いつもお世話になっている
大門先生から、外猫応援キャンペーンのお知らせです。


私、一匹だけTNRしておりまして💦

なついてない成猫でしたから
パパさんが噛まれるアクシデントもありましたが、、


手術当日、捕まえられず、怖くて半泣きでしたが

なんとか先生の処に、猫さんを連れていき(その時点で時間も気力も消耗)

アワアワしてる私に、優しく対応して下さいました💦




外の猫は逃げようと必死ですから、運ぶ際には

猫を洗濯ネットにいれ、ペットシーツを敷いたキャリーにいれて下さい。

キャリーは、布テープか結束バンドで
開かないよう、補強すると良いと思います。

使い終わったキャリーは、洗って消毒をするのも、お忘れなく、、



術後、猫を迎えに行きましたら

子宮の状態やおよその年齢を教えてくださいました。
覚醒してから元気で、キャリーに体当たりした事も。



猫にかかわる短い時間で、生きてきた軌跡を探り

これからの猫生の無事を願ってらっしゃると感じました。。



不幸な猫が減りますように。





MobileVETOffice

リンク貼ってあります。
よろしくお願いいたします。