱衣室、トイレ、玄関、に、ちょうど良い大きさの

パネルヒーターを始めから標準装備いたします。


OK温水パネルヒーターの良いところ

快適な暖かさ・・・輻射熱により、家(躯体・壁・天井・床など)全体をほんわか暖めます。

            エアコン暖房は、空気を暖めるので、機器の停止とともに

            家もすぐ冷えますが、

            輻射熱による暖房は、数時間暖かい環境を保ちます

             床暖房じゃなくても、床も暖かいので、足元が冷えません。


安全     ・・・ お子様が触ってもやけどをしない。40℃前後の温水を回すため、

             ファンヒーターの噴出口のように、危険ではない。


省エネ    ・・・パネルヒーターには、サーモスタット(温度感知)がついていて、

             設定の室温になると自動で停止し、冷えてくると自動で可動します。


これ以外にも特徴がありますが、主には上記です。

室温が18℃から25℃まで好みに設定できる快適な暖房

 

ただ、忘れてはいけないのが、「ちゃんと作った、高気密高断熱住宅」 に合う

暖房機器だということです。

長野県の一般的なレベルの断熱性能住宅では、部屋を暖めるために

60℃以上の高温の温水を使うことになり、逆に光熱費が高くなったりしますバツレッド

 

 

☆☆☆---☆☆☆---☆☆☆

ミツヤジーホームの家は、

お客様にも、暖かい家をイメージして頂けるように

『寒冷地専用住宅』 と 表現しています。

 

『寒冷地専用住宅』では、

冬の寒さとは無縁の生活が一生続きます ので、

ぜひ、寒い季節に一度、弊社モデルハウスでご体験下さい。

心よりお待ち申し上げております!

☆☆☆---☆☆☆---☆☆☆