常に自分をアップデートしよう!【「自分を成長させる最強の学び方」とgacco】 | 秘密の外階段

秘密の外階段

好奇心旺盛、ただそれだけです。

裏道にある素敵な外階段観察家です。
外階段に萌えっとする気持ちを分かち合えたら素敵。
使いかけの消しゴムもとても好きです。

…いーんです、誰にも理解されなくても(笑)


テーマ:

 

独身時代、友人とお酒を飲むとよく話していたこと。

 

「大学にまた行きたい」「何かを勉強したい」

学生時代はあんなに早く働きたい!と思っていたのに

働き出したら、また学生がやりたくなるんですよね。

そして「もっと勉強しておけば良かった」ってなるんです。

 

独身時代は特に。

働かないと生活していけなかったので、

時間も学費もない上に、大学の為に勤務時間を減らすことも

難しく、お酒を飲む度に夢として語るだけでした。

結婚すれば行けるかな…なんて淡い夢も描きましたがxxx(略

 

 

なので。

この本を拝読させて戴き、目の前にパァっと光が

差し込むようでした…!!

 

 

{20839D85-4152-48B2-8073-8C671805F9CF}

「自分を成長させる最強の学び方」

伊能 美和子 (著)

1,512円

 

 

 

 

【米国発! 最先端の学習法!】

アメリカで本格化「MOOC」(大規模公開オンライン講座)の

初の日本版のサービスの社長である伊能 美和子さんの著書。

わたしの中の「いつかきっと…!」を具体化してくれそうな

内容に、心わくわく躍らせながら読みました。

 

 

「学び」を語る前に。

 

AI (artificial intelligence、人口知能)の登場と

加速的な進化により、今ある職業の半分なくなる

言われているのはご存知ですか…?!!

 

正直、突然「半分はなくなる」と言われて驚いたり

不安になったりしたのは わたしだけではないはず。

 

時が移り変わることで、なくなってしまう職業は

いつの時代にもありますよね。

「なくなる」というより「再構築される」といった方が

しっくりくるかもしれません。

 

しかし「半分になる」と言われると…ガーン

不安だけが募ります。

 

 

じゃあ今後、どのように働いていくべきか?

どのように収入を得ていくべきか?

 

 

AI (人口知能)「アップデート」が可能です。

今使っているスマホも、状況や問題対策等により

「アップデート」をして解決を繰り返しながら適用していきます。

そう聞くと勝ち目が一切ないような気もしてきちゃいますが…><

 

これからのわたしたちも。

つまりはアップデートが必要になってきます。

 

これからの社会は、単に教養を身につけるということだけでなく、

生きていく上で必要な実学の部分も合わせて

アップデートしていく必要があり、それが出来る人こそが

AI (人口知能)と共存していける人であると

この本を読んで強く思いました。

 

 

お花はトルコキキョウです。小ぶりなお花の♪

{2BEAFA81-D21B-4E74-9E1B-C2E1815B30B0}

 

ただやみくもに「学べ!学べ!」と言っても日々仕事に

追われているとなかなか始められなかったり。

 

学びへの不安、学習での成功体験を持っていない人ほど

学びが必要であるにもかかわらず「どうせ自分にはできない」と

思ってしまいがちだそうです。

あ、実はわたしもそうです…滝汗

 

 

でも。

「自分を成長させる最強の学び方」では

このように紹介されていました。

 

自分を見失ってしまったとき、そこで呆然と立ち止まったり

やみくもに自分探しを始めたりするのではなく、

学び続けてみてください。

学びが深まることで、やがて自分の適性や能力を再発見し、

どのようにしてこの社会に当てはめていくのかということを

見つけ出し、きっと良い意味で折り合いをつけていくことが

できるようになるはずです。

 

 

よく母が、モノやお金は盗られてしまうことがあるけれど

知識は盗られることがないから。

財産になると言っていたのを思い出しました。

※生きてます。

 

 

「人生を通した学び」が人間には必要と言え、

激変する先行きの見えなくなりそうな時代にこそ、

自分の職分(するべきこと、役割)を見極め、

他者と交流しながらそれを果たすこと。

 

自分の適性を知り、自分がやりたいことを実現する

「自己実現」これこそが本当の意味で

「学力をつける」ということ。

 

 

「学歴」より「学習歴」を。

知ろうとする行動、つまり「学び」こそ、

これからの時代においてはますます重要になるでしょうと

この本の著者 伊能 美和子さんはこの本で伝えています。

 

日本では「25歳以上の大学への入学割合」が圧倒的に少ない!

なんと…!!1.9%だそうです。

 

 

 

もっと学びを多くの人に与える場をと始まったのが

gaccoです!!

 

 

{CE5E13F7-18FC-4B6C-B604-806EC77D993F}

 

 

無料で学べる大学講座、それがgaccoです。

 

上の講座以外にもgaccoにはたくさんの講座があります。

こちら、実際に登録してみたので、体験談は次の記事でニヤリ

 

 

 

 

 

 

gaccoで行うのは「反転授業」

 

これは。

これまで教室で行われてきた「座学」に相当する

基礎知識に関する説明を予習という形で宿題にし、

授業は演習や応用課題について講師や生徒同士で

ディスカッションをしながら行う学習形態のことです。

 

eラーニングのデメリットは、どうしても孤独になりがちで

継続しづらいことでした。

 

そこをぶち破ったのがgaccoです。

 

 

{BC883380-4E19-4F9D-BFD2-0060945740E0}

 

オンライングループワークとして「gaccatz」もあります。

 

gaccoでは学ぶ人同士が交流しながら

「自分の思考の殻を破る」

「他者の考えを知る機会」

「意見が違う人同士が意見交換をし合える機会」をつくり、

孤独を感じにくい状況をつくりだしますニヤリ

 

って大事ですよね。

 

つまりは継続しやすくなるということ。

 

 

そして。

先生の役割を従来の固定概念から変えます。

「教育」するのではなく、学習をサポートする役割へ。

 

 

 

 

このを読んで「自分を成長させる最強の学び方」

を読んで、仕事をする上で必要になる5つが胸に響きました。

 

まじかるクラウンスマートリテラシー

新しい仕組みを作るには、その仕組みを構成する要素やその仕組みが及ぼす影響についてまず自らが理解している必要がある。

必要とされるのは、技術の進歩とユーザーのニーズの変化を見越してそのビジョンを実現するようなイノベーションを起こすことができる人。

 

まじかるクラウン問題発見力

世界のさまざまなレポートのいずれもが、これからの時代を生き抜くための条件として指摘しているのが、問題発見をすることができる能力です。

これを持ち合わせている人。

 

まじかるクラウン課題解決力

気になってしまったこと、見つけてしまった問題をそのままにできず、何とかしたいと考える人は課題解決力が高い可能性があります。

その力を持ち合わせ、実践できる人。

 

まじかるクラウン共感力

世界中のいろいろな仲間の力を借りて協力し合いながらムーブメントをおこしていく共感力。

これを持ち合わせている人。

 

まじかるクラウン発信力

かつては暗黙のうちに共有されていた情報やビジョンを明示し共感を引き出すというアクションを行うことが不可欠となってきています。

そんな発信力がある人。

 

 

 

 

 

やがて訪れる日々の出来事をワクワクするような

体験に変えるのが「学び」なのだと私は信じています。

と著書の中で伊能美和子さん。

 

常に自分をアップデートしよう!!!

ちょっとわたし今、鼻息荒く前のめりです!!

 

 

 

詳細はコチラドキドキ ⇒「自分を成長させる最強の学び方」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クローバードコモgacco 様に商品をいただき、モニターに参加していますクローバー

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

読者登録してね

えんせさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス