胆振東部地震地域「慰問演奏会」追分公民館にて... | 心象音楽家 福本ゆめ official blog

心象音楽家 福本ゆめ official blog

音霊 言霊つむぎ 心象音楽家
〜二胡奏者 作曲 宮沢賢治作品の読み語り 詩人〜

10/6 sat

 

早来公民館から中1日空けての2度目の慰問演奏は、

安平追分公民館へ、お弟子さん4人と訪問させていただきました。

 

 

ご縁を結んでくださったのは、前回もお世話になった「安平ラオンズ倶楽部」の皆さまです。

 

「居ても立っても居られない」

どんなに小さなことでも、私にできることがあればさせてくださいラブラブ
そんな思いで、ご相談させていただいた慰問演奏なのですが、

この会場に行って見て感じたのは、この会場全体がとっても大きな愛情に包まれていて
温かい💞

「共生」

ボランティアとか被災者とか、そういうことではなく

皆さまが助け合い、寄り添い生きていらっしゃるお姿に心震えました。

そして、ここに身を置かせていただけたことへの深い感謝の気持ちでいっぱいに...

 

ほとんど休みなく活動を続けていらっしゃるライオンズ倶楽部の皆さま。
(そういう皆さまも大きな被害に遭われているのですよ...)

こちらではロビーでお食事の会場に...

私たちの演奏は、ちょうど夕食がすんだ頃、そのタイミングも手伝ってか、

皆さま寛ぎながら聴いてくださっらのが嬉しかったです音符

ただ、ホールにこられたのは、やはり健康状態が良い方だけです。

体調を崩されて横になっている方、眠られている方は、ここには出ていらっしゃいません...

お二階の皆さま、少し離れた場所にいらっしゃる皆さまへも二胡の音が届きますように...

祈るような気持ちで1音1音を奏でさせていただいてました。

 

どうか今この瞬間だけでも私の二胡の世界にいてください!

現実は変えられないけど、気持ちは変わりますもの...

 

ドラえもんのお腹には「愛の義援金」19,695円ぎっしり詰まってます!

これは、2013年東日本の大震災後から今日まで、以前宮ヶ丘にアトリエを持っていた頃から

みなさまと一緒にコツコツと貯め続けてきた愛の形です。

.

「ドラえもん、やっとお役に立つ時がきたね!」

 

ライオンズ倶楽部の会長さんに託しましたピンクハート

ライオンズ倶楽部の皆さま、そして、心一つに奏でてくれるお弟子さんと...

 

一人より二人、二人より三人

より大きな愛の形を感じた安平追分での「ぬくもりコンサート」でした。

 

完全な復興には、時間も労力もお金も、そして、愛のぬくもりも必要です。

私たちにできること、これからも続けさせていただこうと思っていますラブラブ

 

このお寿司は、私たちの労を労って、安平追分駅前にある「ホテルわたなべ」の

オーナーさん(寿司職人です)自らが握ってくださった本物のお寿司です。

美味しかった...

+真心の味が心に染み渡りました。

 

ライオンズ倶楽部の皆さま、この度も本当にお世話になりありがとうございました。

 

感謝

 

 

右差し次回は、生徒さんが暮らす鵡川町へ

10/22午前10:00より「四季の館」にて「ぬくもりコンサート」させていただきます♫

 

お近くの皆さま、お待ちしております音符