横浜市港北区 日吉 綱島 高田 村上はりきゅう治療室のブログ

日々考えていること、感じたことを書いてみたいと思います
                                     


テーマ:
村上です。


起立性調節障害など
体調不良で学校を休みがちな場合

小学校や中学校は義務教育なので
単位が足りなくなる等の
心配をする必要はありません。


しかし、
高校となると単位のことを
気にかけずにはいられません。


起きれないのを無理矢理起こして
何とか行かせる。

留年とか退学は考えたくないので
本人も何とか行こうとします。


ただ、
それでも行けてる間はいいですが、
無理をすると必ず後で反動がきます。

その辺を考えて
学校の先生とも話をして
上手く乗り切れるように
手立てを考えたいところです。


今までの好不調のパターンを考慮して
どこで無理をするか、しないか。
(基本的には無理をしない方が良いのですが)


何とか行けるようであれば
学校、担任、クラスメイトの理解が
一番重要だと思います。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
村上です。


調子が良くなると
ついつい活動量が増えてきます。


そして、
ついついその時の
体力の許容量を超えてしまい
体調不良を起こすことがあります。


しかし
はっきりと症状として現れる前に

なんか…スッキリしないとか、
なんか…身体が重いとか。

なんか…?おかしい…?
みたいな感覚があるはずなんです。


小学生ぐらいだと中々難しいですが、
中学生、高校生くらいになると
その辺を意識できると思います。


そこで休める時は休む。


良くなっていく過程で
良い状態とそうでない状態を
繰り返します。


その中で、

出来るだけ良くない状態を減らすには
わずかな体調の変化を見過ごさないことです。


例えば、
一週間前から調子良くないというときは

大体その前から何かしら
気のせい?と思うくらいの
小さなサインが出てると思います。


その時に休むなり、
スケジュールを緩くするとか
対処できれば…と思います。


ただ… これは意外と難しい。


でも、
少しでも意識しておくと
違うかなと思います。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
村上です。


起立性調節障害のお子さん。

だいぶ調子が良くなってきました。


ずっと家で横になっていたのが
外に出られるくらいにまでなりました。


そばで見ているものとしては
少しずつ良くなっているのを実感し
更に良くなればと期待します。


しかし
また家にこもっているのを見てると
また元に戻ってしまうのでは。

そんな不安も出てきます。

もしくは、横になってばかりいるから
起き上がれなくなっているんじゃないか。

そんなふうにも思えてきます。


ここで立ち止まって考えてみると。


家にいて横になっているのは
身体を起こして動くための準備が
まだ整っていない為と解釈して下さい。


一言くらい
声をかけてみるのはいいと思います。

そこでお子さんが
あまり乗り気でなかったら
それ以上は促さない方が良いと思います。


あまり先を急がないことです。

言うほど簡単なことではないですが、
でも急がないことです。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。