2018/10/9 火曜日 
【お休み周期】 
★治療経過は『ブログ情報』をご覧ください

こんにちは!
3連休は思ったほど台風の影響もなく、夫と旅行に行きました

行き先は松江市と出雲大社!

子授け?

と思われるかもしれませんが…
出雲大社は縁結び。

かわいい我が子と縁を結ぶ…
という意味でも良いらしく!

私は10年以上前に行ったことあるのですが、夫が出雲大社に行ったことないらしいので、見せてあげたい…という目的もありました
(現在、関東から夫の転勤で1年前から西方面に在住、あと2年くらいで関東に帰るのでその間に)


***********

出雲大社は島根県出雲市にあります

縁結びの神としての由来はいくつかあるそうです

★大国主大神自身がたくさんの女神との間に縁を結んだから

★神無月(出雲では神在月)には出雲に「八百万の神」が集まる為、神々同士の縁を結んでいるから

などと言われているようです

また、神々が話し合い、人の縁を結んでいくということで、神無月には良縁を求める参拝者で賑わっていますよね!

旧暦の10月にある、出雲大社の神在祭の一連行事、今年は11/14〜24らしいです!

全国の神様が集まってくる神有祭

その時に行けたらパワーMAXだとは思うのですが、10月は『神無月』だし、出雲大社は『神有月』ってことで!

と、ゆる〜い気持ちで『今は神有月』と言い聞かせて参拝してきました(笑)

参拝方法は通常の神社などとは一部異なりますので注意が必要!

参拝の際「二拝四拍手一拝(にはいしはくしゅいちはい)」で参拝を行います。

私は事前に聞いていたから知っていましたが、知らなかったら、四拍手👏?って周りを見てビックリしてたかもしれないですね


子授けに大切なのはお馬さんです

木製の鳥居が参道入口で、通りに抜けて松の参道を進みます。





その先の銅鳥居をくぐってすぐ左手に小屋があり、その中に神馬像が安置されています。




神馬像は、地元の人には「かねおまさん」と呼ばれており、鼻を撫でてお願いすると子宝に恵まれるという言い伝えがあり、子授け祈願として有名らしいですよ


子宝用のお守りというのは、だされていないようです。

お子様とのご縁がありますようにということで、えんむすびのお守りを受けられてもいいということでした。

布製の袋の縁結びお守りもありましたが
私は今回は『平成の大遷宮記念の縁結びお守り』にしました



***********

ご祈祷も5000円くらいであるようでしたが、なんと!この日は出雲駅伝の日…(10/8)
途中の道が通行止めになるのでゆっくりも出来ず、ご祈祷はしないでお参りとお守り購入のみにしました

***********
おまけ

出雲大社、その他の素敵スポット



拝殿↑ 
こちらはよく  出雲大社!と写真に撮られているしめ縄の場所ではないのですが、本来はこちらがメイン

よく撮られているしめ縄はコチラ
で、神楽殿(結婚式場)です




昔はこのしめ縄の下に小銭を突き刺せると願いが叶う…的なのありましたよね…
今はしめ縄の下に金網貼ってあり、刺せなくなっています



他にも本殿の裏側にいくと、本殿の裏から本殿に向かってお祈りをするウサギさん達が!







ウサギは多産でも有名ですし、以前、京都の岡崎神社に⛩いった時にはウサギを祀っていましたしね
ウサギには反応しちゃいます
(岡崎神社のネタは他サイトですが、過去ブログにありますのでご興味ある方は『ブログ情報』から他サイトに飛んでください)


他にも岩を撫でると願いが叶う場所とか


ご利益ありそうな場所でした





出雲といったら、出雲そば
三段割子蕎麦を食べてきました


ダイエット中ですので、買い食いはほとんどしませんでした

ホテルの朝食とお昼はコレ。

旅行にありがちな暴飲暴食は避けられました(笑)


***********

10/7 ウォーキング 9キロ
10/8 ウォーキング 7キロ


次の記事は 松江市の八重垣神社です
コチラも有名な子宝神社らしいですね
(むしろ島根では出雲大社よりコチラと書いてる方も…)
ご興味ある方はまたアクセスしてくださいね〜
では、また!