競泳小関選手が暴行

世界選手権銀   代表合宿で後輩殴る


今日日本代表で昨年の世界選手権男子200㍍平泳ぎ銀メダルの小関也朱篤選手(25)=ミキハウス=が、昨年11~12月にスペインで行われた代表合宿中に同じ所属の天井翼選手(23)に対し暴力を振るっていた。関係者が11日、明らかにした。ミキハウスは小関選手に対し、3月末までの対外試合出場自粛と代表活動の辞退、減給などの処分を科した。

ミキハウスによると、小関選手は、天井選手が練習後にサッカーをして遊び、一緒に担当するはずだった炊事当番に遅れてきたことに立腹し、腹部と顎を一発ずつ殴ったという。天井選手は顎に違和感が残り、現地の病院で診察を受けたが骨折などはなかったという。小関選手は天井選手に謝罪し和解したという。

小関選手は2016年のリオデジャネイロ五輪に出場し、平泳ぎ200㍍で5位入賞。20年東京五輪でもメダルが期待されている。【村上正】

1月13日付「毎日・大阪版」より


以上記事本文


競泳界でも暴力があったことが明らかになりました。昨年暮れにスペイン合宿中の出来事のようです。後輩選手に対して暴力があったとのことです。

この分だと、他の競技においても暴力が監督や、コーチ、先輩選手から、チーム内で相対的に弱い立場にある若手選手に対して行われている可能性があります。それがごく希であるのか、あるいは日常的なものであるのかははっきりしませんが、一度JOCは調査する必要があるように思います。

暴力は日本のスポーツ界にとって、「明治」以来の宿痾のようなものとなっています。暴力の根を徹底的に断ち切る必要を感じます。