ブルカニ行って来たよ♪ | Blues’n Blog
2007年07月27日

ブルカニ行って来たよ♪

テーマ:ちょっとしたこと。
jbsc


行ってきましたジャパン・ブルース&ソウル・カーニバル '07。っていうか、レポート遅過ぎ…(汗)。

っていうか、「ブルース&ソウル」なのに「ソウル」系の出演者はいないんだけどね…。
「看板に偽り有り」と言うか、「責任者を出せ!」と言うか、いったい何で名前を変えたんだろかにゃ…?
主催者側の意図ははっきりとは判りませんが、もしかしたら彼らは「ブルース」というジャンルと「ソウル」というジャンルに分けようとしたのではなく、「ブルース&ソウル」というひとつの大きなジャンルとして考えているのかもにゃ?ん?そうなのかぃ??
ま、それなら判らないこともないけどさ。うん。


さて、メイン・アクトのココ・テイラーはちょっとこっちに置いといて…。
今回アタシが一番楽しめた+笑えた=イカした(或いはイカレた)バンドは吾妻光良&スウィンギン・バッパーズだった。

とにかく吾妻氏が良い!サイコーにイカレてるわ、あのシト(笑)。
ギターも良い!
どちらかと言うとテキサス系の「切れと突っ込み」が気持ち良いのよ。
歌も良い!
しゃがれた声でジタバタ唄うんだけど、そのジタバタ加減がカッチョ良くて笑えるのでした。

もうひとつの日本代表チーム(?)のマダム・ギター長見順さんは…次の機会にでも…(笑)。

そして、キャリー・ベル・Jrのルリー・ベルともうひとりのギター、エディー・テイラー・Jrのセットは…
ん…っと、以外と地味だったなぁ…。
なんちゅうか、華がない…って言うか。(失礼!)
私の好み的にはなんか、こう、ガツンッ!とくるもんがないとダメだのよ。ダメだのよ。(笑)

さて、メインのココさんですが、御歳80歳になろうとする「クイーン・オブ・ブルース」は最高に頑張っておいででした。

登場後、ド頭のロングトーンには「クイーン・オブ・ブルース」としての意地とプライドを誇示するようなパワーが感じられたのは流石。
それだけでもう、リスペクトです。
ただ、演奏後半に向かって、段々そのパワーが衰えてくるのはこれはもう、仕方がないところでね。何しろ80歳なんだから…。
でも、曲の間のMCでも勿論歌中でもお得意の「唸り」を聞かせてくれていました。
「唸れる」うちは大丈夫(笑)。まだまだイケますって。がはは~♪
バックバンドも良く彼女を守り立てて、きっちりエンターテインしていたように思います。

最後はお決まりの出演者全員でのジャム。
あ、
この時のマダム・ギターさんのソロは良かったね、迷いがないって言うか…。


↓はYouTubeで見つけた今年の6月9日に演奏されたココの動画です。
マディーの曲で、当日もやってた曲です。メンバーも同じだし、行けなかった人はこれ見て我慢しよう。(笑)


パソコン YouTubeのココ動画

lyneさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス