*私服天使アークエンジェル | とある真秀場の複合媒体

とある真秀場の複合媒体

適度にブログ更新中~


テーマ:

【私服天使アークエンジェル】

「なぁ、マスター……ここはなんだ? いや、この衣装にも疑問は尽きないが……ほう? 遊園地……地上のエデンだと? このフリフリした衣装はその聖服だというのか! なるほど……汝の計らいに感謝する……!」

 

種族:神聖 属性:光
年齢:19
身長:168 体重:51
B/88 W/57 H/88
趣味:洋服選び

 

艶技:レジェンド・サンダー
効果:全タイプの攻撃極大up

 

艶技:週末のラブソング
効果:極致的攻撃&獲得制限があるボス討伐報酬の獲得確率が上昇!

 

待:
『遊ぶ……遊ぶと言っても、何をしたらよいのだ? サバゲーなら得意だが……』
『なんだと……地上にはこのようなエデンが無数にあるというのか!?』
『ちなみに、私の剣はどこだ? 荷物置き場に預けてきた……だと!?』
『そうか……汝に仕える姫の中では、私はだいぶ古株になったのだな……』
『私も……もう少しはしゃぐべきだろうか……なあ、マスターはどう思う?』

 

探:
『おかしいな……エデンはこんな様子だったろうか……はて……』
『……慣れない場所に緊張しているような……気がする……』
『汝の世界の衣装……少々動きにくいな。これは儀礼用というわけか?』
『翼を隠せば……私のような天使でも人の子に見えるのだな!』
『む……!! いや、すまない……手が触れたので、びっくりして……』

 

戦:
『ここが地上のエデンか……!』

 

服従up
『今日は御使いとしての仕事も休みだ。だいたいのことはミカエルたちに任せてある。心置きなく、地上のエデンを満喫するとしよう』

 

服従max
『随分と私の知っているエデンとは様子が違うのだが……しかし、歩く人々の顔は喜びに満ちている。私か? ……た、楽しんでいるつもりだが……?』

 

 

【私服天使アークエンジェル+】

「むう……さっきから婦女子の衣装がチラチラと目に入るのだが……どれも露出が激しすぎる気が……この衣装も丈が短すぎる。こ、こんなところでは地獄の蛇に付け入られて堕落してしまうぞ……!?」

 

趣味:遊園地の下見

 

艶技:パラダイス・ロスト
効果:全タイプの攻撃超絶up

 

待:
『いかに聖装とはいえ……なんだか恥ずかしくなってきたぞ……!?』
『地上のエデンとは……親密な者同士が来る場所なのか……?』
『観覧車……? 空を飛びたいなら、私が連れて行ってやるが……』
『あれに乗る? ……あの、落ちてくるやつか!? な……あれは……楽園どころか……地獄では……?』
『やはり間違いない……この地には地獄の蛇が忍び込んでいる……!』

 

探:
『蛇の恐ろしさは身に染みている……マスター、汝も気を付けるのだぞ?』
『逢引きではなくて、デートだと? ……そ、それはどう違うのだ……?』
『迷路というのは面白かったな……もう一度挑戦してみてもいいだろうか……?』
『アイスクリーム? 氷菓子? どれどれ……おお……こ、これは……美味だ!』
『駆けまわるわれべたち……ほんの少しだが、気持ちはわかるな……』

 

戦:
『おのれ、蛇め……どこにいる!』

 

服従up
『なに……この衣装は地上ではむしろ露出が少ないほう……だと? そ、そういうものなのか……どうも人の子の感覚というのは理解し難いな……』

 

服従max
『なあ、マスター。ふと気付いたのだが……これではまるで逢引きではないか……? まずい……まずいぞ……父なる神に申し開きできん……!』

 

 

【永遠の絆アークエンジェル】

「日も落ちたというのに、ここには光が溢れているな……この美しさには天界さえも霞む。このまま汝と一緒に、この景色を眺めていたいが……我が父なる神はお赦しになるだろうか……?」

趣味:マスターとデート

 

待:
『汝と出会ってから長いが……こういう休憩は初めてだな』
『……なるほど、この光の饗宴は……エデンにも勝る……』
『案ずるな。我が父なる神には、私からよく話しておく。だから……もう少しだけ……』
『もっとこう、少女のように喜々として駆けまわるべきだったか……?』
『なるほどな……大天使である前に、私もひとりの娘だということか……』

 

探:
『地上のエデン、か。まぎれもなく、ここは楽園だな!』
『今日くらいは、手を繋いでも罰は下るまい……?』
『マスターと一緒にいると、余計なことを考えてしまうな……』
『マスター、今日は楽しかったか? 私はとても……楽しかったよ』
『夕食はどうする? 今日は私が手料理をふるまってやろうか……?』

 

戦:
『大切な思い出ができた……』

 

服従up
『……幻想が私を優しく包む。儚い夢が朽ちぬようにと……む、聞いていたのか。さっき、そこの店で流れていた唄の詩だ。なぜだか、妙に気に入ってしまってな……』

 

服従max
『逢い引き……いや、デートだったか。いろいろと新鮮な体験ができた……感謝する。もう夜も更けたな……我が父なる神のもとに戻るのは、明日の朝ということにしようか』

 

Lv95 攻:77651 防:68477 姫力:45

 

 

麻祁さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ