応様と私の魅酒乱

応様と私の魅酒乱

不良オヤジの備忘録と回想 サケ・旨いもん・本・映画・トリ

 フランス産モルトウィスキー。43%。

 ラベルにトリプルモルトとある。フランスにモルトのディスティラリーが三つもあるのか、と思った。

 シングルモルトとして市場に出ている様子はないから、ブレンド用か。

 

 このサケを飲むのは二本目である。

 甘く上品な香りと味だ。ロックでよし、酢とれえーとでよしの味わいは、食後酒に相応しく、ソーダなどで割って(美味いだろうが)食中酒にしたら少しもったいないのではないか。

 

 

 

 ホワイトホースのキーモルトとして知られるスペイサイドの銘酒である。12年、43%。

 

 盆用であるとの意見もあるが、拙者には他のスペイサイドのどれにも似てないスパイシーさが感じられた。

 

  pen: TACCIA Timeless Colection

  ink: AUROLA Blue Black

  glass: JjONNIE WALKER

 

 

 

 

 イチローズモルトはマイナー乍ら、マニアの間で一目置かれる埼玉県秩父市にあるぢスティラリーである。

 

 本品は、アイルランド、スコットランド、カナダ、アメリカ、そして日本秩父のモルトとグレーンをブレンドした技ありの逸品。

 

 オンザロックが基本だが、ソーダ割りにレモンを絞っても美味。複雑乍ら爽やかな一杯である。

 

 

  pen: Graf von Faber-Castell TMITIO Calligrapy

    ink: Graf von Faber-Castell Roya Blue

    glass: YANASE

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 よく調べたら、ボトルのフルモデルチェンジではなく、200周年記念ボトルであった。40%。

 ジョニ黒記念ボトルを飲んだ時の様な驚きはない。平凡かもしれないが、安心して飲めるいつものブレンデッドである。

 

 

  pen: Delta Tuareg

  ink: MONTBANC ROYAL BLUE

  gllass: Jhonnie aker

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 ニッカセッション、43%。年数表示なし。

 混ぜたモルトの銘柄は明らかにされてないが、スコティッシュとジャパニーズのモルトがブレンドしたあるという。

 

 ニッカだから、宮城峡の竹鶴と創業者が修行したスコットランドのどこかのモルトが使われているのかもしれない。

 グレーンウィスキーは使われていないようだ。

 

 なかなか個性的な味わいで、ロックでよしストレートでよしである。

 4000円台という価格は気軽に手が出るものではないが、サントリーの青などと並べてバックバーを飾ってみたい。

 

 

  pen: Graf von Faber-Castell MACASSAR

  ink: Graf von Faber-Castell Carbon BLACK

  glass: JOHNNIE WALKER

 

 

 

 

  ジョニ黒、おそら拙者が知る限り初めてのモデルチェンジではないか。それも大胆な意匠変えだ。40%。

 

 一口飲んであっと思った。

 旧ボトルと突き合わせて飲んだわけではないから断言できないが、なにやら味まで変わった気がする。

 

 

 

 去る金曜、三度目の入院から退院した。

 治療そのものは苦にならないのだが、外出禁止という不自由さに閉口した。コンビニにも銀行にも行けないのである。

 

 退院すると、病に陥った反省よりも、やはりどこかリミッターが外れてしまう。飲みたいもの、食べたいものを口にできるうちに口にしておきた誘惑に抗いがたい。

 

 タラモアデューが飲みたかったのである。

 アイリッシュであるタラモアデューは、馴染の居酒屋に置いてあって、その個性に少しびっくりした覚えがあるが、近隣の酒屋には在庫がなかった。

 だから同じアイリッシュで妥協してみた。

 

  アイリッシュやカナディアンはあまり飲まないのだがたまには浮気もよかろう。

 三回蒸溜。味がまろやかになることは、個性が薄れる事でもある。平凡な味わいに感じた。

 

 

 

 

 

 アーモンドの香り。

 美女の瞳をアーモンド・アイと云うらしい(関係ないか)。46%。

 

 憧れのサケだった。ブログを始めたのは、このサケにつての記事を書きたかったためだったかもしれない。

 

 シングルモルトについてバランスを云うのも変だが、とても端正なサケである。

 

 15年にしては色が薄い。熟成年数より澄んでいる印象である。

 樽の中の、上質な蒸留酒だけが上に残り、それを供されているイメージ。

 

 

  glass: Ardbeg

  pen: MONTBANC Meisterstuck 149

  ink: MONTANC Midnight Bue

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 飲むのは二本目であるが、謎のシングルモルトである。

 54.1%、年素表示なし。色が濃い。樽出しと思われる。若干の酸味、そして何というスパイシー。味が強烈で、香りを完全に凌駕する。

 

 パッケージに提供会社の住所が記されているが、それがスコットランドの何処かは知識がないので判らない。調べりゃいいんだろうけど、そこが産地とは限らない。

 

 

  glass: ARDBEG

  pen: MONTBLANC Honore de Bazac

  ink: MONTBLANC LAVENDER PURPLE

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 久しぶりにエドラダワーを飲んだ。

 色が濃い。こんなに濃かったのかと思う。

 味も香りもこんな風だったのかと思う。

 

 エドラダワーの風味は確かに漂うが、以前飲んだものとはどこか違うような気がする。

 

 モルトウィスキーは自然食品であり、加工品ではない。

 その季節ごとの樽の具合や貯蔵庫のコンディションによって味が変化しても不思議ではないのである。

 

 

  glass: EDRADOUR

  pen: MONTBANC Rouge & Noir

  ink: MONTBLANC W.Shakespeare Violet Red

 

 

 

 


人気ブログランキング