ブログにご訪問いただき

ありがとうございます!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

宝石赤思考と食を変えて妊娠しやすい体質へと導く宝石赤

管理栄養士

笠原ルミ子です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

これから妊活をスタートする方へ

 

昨日のブログで、こちらの記事を載せましたが

見ていただけたでしょうか^^

 

 

私は二人目不妊で4年半

悩み続けてきましたが、

 

 

 

一番の壁は、

男性側の意識でした。

(夫を悪く言っている訳では

ありません^^)

 

 

 

 

余談になりますが、

二人目不妊は

 

一人いるからいいじゃない、とか

◯◯(第一子の名)に失礼だよ、とか

 

そんな風に思われるかも

しれないのですが、

 

授かる数は問題じゃないと

感じています。

 

 

 

 

子供が欲しいと感じるのは

その人が決める事だし

 

 

 

 

周りにどう思われても

関係ないのです。

 

 

 

 

 

 

一人いてくれれば十分!

そう感じていても

 

 

 

 

 

命の誕生の素晴らしさを

分かっているからこそ

もう一人生んでみたい、

と自然に感じることは

何も悪い事ではありません。

 

 

 

 

 

 

また、前置きが長くなりました!

 

 

 

 

 

それでは、

ブログスタートします^^

 

《目次》
1.私のせいだと思っていたら実は…
2.甘い飲み物が「精子濃度」に与える影響【文献引用】
 

 

 
1.私のせいだと思っていたら実は・・・

 

私は健康!

俺も健康!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思っていても

中身を空けてみたら…。

 

 

ということありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康診断や人間ドックを受けないと

分からないことがたくさんあるはずです。

 

 

 

 

 

 

それと同じように

妊活するなら、夫婦二人の

健康状態を知ることはとっても大切。

 

 

 

 

 

妊活スタートしてから

子宮筋腫が見つかった、とか

排卵しにくい体だった、とか

 

 

 

 

 

子供を授かりたいからと

検査したことで、

自分の不調の原因が分かることもある。

 

 

 

 

 

それって、

未来の赤ちゃんが教えてくれる

メッセージでもあるような気が

しているんです。

 

 

 

 

 

何よりもあなた自身の

体が健康であることが

赤ちゃんの望みでも

あるんですよ^^

 

 

 

 

 

と、女性のことばかり

お伝えしてしまいまいしたが、

 

 

 

 

 

 

男性側に不妊の原因がある場合

どこを受診するか、

 

あなたは

ご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

男性不妊を

治療するのは「泌尿器科」

です。

今は男性不妊外来のある

病院もあります。

 

 

 

 

 

 

 

女性だけが一生懸命通院して

1年経過して授かれず

 

 

 

 

 

その後、男性不妊が見つかる

という事例はたくさんあるんです。

 

 

 

 

 

健康的な生活をしている!と

自分では思っていても

 

様々なストレスや食生活

環境汚染など

 

 

 

自分では改善しきれない

問題もたくさん身の回りには

起きている事実。

 

 

 

 

女性だってできれば

病院に通いたくないのです。

 

 

 

でももし

男性が受診を拒否したら

 

ここがお互いの愛情を

改めて再確認するタイミングウインク

 

 

 

 

 

パートナーとのすれ違いが

起こってしまっている時は

 

 

「心が通うコミュニケーション」が

できていないかもしれません。

 

 

 

コミュニケーションから

見直すことって

妊活では遠回りに感じる

かもしれませんが、

 

 

 

実は一番の近道に

なりますよ^^

 

 

 

2.甘い飲み物が「精子濃度」に与える影響

 

今日は一つ、

今の時期に気を付けて欲しい

甘ーい飲み物に関連する文献を

ご紹介します。

 

 

ご主人にも

会社でどんなものを飲んでいるか

是非聞いてみてくださいね!

 

 

 

 

 

==================

★対象:アジア人男性 7282人(健康な18歳以上の台湾人)

 

★目的:食事パターンと精液の質の関連を調査

 

★期間と方法:

 

・2008年から2013年までの

医療スクリーニングプログラムに

参加した対象者による横断研究

 

・食事アンケートを使用し、以下の5つに分類

①「健康的な食事」

②「洋風の食事」

③「高炭水化物な食事」

④「糖分の多い間食とその飲み物」

⑤「高塩分食」

→精子濃度、運動性、正常精子形態との関連を調査

 

★結果

 

「洋風の食事」の摂取量↑=精子濃度【減少】、正常精子形態【減少】

 

「糖分の多い間食とその飲み物」↑=精子濃度【減少】

 

「高炭水化物な食事」の摂取量↑=異常な精子運動性の【有病率が上昇】

 

「高塩分食」の摂取量↑=異常な精子運動性の【有病率が上昇】

 

===================

 

 

現代は、洋風の食事が多く

 

忙しいために、コンビニ食や

お弁当を買ったりする方も

多いのではないでしょうか?

 

 

毎日の積み重ねが

私たち一つ一つの細胞を

作り上げています。

 

 

 

 

飲み物一つとっても

自動販売機で気軽に

ちょっと一服…と

「甘い缶コーヒー」を

ぽちっとしてしまっていませんか?

 

 

 

 

 

人間は甘いものがおいしく感じられる

ようにできています。

 

 

 

 

 

健康を維持するためにも

「今」から意識を是非変えていきましょう♪

 

 

 

 

 

【参考文献】
(※1)

The Association between Dietary Patterns and Semen Quality in a General Asian Population of 7282 Males

著者:Chin-Yu Liu他

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26218796

(2020/12/2参照)

 

 

12月限定5名様

特別価格での単発カウンセリング
\ ご案内は公式LINEにて /

ニコ公式LINEアカウントはこちらニコ

友だち追加

 

お友達になっていただくと

クローバー妊活情報

クローバー妊活レシピ

クローバー妊活でのメンタルの整え方

クローバーカウンセリングのお得なご案内
などが届きますニコニコ

 

ご感想もこちらからお待ちしておりますドキドキ

 


 

 

ドキドキクローバー毎日のイメージを大切にクローバードキドキ


 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございますおねがい

 

 

 

 

▼ぽちっと応援よろしくお願いしますニコニコ

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ