夫の13回忌と愛犬たちの

納骨の後に向かったのは...

 

 

 

能登の被災地へ。

 

金沢から車で2時間、

 

能登海岸は隆起して

以前訪れた景色とは

全く違うものになっていました。

 

imageimageimage

 

 

半年経って報道は少なくなりましたが

被災地は未だこんな現状です。

 

image

image

imageimage

image

image

 

 

輪島の朝市商店街の火事の跡は

まるで原爆の後のような状態...

 

imageimageimageimage

 

 

能登は5年前に訪れて

とても思い出に残っている

素晴らしい町でした。

 

商店街のおじちゃんやおばちゃん

元気にしているかな?と

ずっと胸が苦しいです。

 

 
 
 
今回は、能登地震を機に立ち上がった
仮設住宅、介護保険施設など訪問。
 
 
ありんこさんはこれまで
いくつかのセミナー収益を
全額寄付などさせて
いただいた団体です。

 

 

 

こちらが「ありんこの家」です。

 

こちらに集まった物資を運んだり

県外からのボランティアの方が

寝泊まり、子供たちの居場所に

なっている場所です。

 

image

 

このすぐ横の家などは

倒壊したままになっていますが

この家はなんとか被災を免れ

このような場所になっています。

 
image
 
 
以前も呼びかけさせていただいた
クラファンについては
目標金額以上の300万円を達成し
 
被災地に来て長期で働いてくださる
作業療法士や看護師さんの
報酬を賄っています。
 
 
こちらは介護保険施設ですが
本来ここには利用者さんは
寝泊まりしないのですが、
 
家がなくなり溢れた高齢者の方が
多く寝泊まりされていて
とにかくケアする方の
人手が足りない状況です。
 
image
 
 
2週間以上滞在して手伝える方は
是非私のインスタにDMをください。
 
(手当も出せるようにしています)
 
 
こちらは元々体育館ですが
こちらも寝泊まりできる
ようになっていて
 
この日は子供達が集まり
遊び場になっていました。
 
 
imageimage
 
名古屋から毎週ボランティアに
来ている皆様(学生も♡)
 
被災した子供たちの憩いの場を
提供していて素晴らしいなと
思いました!
 
imageimage
 
 
ちなみに被災地ではこうして
段ボールを上手に組み立てて
ベッドや家具を作っていました。
 
(座ってみましたがかなり丈夫!)
 
imageimage
 
 
ちなみにお風呂も入れないので
ボランティア団体の方が
街にこのような浴場を
作ってくれていました!
 
imageimage
 
多分、今普通に生活している
私たちからしたらまだまだ
信じられない状況です。
 
 
その後は、仮設住宅へ。
 
image
image
 
 
仮設住宅の中には集会場があり
こちらは住人の方たちの
交流の場になりますが、
 
やはりこちらも外部からの
ボランティアの方によって
炊き出しやイベントなど
行われています。
 
image
image
 
虫除けのための「オニヤンマ君」
を作るおばあちゃん☺️
 
 
この日は流しそうめん大会でした!
 
image
 
私も一緒にいただきました♡
 
image
 
 
こうした場は、子供たちと
お年寄りたちが関わり合える
とても良い場所だなと思いました。
 
 
被災地以外でも各地域に
こうした場がこれからは
特に必要だと思います。
 
 
子供は地域の大人たちが
みんなで育てればいいし
 
(お母さんが無理しないで!)
 
それはお年寄りたちの
楽しみや生きがいにも繋がりますし
 
子供や私たち大人もお年寄りたちから
学ぶことはたくさんありますキラキラ
 
 
 
今回アテンドしてくれたのは、
 
私のサロンメンバーでクラファン発起人、
現地ボランティアを長期で
行っている高橋くんと、
 
NPOありんこ代表のほりぐちさんとラブラブ
 
image
 
 
現地からゲリラインスタ
LIVEもして色々語っているので
是非ご覧いただきたいです!!!

image

 
 
仮設住宅に住むおじいちゃんの
お家にも訪問して色々お話も
伺わせていただきました。
 
image
 
仮設住宅に入居されている方の
多くは高齢者で単身の方が多いです。
 
仮設住宅には2年しか
いられないのですが
正直2年で家に戻れるように
なれるとは思いません。
 
image
 
こうしたことが日本に溢れている
社会問題だと思います。
 
 
根本解決が必要ですし、
もっともっと私たちは
分かち合い、協力し合って
生きていくことが大切だと思います。
 
例えそれが他人だったしても。
 
 
私はもっとこの社会が
思いやりと愛が循環する
世の中にしたい...
 
 
 
私は美容サロン経営時代
サロンスタッフや希望者を募り
 
デイサービスや被災地での
マッサージやメイクの
ボランティア活動を
定期的にしていましたが、
 
その時の経験は人生の糧になっています。
 

 

長谷川朋美オフィシャルブログ「BEAUTY☆LIFE」Powered by Ameba

 

 

 

ビューティーライフクリエイター長谷川朋美のBeautiful☆Life
ビューティーライフクリエイター長谷川朋美のBeautiful☆Life

 

 

ボランティアって

人間の本来の喜びとか幸せとか

生きがいを見出せると思う。

 

 

人生に行き詰まっていたり

今悩んでいたりする人は

海外ボランティアに

出るのも良いですが、

 

日本の被災地ボランティアに

長期で行ってみるのも

凄く気づきになると思いますよ😌

 

 

あと出会いがないないと言っている

婚活したい方もボランティアで

出会いとかもあるんじゃないかな〜

 

同じ価値観や目的の人と知り合えて

飲み会に行くよりよっぽど良いかと!

 

 

 

最後は、輪島塗りのお店にも

立ち寄りました。

 

 

工房が被災してしまっても

トレーラーハウスを運び

そこで営業しているお店も。

 

工房↓

image

 

トレーラーハウスで仮営業↓

imageimage

 

でもめちゃくちゃオシャレw

 

imageimage

 

 

輪島の駅は未だこんな感じで

電車も通っていませんが

(道もボコボコのまま)

 

imageimageimage

 

 

なんとか倒壊を免れたお店で

応援のためにも輪島塗りを購入。

 

imageimage

 

きれいに見えますが当時お店は

ぐちゃぐちゃでなんとか

救出できた商品をきれいにして

販売されているそう。

 

 

こちらを購入したのですが

箱根の施設に置くことにしたので

訪れた方はこのお皿を見たら

能登の方を想ってください。

 

image

 

 

現地は物資よりも

人手が足りていない現状ですが、

 

現地に行きたくても

さまざまな状況で行けない方も

いらっしゃると思います。

 

 

せめて支援だけでも、という方は

ぜひ全額寄付に回るこちらの

セミナーアーカイブをご購入ください!!

 

(5,000円です)

 

とっても良い話をしていますので

是非多くの方に聞いてほしいですお願い

 

 

image

 

 

これからもまだまだ継続して

支援が必要です。

 

私たちはできることを

していきましょう!!!

 

 

 

サロンメンバー募集中

 

公式LINEスタートしました