○ 真っ青な空に帰っていく | 妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるオフィシャルブログ「天使になるためのきろく」Powered by Ameba

でぃあすてーじで働いている天使見習いのまひるんのぶろぐ(*'ω'*) 妄想キャリブレーションのピンク担当のてんしてん。
どじだけど、ゆるふわなりに頑張ってまる。


テーマ:























みなさんいかがお過ごしでしょうか?


ブログを書くのが遅くなってごめんね


私の中の気持ちの整理がつかず、なのに時間だけが過ぎていってバタバタしてました




















もうすぐ夏が訪れるよ、と風に言われているような気候になってきたね




























おばぁちゃんがお空に帰っていきました。












お母さんから『おばぁちゃんが今日ご飯食べられてないよ、お水もお茶も飲めてないんだ』とついさっき言われて。


















『明日はレッスンをお休みして会いに行こう』
そう思っていた夜中にお母さんから『おばぁちゃんが亡くなった』との一言のLINEがありました。

























その当時は覚えてないけれど、
頭が真っ白になってわからなくなっちゃった















すぐ会いに行ったら、今からでも話し出しそうなくらいに安らかに眠っていました







おばさんが、ママが代わる代わる泣きながら『起きなよ』と話しかける姿に心が痛んで涙が止まらなかった
















『またくるね』と言ったら『はい、お願いします』と振り絞って言ってくれた時から







次に会うのがこの日なんて思ってもみませんでした

















おばぁちゃんはいつも妄キャリの事を応援してくれていました











私が『ワンマンがあるよ』と言うと言わなくても聞きつけて毎回必ずライブにピンクのペンライトと必ずリストバンドをして妄キャリのTシャツを着て、おばさんにいつも付き添ってもらって2人で来てくれるようなおばぁちゃん。


















長野の夢街道フェスタにも遊びに来てくれて、
美味しいものが食べられて孫の活躍を見ることが出来る、と喜んでくれていました




(この時は夢子の生誕Tシャツ来てくるし(笑))

























おばぁちゃんの為に親族一同があつまり、遺品を整理し葬式への準備を進める。







毎日がバタバタしていて私にこの親族の集まりで出来ることはご飯作ってあげることくらいでした。




















おばぁちゃんの為におばぁちゃんのアルバムを生前仲良くしてくれた人達に見てもらえるようにと、妹と2人で生まれた時から今までをまとめてアルバムにしたよ













大正時代から生きているおばぁちゃんは白黒だった、
白黒の中でもおばぁちゃんの面影を残して戦時中・戦後の中でも笑顔を絶やさずに居るおばぁちゃんでした。



長野で生まれ育った自然溢れる豊かな場所であのおばぁちゃんのおおらかな性格は作られたんだろうなぁ














おばぁちゃんは孫の写真ばかり撮っていて。
最近のものはほぼ私たち孫と写っている写真。








おばぁちゃんの遺影は妹の20歳の成人式の前撮りをした家族写真でした。



































5月の頭に余命宣告されて、『あともって2~3週間だ』といわれてから一生懸命緩和ケアを受けながら、生きようとしてくれてた




















娘息子3人で毎日病院に泊まり、祖母の手を握り過ごす毎日。



まひるもOFFの日には病院に行くと孫が集まっていてみんなで鶴を折ったり交代で手を握るのが日課でした。




おばぁちゃんは会話が聞こえると安心して眠れるようでスヤスヤ眠ってくれて、他愛のない会話を続けてたり。家族の絆も深まりました

















今でも居ないのが信じられません。
通夜も告別式も終わったなんて嘘みたい。




















おばぁちゃんが同窓会で自己紹介の時に『いまは孫がアイドルやってまして、趣味はその追っかけをすることです』と照れながらに話してくれていたのを通夜に参列してくれた友人の方々から聞きました。












私に歩み寄って『おばぁちゃんのお孫さん?アイドルやってらしてるのよね』と話しかけてくれる同級生のみなさん。



おばぁちゃんがみんなに言ってくれていた事がわかりました




















おばぁちゃんの自慢の孫で居られたかしら













お仕事で会えない日もあった
お誕生日一緒にお祝いできないこともあった






そんな日でも毎回必ず『お誕生日はお祝いしたいから』と何ヶ月も前から誕生日プレゼントを用意してくれて私は幸せな孫だなぁって思いました

















妄キャリのライブを好きだと言ってくれて、身体が悪くても椅子を用意したら必ず来てくれて。
足が悪いから47都道府県ツアーファイナルも早く来て階段は登れないけどエレベーターならって最後まで試行錯誤してくれてたよね
















最後見せられなくて、、







5人でのパフォーマンスが1番完成してて最高なんだよって伝えたかったなぁ
こんなにステキな人達とお仕事してるんだよ!!
応援してくれてるファンのみんなはこんなにもカッコイイんだよ!って






















おばぁちゃんが見たいって言ってた武道館、
どんな形でも立ってみせるよ















待っててくれたら嬉しいな。











いーっぱいの人の中でひとつのピンクがおばぁちゃんなんだろうなぁって想像する



























その景色を作るにはまひるだけじゃまだまだだけれど、信じてる仲間やファンのみんなが居たら必ず出来ると分かってるから





これからも歩みは止めないよ






















おばぁちゃんがどんなになっても腕が痛くてもずっとお守り替わりに付けてくれていた妄キャリのリストバンド。










棺の中に一緒に入ってたね、
腕につけたままでいてくれたね










本当にありがとう





















明日から近くでおばぁちゃんが見守ってくれているから寂しくないぞ!








明日はまひるごはんです☺️
みんなに会えるのを楽しみにしているよ











明日はおばぁちゃんも楽しみにしてくれているご飯イベントだからたぶん食べに来ると思っているまひるからの投稿

妄想キャリブレーション 胡桃沢まひるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース