1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:お絵書き
2007年08月05日

恥ずかしい画像♪

bbb


古いデータを整理してたらこんなん出てきちゃった…

Bobby "Blue" Bland
2年以上前かしら?これ描いたのって…。
「とちう絵」なのか「ギブアップ」なのか覚えてないけど、こりゃシドイなぁ…(汗)
「58」なんか、たこ焼きにチーズがとろけたみたいになってるもんね…あはは。

ボビー・ブランドは私の大好きなシンガーのひとりなんだけど、実は最近、レパートリーに彼の「Members Only」を加えたのよ。

パソコン これね!

どお?ミディアムのマラコ・サウンドで気持ち良いでしょ♪
ボビー・ブランドと言えば「ガァ~~ッ!っペッ!!」みたいないわゆる「啖吐き唱法」(爆)が有名ですが、この「Members Only」の彼は力が抜けてゆったりと唄っています。
シンプルな構成で1コーラスも短いけど、これが唄ってもメチャメチャ気持ち良いんだなぁ…。(笑)
ついつい何周も繰り返して唄いたくなっちゃうタイプの曲なの。

歌詞も小さなバーでやるにはピッタリで

      メンバーズ・オンリーやねん
      プライベート・パーチーや
      失恋したんなら金の心配なんかいらへんて!
      傷ついた心だけ持ってきたらええ
      悲しいのんや淋しいのんは
      みんなパーチーで流してもうたらええんや
     
      そやかて今夜はメンバーズ・オンリーやねんから…

みたいな。
別に大阪弁じゃなくても良いんですけろね(笑)。

あと、YouTubeで見つけた若きボビー・ブランドとBB.キングの掛け合いがサイコーにイカした動画。
ボビー・ブランドの歌の上手さを見せ付けられたような感じする。BBキングが小さく見えるもんなぁ…。
あはは。勿論、「啖吐き唱法」炸裂だお~♪
こんなの「生」で見てみたいもんだわ。って、もう無理か。

パソコン  BBB&BBブルース・メドレー

bobby

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2007年01月05日

James Brown その2♪

jb5


先日"The King of Soulジェームス・ブラウン御大が73歳で亡くなられました。

つい先日も来日を果たしたばかりのJB御大が肺炎で入院後、なんと、たった3日で驚く程あっけなく逝ってしまわれた。
70歳にしてまだご自分の子供を作る程強靭な体力とパワーの持ち主であり、私なんぞほとんど「不死身の男」だと信じて疑わなかったのに残念だ。

前回のマウス絵の御大は比較的晩年の画像だと思われますが、今回彼の悲報を受けてから描き始めたこの絵の元画像はかな~りお若い頃のものです。
ほら!リーゼント頭が素敵!!(笑)
私としてはお絵書き自体があまりにも久し振り過ぎて、すっかり描き方を忘れてしまっていましたが、それでもようやくネットも繋がり描ける状態になったのが嬉しくて、楽しく描くことが出来たのでした。

思えば私の初JB体験は2003年の映画「ゲロッパ!」公開時に来日した時でした。
過去何度となく来日していたにもかかわらず、一度も「生JB」を体験していなかった私は彼の年齢等を考えて『これが最後のチャンスかも…』と武道館に出掛けて行ったものです。
ところが実際の彼のステージはそんな心配を吹き飛ばすようなエネルギッシュでパワフルなものでした。
声が伸びないとかダンスの切れがイマイチとか、そんなことはどーでも良い、かんけーナイの。
それより目の前でJB御大の「I Feel Good !」を「Sex Machine 」を「Man's Man's Man's Worid 」を見ているだけで充分でした。
そしてその時私は確信しました。
こんなに元気なんじゃあ、絶対100まで生きるわ、このシト…ってね。(笑)
それだけにまだ早過ぎないか?…って思うのです。

合掌
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年09月22日

未完成…

skip


多くの皆さまにご参加いただいたプレゼント企画ですが、このところの体調不良により、なかなか完成をみないこのスキップ君

8割方は描いてあるんだけど、仕上げがね…(汗)

このまま暫く「見ないっこ」しようと思うだよ…。(またかよ…あひ。)
おぎてっちゃん、がちゃこはん、いのちんのお3方にはお待たせしてしまいますが、どうぞお許しを…。
ごめんよ、ごめんよ~。あひひ。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年08月28日

プレゼント企画「これは誰でっしゃろ?」でスランプ復活なるか…

totiu


スランプぎみで、しかも暑いのもあってこのところマウス絵を描く気力がイマイチな私…。

これじゃいかん!と自身に叱咤激励する意味も込めてここに「プレゼント企画」を開催します。
このとちう絵が誰なのか、ズバリ当てて下さい。
見事当選された方にこのマウス絵と私のブログ本「お絵書き編」をセットにして差し上げます。
正解者多数の場合には以前やったがちゃこさんのとこみたいにアミダくじでもやろうか…。(笑)

皆さん奮ってご参加下さいませ。
ただし、無事に完成するのかどうか、自分でも心配ですが…、あひひ。
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年08月14日

熟成保存中…とほほ

jlj


シカゴのブルース・マン、ジョン・リトル・ジョンです。
先日購入した噂の「エルモア本」を読んでいたら彼を描いてみたくなりました。
でもいざ描き始めてもちっとも進まないの…。スランプか…?(笑)

「エルモア本」の作者はジョン・リトルジョンをエルモア・スタイルのスライド・ギタリストではナンバー・ワンのブルース・マンと紹介しています。
じつはもう20年以上前にシカゴの「キングストン・マインズ」というブルーズ・バーの前で夫が彼を発見し、すかさず声をかけて一緒に写真を撮ってもらいましたが、はにかんだような笑顔が印象的でした。

little_j
証拠写真(笑)
つうか、「これが私?」とか「小さくて判んない」とかって
突っ込まないように!20年以上前だからね…。


彼はその数年前の81年、「ザ・ブルース・ショウ」でハープのキャリー・ベルと一緒に来日していたのです。残念ながら私と夫はピット・インには行きませんでしたので生の彼の演奏を見ることは出来ませんでしたが、わたし的には彼の力強いボーカルを生で聴いてみたかったです。

例の「エルモア本」の第7章「ブルーム調」とエルモア・チルドレンにはエルモア・スタイルの後継者としてジョン・カーター、ハウンド・ドッグ・テイラー、J・B・ハットー、ホームシック・ジェームス等と共にジョン・リトルジョンも紹介されています。

「ジョン・リトルジョンはエルモアのナンバーを生き生きと解釈して私達に届けてくれたが、彼はそれだけにとどまる男ではない。彼自身、独自のスタイルをしっかりと確立したすばらしいアーティスト~ヴォーカリストであり、その名はいつまでも語り継がれてゆくことだろう…」


1994年2月1日、62歳でその生涯を閉じたリトルジョン。彼も早死にだよなぁ…。
リトルジョンには悪いけれど暫くこのマウス絵は熟成させることにしマウス。スマン。
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年07月27日

John Lee Hooker 3 ♪

johne_lee3

John Lee Hooker 3


このジョン・リー・フッカーのマウス絵は2ヶ月間のお休み前に描き上げてあったものです。
この爺さんを描くのはこれで3度目。もしかしたらマウス絵最多のブルース・マンかも知れないわ。

今回もどうです?
振り向いてこちらを見据えたような表情がなかなかキマッててカッチョイイでしょ?

ジョン・リー・フッカー その1.はこちら。
ジョン・リー・フッカー その2.はこちら。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年07月23日

Little Walterで復活っ!…かも?…多分(汗)

l_walter3

Little Walter


こんにちはw。…って、なんか変??

2ヶ月もまったくお休みしてるとどうも調子が狂ってまって、まさに浦島太郎状態のわたくしです。
お休み中には皆様からご心配やら温かい励ましのお言葉をいただき、本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
今後も今まで通り、マイペースでぼちぼちと続けていきますのでよろしくねん♪

んで、リトル・ウォルターね。(笑)
私はリトル・ウォルターが好きです。
どこが好きかって言うと…か…顔が…って、ダメじゃん。がはは~♪

彼を描いたのは2度目ですが、今回、お絵書きの方も2ヶ月振りですっかり感が鈍っていて、とうとう最後までツールの使い勝手が戻らないまま終わってしまいました(汗)。
ま、お絵書きの方もぼちぼちと…ね。

さて、夕べのこと。
週1で続けていたGIGに軽くリハビリがてら参加してきました。
そこでナ、ナ、ナント、私はあろうことかハープ・デビューしてしまいまひた…あひひ。
曲は「Down Home Blues」。キーはAです。
ギター・ソロの時、後ろを振り返るとドラムの夫が何やら目で合図をしています。
夫の目の指す方を見るとスピーカーの上にちょこんとハープがひとつ。マリン・バンドのDでした。
私はそれを手に取って「ほれっ!」と夫に差し出しましたが、考えてみるとヤツはドラムを叩いているし「えっ!?私かよ…」みたいな(笑)。
『え~いっ!も~どうにでもなれっ!』状態で吹きましたよ、2回し。がはは。「お前は客をナメてんのか…」みたいなね♪
それでも何やら久々にスカッと気分の良いGIG復帰となりましたとさ。

めでたしめでたし。
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年05月11日

B.B.キング♪

bbking

B.B.King


おそらくは現在、世界中で一番有名なブルース・マン。
ブルースにおいてアルバート・キング、フレディ・キングと共に「3大キング」と称される最後の生き残り。
考えてみたらこの人をまだ一度も描いたことがなかったわ…、あたし。
そう。何故かこの人は私の中でのお気に入りブルース・マン・リストには入っていなかったりするのです。

とは言うものの1925年生まれ。↓のロックウッドより10歳若い81歳です。
どちらも現役。ブルース界の世界遺産、人間国宝級と言っても過言ではないんですものね。
いやぁ、大したもんです。
長生きしていただきたいもんです。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年05月05日

ロバート・ロックウッド.Jr♪

rockwood

Robert Lockwood,Jr


今年もGW中はどこに行く訳でもなく、いつ終わるとも果てない掃除体制を敷きつつ、合間にメールしたりお絵書きしたり…。

一応、この3連休には3連休だからこそ出来よう自分なりの自分に課した「ミッション」があった筈だが、はて、今一瞬それが何だったか思い出せないわ・・・

あ!
そうだっけ、そうだっけ…ハハ。
あぁ良かった、思い出して…ってちっとも良くないです。ヤバいです。
物忘れもヤバいけど、ミッションも全然果たしてないし…。

でもロックウッドは完成したから、ま、いっか…

ロバート・ロックウッド.Jr

私は確か以前は「ロバート・ジュニア・ロックウッド」って言ってた筈なんだけどなぁ…知らないうちに変えたんだねぇ…?

1915年3月27日生まれ。
うわ…もう90歳過ぎてるんだね!!
私は85年来日時に読売ホールで初めて彼の演奏を見て、そして彼のブルースに触れたのです。
と言っても当時の私にはそもそも何が「ブルース」かも判ってなかったですけどね。

そんな中、現在シカゴ・ブルース・シーンで活躍されているブルース・ピアノの「アリヨ」こと有吉須美人さんがツアー・メンバーとして参加されていたのは凄く印象に残っています。

ステージの真ん中で椅子に腰掛け、いかにも穏やかで生真面目そうな雰囲気のするどっしりとした大きな体型のロックウッドがアリヨさんをまるで息子のように紹介していました。
そしてもうひとり。
ロックウッドにコールされて登場したのは体型がロックウッドと殆ど変わらないように見えた(失礼!!)彼の奥さま「アニー」さん。
客席の声援にかんだように答えるアニーさんの様子が印象的で
「え?ラブラブじゃんよぅ…いしし」
なんて微笑ましく思ったものでした。

ロックウッドについてはk.m.joeさんバビさんもエントリーしていますので読んでみてみそ♪
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
テーマ:お絵書き
2006年04月21日

Little Walter♪

walter


Little Walter


これは1年も前に保存したままだった記事です。
アメブロの「ブログ本」サービス申し込みに当たり、テーマ「マウス絵」だけをピックアップした「マウス絵編」を製作しようと思うのであります。

んで、せっかくなのでこのウォルターさんもお仲間に入れてもらうべく、2006年4月21日の今日、改めてアップしました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。