こんにちは!

えむ心理研究室 家庭教師カウンセラーです。

 

 

 

中高一貫校の英語教科書のツートップといえば、

 

プログレス

NEW TREASURE。

 

 

えむ心理研究室の家庭教師カウンセラーがお手伝いする生徒さんには後者のNEW TREASUREをお使いの学校に通う方が多いです。

 

 

 

テスト対策に特化した NEW TREASURE 専門授業、開催してます!

 

テスト前に「英語全然わかんない!赤点とっちゃう!再試になっちゃう!助けて!」と嘆かれる生徒さんも多いと思います・・・お気持ちお察しします。

 

えむ心理研究室では「NEW TREASURE専門の定期テスト対策授業」を開催しています!

 

 

NEW TREASURE専門の定期テスト対策授業

詳細は>>コチラ

 

 

以下、本記事では、

英語の授業でNEW TREASUREをお使いの方へ、参考にしていただけるよう、NEW TREASUREの特徴についてお話させていただきます。

 

家庭教師カウンセラーが生徒さんと一緒にNEW TREASURE対策の勉強をしていくる中で気づいた体験談が多めです。

 

 

 

 

英語教科書「NEW TREASURE」の特徴

NEW TREASURE は難しめだけど授業理解はそんなに大変じゃない・・・ハズ

少々クセのある、語数の多い英文が特徴のNEW TREASURE。

 

英文法の基礎(と、ある程度の発展範囲)を習得されている方や

英語が嫌いでない方、

授業を積極的な態度で受けている方なら

さほど苦なく、NEW TREASUREの教科書内容が理解でき、授業にもついていけると思います。

 

 

英文の和訳がわからない?!

ただ、

どうも生徒さんたちのお話を聞いていますと、

教科書英文の和訳(模範訳)が統一されていなかったりプリントとして配布されなかったりする学校も少なくないようです。

 

特に高学年(中学3年生・高校生)になると、プリントとして配布されなくなるケースが多いと感じています。

 

ノートを取るのが苦手な方や、

先生の話を聞き逃しがちな方ですと、

定期テストの勉強をしたくても和訳が微妙・・・という悩みが多くなるかもしれません。

 

 

単語数・熟語数が多い!

文科省指定の教科書以外の教科書(なんだかくどくなりましたが)、

プログレスやNEW TREASUREといった教科書では、

単語数・熟語数が多いです。

 

定期テスト対策では、新出単語・新出熟語の練習をしっかりしておくべきなのですが、

量も多く、単語レベル・熟語レベルも比較的高いため覚えきれないこともあります。

 

新出単語・新出熟語の量が多いということは、

必然的に、

練習しても出題されない単語・熟語も多いということになってしまい・・・

 

「この単語は絶対テストに出すよ!」といったアナウンスをしてくれる先生だと助かるのですけれどもね・・・

 

また、単語・熟語だけを練習したのでは不足してしまうケースも多いです。

 

どの学校でも教科書の英文がそのまま出題されることがほとんどなため、教科書の英文の中のどこでその単語や熟語が使われていたかを理解しておく必要があります。

 

 

別の単語集を使った単語テスト(小テスト)もある!

しかも、

中高一貫校では、定期テスト以外に週1程度の英単語テスト(小テスト)を実施しているところが多いです。

 

小テストの結果を定期テストに加味してくれる救済措置でもあるので重宝ではあるのですが、

大学受験の準備にぴったり・・・とは言い切れない微妙な単語集を使っている学校もあります。

 

小テストを拝見すると「このテストは何を目的に実施しているんだろうか」と疑問に感じることもあります。

「単語を覚えるため」ならば生徒さんの英語の学力によっては語彙力がつくとは思えない難易度だったり、

「自習の習慣をつけて単語力を養うため」ならば単語が難しすぎたり例文がシンプルでなかったり。

「受験の穴埋め問題に対処するため」ならばそのチョイスは微妙・・・という出題だったり。

 

 

正直、

「そのタイプの英単語テストで使うのだったらそれじゃなくって他の問題集を・・・」

「もしくはNEW TREASUREから出題してくれればいいのに・・・」

と思ってしまうこともあります。

 

 

よく使われているのは『データベース』と『ターゲット』だなぁという印象です。

 

 

 

 

 

 

単品としては良い単語集ばかりだ、ということは明記させていただきます。

使い方と志望校によっては単語はこれ1冊だけで大学受験対策も可能なのです。

 

しかし、すべての学校のすべての単語テストに活かされているか・・・? というと、即座にYESとは言えません。

 

 

文科省指定の教科書レベルの単語や英文法はクリアしている・・・とは言い難い方の場合、

毎週、大学受験対策の単語テスト・・・って、無理無理!って感じですよね(^_^;)

 

おすすめの単語集は後ほどピックアップします。

 

 

 

1レッスンで学ぶ文法が広く深い

NEW TREASUREの文法の学び方について、

Lesson1、Lesson2……というふうにLessonごとに学ぶ文法を区切ってあるのは文科省指定教科書と同じです。

 

また、

特定の文法問題集もあるのでそちらを授業内で学んだり宿題で予習を課されたりすることが多いようです。

 

 

問題は、文科省指定の教科書よりも、1レッスンで学ぶ文法の範囲が広くレベルが深いということ。

 

文法の基礎を習得できていないと、何がなんだがちんぷんかんぷん……という生徒さんもいらっしゃると思います。

 

 

教科書が厚い=授業進度がはやい

NEW TREASUREの教科書……見てみると、でかくて厚いですよね。物理的に。

大きくて厚い教科書を1年で終わらすということは当然授業進度もはやくなります。

 

レベルが高めの文法とガッツリ単語&熟語、ボリューミーな英文……

 

ちょっとついていけなくなると、一気に英語の成績が落ちてしまう危険があります。

 

 

いったんついていけなくなると取り戻すのが大変?!

授業進度がはやいので、一度授業についていけなくなってもじっくり復習・・・といった時間が取れずに、

どんどんわからないまま授業だけが進んでいく・・・という悩みを抱いている生徒さんもたくさんいらっしゃいます。

 

家庭教師カウンセラーがお手伝いさせていただく場合、とりあえず、わからないままのところはわからないまま置いておいて、今の授業についていくことの優先順位を上げるケースが多いです。

 

で、夏休みや冬休みにしっかりと取り戻すようにする・・・といった感じです。

 

まずは、目先の定期テストで少しでも点数を取れるようにします。

(生徒さんの目標によっては別の方法を取ることもあります)

 

 

定期テストが難しい?!

いくつかの学校の定期テストを拝見しますと、

「うっわ、こりゃ大変だ……」

という気持ちになることが少なくありません。

 

英文の内容をしっかり理解していないと正解できない問題が多く出題されています。

 

また、内容正誤問題や指示語の内容・英文全体から読み取れることを聞く問題がたくさんある学校も多いです。

 

大学受験に焦点を合わせているのでしょう。

定期テストが大学受験の練習になるように・・・という感じですね。

 

 

学校にもよりますが、

「単語だけ練習する」とか

「新出文法の使われている文章だけ丸暗記していく」

といった小手先の手段では高得点をマークするのは困難なことが多いです。

 

高得点どころか、平均点に届かない・再試(追試)になっちゃう・・・といったこともあると思います。

 

 

NEW TREASURE専門授業、承っています!

NEW TREASURE に四苦八苦されている中高一貫校の生徒さんのために、NEW TREASURE専門授業(定期テスト対策に特化)を承っています。

 

 

家庭教師カウンセラーの NEW TREASURE 専門授業(定期テスト対策)の特徴

NEW TREASURE専門授業の特徴としては、

 

  • 単語熟語の意味・品詞・指示語・内容把握に最適なノートを一緒に作る
  • 過去の定期テストを分析し、確実に得点できるテスト対策勉強をする
  • 不足している文法を短時間で補い、テストに間に合わせる

 

などがあります。

 

といってもいずれも、どの教科書をお使いの生徒さんにもしている授業内容なのですが、

英文・和訳(対訳)ノートを一緒に丁寧に作る点を特筆しておきたいと思います。

 

ただノートを書くだけでなく、

英文と和訳、文法や単語がしっかりと身につくよう、

生徒様ごとに都度必要なアクション(効率よく単語をおぼえる・しっかり文法を確認する・当方自作の選択問題や穴埋め問題に取り組む)などをさせていただいています。

 

 

手書きでお恥ずかしいですが&直訳調なので和訳が微妙かと思いますが、

ノートのサンプルはこちらです↓

 

このようなノートを一緒に作ります。

 

わかりやすく。わかるまで。楽しく。楽しんで。

 

 

 

 

以上、NEW TREASURE専門授業のお知らせでした。

 

 

 

最後に、NEW TREASUREをお使いの中学生さん・高校生さんにオススメの英語参考書・教科書をご紹介します。

 

 

 

NEW TREASURE をお使いの中学生さん・高校生さんにオススメの英語参考書・問題集

おすすめの英語の参考書と問題集を、家庭教師カウンセラーがお手伝いするときに使う方法とともに(一部は長くなるので省略しますが・・・)記載します。

 

 

【おすすめ】中学生用参考書:中学総合的研究 英語

文法を学ぶための例文が良いです。シンプルでわかりやすい。

問題集を何冊も買って数ページで挫折してしまうくらいなら、

この参考書の英文と和訳を、文法を理解したうえで何度も書く(重要箇所を穴埋めにして問題を解く)ことをおすすめします。

 

 

 

 

【おすすめ】高校生用参考書:総合英語Forest(総合英語Evergreen)

高校生さんにはやはり例文がわかりやすくシンプルで学びやすい、Forest(もしくはEvergreen)がおすすめです。

こちらも例文を読み、書き、穴埋めをし・・・

というだけで相当文法力が上がると思います。

 

Forest。残念ながら絶版になってしまったようです。名著です。

 

 

Forestとほぼ同じ内容のEvergreen。

執筆の先生方がみなさん同じで内容もほぼ同じ。Forestの正当な後継と見て良いと思います。

 

 

 

【おすすめ】何年生からでも使える感覚的な英単語集:絵で見る英語

これ、めっちゃおすすめです。

感覚的に英語をとらえることができます。

最初はサポートがないと難しいかもしれませんけれど、慣れてくるとどんどん英語がわかって楽しくなります!

 

 

 

 

【おすすめ】個人的に例文が最強な英単語集:単語王

単語集(英単語用問題集)には例文がついていますけれども、

個人的には、『単語王』が一番シンプルで覚えやすい例文を記載してくれていると思います。

単語をおぼえるには例文が命。です。

 

 

 

 

【おすすめ】大学受験に最適な英単語集:速読英単語

長文対策と英単語対策が同時にできる『速読英単語』。

大学受験には一番効率が良い単語集だと思います。

使い方さえ間違わなければ(使い方についてはいずれ別の記事で・・・)、

 

長文への抵抗感やコンプレックスも軽減します。

 

付属校へエスカレーターで進学しようか別の大学を受験しようか迷っている方にもおすすめ。

はやいうちにどうぞ。

 

 

 

 

【おすすめ】英文法は国語から!:くわしい国文法

英文法が苦手な人は、はっきり言いますと、ほぼ確実に国語の文法がわかっていません。

英文法と並行して国文法を学ぶことを強くおすすめします。

 

『くわしい国文法』は、分厚いですがやはり例文が豊富。

良い参考書です。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像:Наталия КогутによるPixabayからの画像

 

……………………………………………………………………………*☆*……
えむ心理研究室 家庭教師カウンセラー
臨床心理士×プロ家庭教師

HP:http://ameblo.jp/m-freeproject
メール:gt37fsi★yahoo.co.jp(★→@)

お申込み・お問合せ:えむ心理研究室 メールフォーム

相談方法:ご自宅訪問 カフェ オンライン(スカイプ)等
出張地域:東京 埼玉 練馬 板橋 池袋 中野 新宿etc.
……………………………………………………………………………*☆*……

2019/11/04 更新