音練習について

テーマ:

こんにちは~!

今日はアンサンブルで質問の多かった音練習について書きます音譜

 

皆さんは音練習にどんなことをしていますか?

私は個人的に「音の質」をとても大切にしていますビックリマーク

どんなに音楽性があっても指が回っても音の質が悪ければ、聴き映えしませんよね?あせる

 

色々な方の話を聞いていると、あまり音練習をしていない方が多いんです~えーん

あと以外にアンブシュアが決まってない人が多いんです目

 

特にある程度曲が吹けるようになってからは「曲の練習はするけど音練習はしていない」方が多くいますが音練習も曲練習の一つなのでぜひやってくださいあせる

 

自分の音の質を高めたい方、試してみてください。

 

1.まず自分の一番吹きやすい音をよく聞きながら、自分の一番奇麗な音で吹いてください。(ロングトーン)

 

2.一番きれいだと思う音が出たら、唇をプレートから離さず、頭だけをめいっぱい、ゆっくり上下に動かして下さい(体は動かさないで首から上だけを動かす!!)。上下とも音が出なくなるところでストップ。まっすぐから始めてゆっくり上、それから下、何回か往復するビックリマーク

頭を動かしている間良く音を聞いて一番きれいだと思う場所でストップ、息を吸い直してそのままロングトーンを吹く。

 

3.次に唇をプレートから離さず、フルートをめいっぱい内側に回す。音が出なくなったらストップ。そのままフルートをめいっぱい外側に回して音が出なくなるところでストップ。(首は少し動いてしまうと思いますが、なるべくフルートだけを回す!!(この時も注意深く音の変化を聞いてね音譜)一番いいと思う場所でストップ。

 

4.次にロングトーンを吹きながら右の腕を上げたり下げたりしながら、一番音が「響く」場所でストップ。(身体も一緒に動くけど、肩は上げないでね)

 

5.4の後に今度は右腕でフルートを前に押し出したり引いてみたりしてみてください。!!

 

1つ目は頭だけ。2つ目はフルートだけ。3つ目は右腕の上下だけ。最後は右腕の前後だけ。

常にロングトーンで吹いてね、苦しくなったら息を早く吸って、なるべく同じ音質から続けて!?

常に注意深く自分の音を聞きながら吹いてください音譜

 

この練習をすることで、フルートに対して自分の体と唇のベストポジションを探すことが出来ます。音が出なくなるところが限界ライン、中心のポジションを探すには、まず限界まで動かして下さい。(天秤で測りながら真ん中を探す感じ)

 

他にもいろいろな方法があるんですが書き始めたらきりがないのでとりあず1つにします。

 

先生に「もう少し身体を上に向けて」、「唇を引いて」とか言われて、言われたままに変えただけでは、自分一人の練習の時に忘れてしまいますあせる

 

どうやったら一番きれいな音が出るのか、何も考えずにいい音が出た時は、いつもと何が違うのか注意深く観察&考えてみてくださいルンルン

 

練習の初めに今の自分の一番きれいな音を出す習慣を付けましょうドキドキ

 

身体の使い方と音の関係については、また書きます~