叫 プレミアム・エディション [DVD]
¥3,050
Amazon.co.jp


(2006)



出演 役所広司 (吉岡登/刑事)

    小西真奈美 (二村春江/吉岡の恋人)

    葉月里緒菜 (赤い服の女/身元不明の被害者)

    伊原剛志 (宮地徹/吉岡の同僚刑事)

    オダギリジョー (高木/精神科医)

    加瀬亮 (作業船の船員)

    平山広行 (桜井/若い刑事)

    奥貫薫 (矢部美由紀/小野田の不倫相手)

    中村育二 (佐久間昇一)

    野村宏伸 (小野田誠二)


監督 黒沢清



【ストーリー】

連続殺人事件の捜査に当たる刑事・吉岡。

犯人を追っているはずの吉岡は、しかしそこに自分の影を見て揺れ始める。

被害者の周辺に残る自分の痕跡、さらには自らの記憶すらも自身の潔白を確信させてくれない。

苦悩を深める吉岡は、第一の殺人現場に舞い戻り、そこで不気味な女の叫び声を耳にするのだが…。



【感想】

一番の感想は、「葉月里緒菜、こわっ(><;)」

表情がないというか、白塗りっぽい顔で、デスマスクっぽい。

幽霊役なのだから、仕方ないのかもしれないけど・・・・こわっ(><;)


内容は、はっきり言って、訳が分からん。

もちろんストーリー的には分かっている(と思う)けど・・・


黒沢監督の作品は「回路」くらいしか見ていないので、大した感想は言えないのだけど、なんだか分かりにくい映画を作る人なんだなぁとか思ってしまう。

「回路」なんて本当にとんでもなかった・・・

こっちのほうが、まだマシかな?(^^;



以下は完全なネタばれになるので、今後見る方はは気を付けて・・・



映画を見始めてから、すぐに吉岡の部屋にある「姿見」が気になった。

幽霊がそこから出てくるのでは、その中にいるのでは・・・すぐにそんなことが思い浮かんだ。

大当たり。

鏡の中から「赤い服を着た女」が出てくる。


無関心だったことが原因で、この女は死んでしまった。

死んだ場所が「昔の精神病院」

昔、その病院では体罰が行われていて、海水に顔を付けて窒息死させていたという。

それって体罰?

体罰を超えているよね?

ちなみに女は体罰で死んだわけではない。

昔は病院だったが、すでに病院としては成り立っていなくて、単に収容者たちが住みついていただけらしい。

精神を病んで収容されていた人の子どもが、女だったっぽい。


赤い服の女は「キャーーーーー」と叫びながら出てくることが多い。

ムンクの叫びのようなポーズでやってくる(^^;;

それがあまりと言えばあまり・・・

ちなみに、女は鏡の中からやってくるけど、帰っていくときはドアから出ていく(笑)

空をビューンとスーパーマンのように飛んだりもする。


何かねぇ…訳が分かりません。


ぁ、ちょっと関係ないけど、オダギリジョーの精神科医、他の患者のことを漏らしちゃだめだよね(^^;

ペラペラと喋るし、悪夢を見て叫びだした(寝ている)患者の口にタオルを当てて、叫ぶのを止めている。

あれ?そんなことしたら死んじゃわない?(^^;;


今の世の中には、周囲の無関心のせいで命を落とす人は多いかもしれない。

この赤い服の女は人が無関心だったせいで死んだと言うのだけど・・・・なんか変だよね。

病院の外に助けを求めたのかな?

たまたまそばを通りかかっただけで恨まれるのなら、きっとその数は膨大。

これから、もっともっと女の身勝手な要求によって恨まれる人が増えていくのだろう。

だから「私は死んだ、だからみんな死んでください」になるんだろうなぁ。


ラストなんて、「回路」のみんなどこに行っちゃったの?に似てると思う。

そういえば黒沢監督が監修している「呪怨」のラストにもそっくり(^^;

みんな消えてしまうというスタイルが気に入っているのかな?


ところで、春江だけど、気づきましたか?

変だなとは思った。

なんか意思表示みたいなものがないし、なんとなく無関心っぽいし。

変な人だとは思ったけど・・・・まさかねぇ・・・(^^;

心が弱っていた吉岡が抱きついたときに、春江はどこかを凝視していたが、あれはどこ?

春江は赤い花柄のドレスを着ていた。

そして凝視した先、画面の隅には赤っぽい何かが見える。あれは何かな?隣の部屋?


吉岡さん、重大なことを忘れちゃうっていうのも、なんかなぁ・・・って思う。

春江は何だったんだろう。


あと気になるのは地震。

あれは幽霊が出てくるぞーっていう合図?

車を走らせるシーンは、めちゃくちゃ背景がCG?というか、二重写しだし・・・あれはわざとなんだろうなぁ。

なんかちょこちょこと気になるシーンが出てくる。


ラストのほうで、女に「あなたを許します」とか言われるけど、許してもらえない人たちは今後どうなるのか?

きっとずっと死ぬまで、目の前で何か言い続けるんだろうな・・・

あの無表情な顔でぶつぶつ言われたらたまらないだろうなぁ・・・・(;_;)




【監督紹介】

監督の黒沢清は、「スイートホーム」「回路」「ドッペルゲンガー」「呪怨 (監修)」「アカルイミライ」「LOFT ロフト」「楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家」「パルス(オリジナル脚本)」「トウキョウソナタ」



お勧め度 ★★★☆☆




「私のおすすめ映画はコレ!」 というグルっぽを作ってみました。

アメブロの方で、映画がお好きな方はぜひご参加くださいね。

(参加にはアメブロの登録が必要です)




ペタしてね





ランキングに参加してます。バナーをポチッと応援お願いします。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



携帯の方は下のリンクから、よろしくお願いします。

ブログ村 映画ブログ





叫 プレミアム・エディション
¥4,441