絵本作家 ふじもとのりこの「絵本がもっと楽しめる!絵本製作裏話」

絵本作家 ふじもとのりこの「絵本がもっと楽しめる!絵本製作裏話」

絵本に関わり、早や40年。
ママと子が一緒に楽しめる絵本を4冊、工作本も出版!
絵本作家しか知らない、絵本の創り方、絵の技法、親子で作るキッズアート大公開
描いて、読んで、親子で絵本を10倍楽しもう♪

私の絵本は こんな絵本です
「読み手と子どもが お話ししながら読む絵本」

覚えていないような 幼いころ
たくさん愛情をもらった 深い記憶
それが その子の一生を守る力に きっとなる

そんな絵本を作っていきたい…

現在、メッセージの受信はできますが、送信ができません。
お問い合わせからご連絡下さいね。


毘沙門天の絵の見どころと、近くの美味しいお店、安心できるお店をご紹介。​

毘沙門天をご家族で描いたのは、湊川神社のご祭神もご家族で祀られているし、お宮参り、結婚式、七五三と、家族で参拝される方が多い神社だから​

ご祭神

楠木正成(くすのきまさしげ=大楠公)、息子の楠木正行(まさつら=小楠公)、大楠公夫人、弟の楠木正季(まさすえ)と、一族16柱​

楠木正成公は、幼名を多門丸(たもんまる)と言いました。多門天は、毘沙門天の別名です。正成公は幼い時から、毘沙門天の加護があったのですね。​

ちなみに、この地域は「多門通り」と言い、土地全体に毘沙門天の守りがあります。​

毘沙門天は、仏では珍しく家族をもっており、社会の最小単位である家族を守護すると言われています。​

妃は吉祥天女(きっしょうてん)、子が善膩師童子(ぜんにしどうじ)。本当は5人子どもがいて末っ子です。末子相続の西方遊牧民の形だと思われます。​

毘沙門天の手や足のまわりのヒダは、もともとは動物の毛皮です。​

獅子頭の下の直垂にあるマークは、毘沙門種子でベイと言います。真言は、オン・ベイシラマンダヤ・ソワカ​

甲冑の襟の模様は、毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)という独特の柄です。​

胴のマルマル模様は、斑点のある動物の皮をイメージしました。​

青い部分の模様は、雲流紋~流れ行く雲の吉祥紋です。​

実りと豊穣を表し、良き事を呼び寄せ運気上昇を願います。​

緑の衣服には、毛卍紋(けまんじもん)​

太陽の力と獅子の毛並みを表します。​

吉祥天のスカートの文様は、「菱万字(ひしまんじ)」卍をつないだ文様で、家の繁栄や長寿を願う不断長久の吉祥文です。​

手荷物のは、如意宝珠(にょいほうじゅ)。すべての願いを叶えてくれる玉です。桃の形ですが、天界では、松竹梅の上が桃だとか。​

童子は、ご祭神の加護が深いように願って、菊水紋(きくすいもん)を。これは湊川神社の御神紋です。​

もともと、後醍醐天皇に16の菊紋を許された正成公は、天皇家の紋そのままでは恐れ多いとして、半分の菊とどこまでも皇室に付き従がう覚悟を水に託して、ご自身の紋にしました。​

皆さんに、毘沙門天の加護がありますように。​

強さに裏打ちされた優しさが毘沙門天にはあります。​

大事なものを守る力の象徴です。​

美味しいお店​

社務所に向かって左手、東側から神社を出ると、真正面に青いパン屋さんが。ここもとっても美味しいですが、半分の曜日しか営業してないので、当たるとラッキー!​

パン屋の角を曲がると、「おいしいごはん」というお店があり、身体にいい素材を使ったお店です。​

コロナでお客様が減っているそうなので、応援してあげてくださいね。店主ひとりで頑張っています。

毘沙門天の奉納画、確認してきました~。​

湊川神社行き方​

JR神戸駅下車。北側(山側)に出る。​

吉野家と出雲食堂の横を北側に上がると、白い塀が神社です。​

鳥居をくぐり、まっすぐ参道を行くと拝殿です。​

 

武将の神社なのに、気さくでおおらか。​

ご祭神の温かい懐の広さを感じる神社です。​

拝殿の天井画は必見。​

龍神を中心に花鳥画がたくさん奉納されています。​

「非理法権天(ひりほうけんてん)」という旗が立っています。​

これは、無茶な言いがかりは、理論理屈に勝てず、理論理屈は法律に勝てず、法律は権力に勝てず、権力も天には勝てない、という意味があります。楠木正成公の旗です。​

拝殿に向かって左手に社務所があります。​

その社務所の中に入って、左手の社務所の扉横の壁に​

掲示されています。​

「游水(ゆうすい)」というネームプレートをつけていただいてます。​

 応接室にと言ってくださったのに、「一般の人が見える場所にお願いしたいんです」と無理を申し上げ、取り付け工事をしていただきました。​

一般の人の幸せを願う気持ちを汲んでいただいた、湊川神社には心より感謝いたします。​

 ​

 この神社には、正成公のお墓や最後を迎えられた場所(赤いじゅうたん廊下の奥)水戸黄門の像など、歴史的な場所がありますから、初めて行かれる方は、そこもご覧ください。​

 命がけで、大事な人を守ろうとした、国に尽くそうとした人の生きざまが垣間見れます。


近くのおすすめのお店

社務所に向かって左手に、東側に抜ける出口があります。
通りを渡ったところのパン屋さん、美味しいです。
開いてる曜日が少ないので気を付けてください。

そのお店の横の路地を入ると・・・「しあわせごはん」のお店が。



フー。幸せ❤

 

湊川神社に奉納した毘沙門天の絵、公開日が決まりました。​

1月16日(土曜日~当面何年か?)

 

誰でも見れるところに掲示してほしいと無理なお願いを聞いていただきました。湊川神社の神主様に感謝です。​

1月16日!​

わあお!凄いスペシャルデイ!​

一粒万倍日、天赦日、甲子の日という強運日が3つ重なっているのです!​

一粒万倍日は、この日に始めたことが、万倍になって返ってくるという日。​

天赦日は、天がすべての罪を許す最強運日です。​

すべての神様が天に昇り、天が万物の罪を許すため、あらゆる障害が取り除かれる日。今まで躊躇していたこと、新しいことを始めるには最適の日とされているのです。​

そして、神社に参拝するのもとてもいい日です。​

甲子の日は、大黒天の日。財運や縁結びの日です。​

長く続けることを始めるといい日。​

みなさんも、何か始めたり、プランを立てるだけでも功徳があると言われていますので、1月16日をお見逃しなく!