LUNAペットクリニック潮見 オフィシャルブログ

LUNAペットクリニック潮見 オフィシャルブログ

江東区潮見のLUNAペットクリニック潮見の公式ブログです。

みなさんこんばんわ!!!!!!

 

本日はクリスマスですニヤリ

昨晩はサンタさんから枕元にプレゼントは置かれていましたかはてなマーク

 

ああ、もう私のようなけがれた大人になると、サンタさんは何も

枕元には置いてくれませんね…。_| ̄|〇 il||li

 

でも、毎年クリスマスイブの夜になるとワクワクして『今年は

もしかしたら…』なんて淡い期待を寄せてしまうのは、まだ心が

純粋なんでしょうかはてなマークはてなマークはてなマーク |ω・`)じー

 

おじさんが、そんな訳ないですよね~~笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

そんなバカなこと言ってないで…。あせるあせる

 

今年はこのブログが最後になりそうなので、またまたハムちゃん

の事で締めくくりたいと思います。

だって、ディズニー行けないから書くことないんですもん…

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

以前、ハムスターの初診の患者様で他院で腹腔内腫瘤の診断

を受けた方がいらっしゃいました。

 

ハムちゃんは、ゴールデンハムスターで女の子。

その病院では、肝臓に腫瘍があるようだけど手術は難しいので

内服で様子を見るしかないと言われたようです。目

このまま内服で亡くなるまで経過を見るような指示みたいでした。

 

その後、他に助かるような手段がないかという事で検索して、

当院を探し来院されました。

触診では、3cmくらいの大きなデキモノがお腹の中あり、出血

も見られたので、おそらく子宮にできた腫瘍ではないかと考え

られました。

手足の色が蒼白で、貧血が著しいため最初は私も手術を勧め

ませんでしたが、その後の診療時に内服の効果で貧血が改善

されていたようでしたので、飼い主様と相談した結果手術となり

ました。

 

ただし、お腹を開けた時に他の臓器などと癒着がひどく摘出

困難であればそのまま閉腹しますという形で手術をしました。

 

※この部分がとても大きく硬く膨らんでいました   出血も見られます

 

やはり、思っていた通り子宮にできた腫瘍でした。

幸い、他の臓器とは癒着がなかったため摘出は比較的容易

にできました。

当然、そこから出血があり貧血を引き起こしていたようです。

※病理検査では低悪性度の腫瘍です 今後定期的な検診が必要です

 

※腹壁も丁寧に縫合します

 

※だいぶ大きな腫瘍でしたので、傷も大きくなって沢山縫いました。

 

このような子宮疾患は、止血剤ではあまり効果的な止血は

望めないため、出血が止まらず失血死をします。

そのため、リスクはありますがハムちゃんの命を助けるには

外科での摘出が一番と考えられます。

※抜糸後の写真です きれいに皮膚がついていますね

 

今回は、飼い主様が諦めずに他の治療法を模索し、このような

手術をご英断して頂けたので、助けることができました。

 

過去のブログ掲載(チイサナイノチ)でもお伝えしましたが、ハム

ちゃん達のような手術は、飼い主様達のご英断が必要です。

 

もちろん、麻酔リスクや小さい身体にメスを入れる…、といった

事は、飼い主様達にとって想像したくない事だと思います。

 

また、獣医さんに内服を勧められる事も多々あると思います。

 

でも、今回のように一旦『助からない』と思っていた病気が

手術によって今も元気に生きているという事も事実です。

 

今までいろいろな患者様の話しを、他の獣医さんから聞いて

いますと、『もしかしたら手術したら助かったんじゃないか?』

『もう少し苦しまないようにできたのでは?』などと思う事が

多々ありました。

 

短い命ですが、その中にもどれだけ頑張れたかという『

みたいな物があってもいいと思います。

 

今回のハムちゃんは1歳半でしたが、飼い主様がこの病気

を知って『ああ、これもこの子の寿命なんだ』といって諦めれ

ば、1歳半で命を閉ざしていたでしょう。

でも、今回の手術で今後元気に過ごして2歳、3歳と長生き

してくれれば、絶対に今回の手術を受けて正解だと考えて

くれると思います。

 

ハムスターの手術は、特にお腹を開けるような大きな手術

は普通にハムスターを診療している先生でも、意外にしない

先生も多いです。叫び

 

決して、手術しないからダメという事ではありません。

かかりつけの先生の判断で、その時点では手術する事は

かなりのリスクを伴う様であれば、ドクター側からストップ

します。

 

ただ、もしかしたら…。

このような思いがあれば、手術を行う事を考えてください!!

他の獣医さんに聞くことも一つの方法です。

 

私だけではありません。

ハムスターの手術を多くこなしている先生方だったら、その

病気を助ける事が出来るかもしれません。ビックリマークビックリマーク

 

『ハムスターは麻酔をかけると死んじゃう…』と言われたら、

このブログを思い出してください。

生きてますよ。爆  笑爆  笑爆  笑爆  笑

 

そして、飼い主様皆様のご英断・ご決断が

ハムちゃん達の命を助けることにつながります!!!!!!

 

助からないと思った命が

 

タ・ス・カ・リ・マ・ス・ヨビックリマークビックリマーククラッカークラッカークラッカークラッカークラッカー

 

 

 

 

皆様、良いお年をお迎えくださいラブラブラブラブ

  (✿◕ ‿◕ )ノシ