よしおのクラシック日記

よしおのクラシック日記

クラシック音楽大好きなよしおの日記です。クラシック音楽リスナー歴50年の経験から、笑いと涙と感動のクラシック名盤をご案内します。

こんにちは、

よしおです。

 

新型コロナウィルス禍により予約受付が延期になっていた『ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会』が、ようやく10月5日から開始されることになりました。

↓ ↓ ↓

ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会

 

 

2003年より始まって今年で18回目。

僕は2015年から5年連続、聴きに行っています。

 

あとは、なんとか開催されることを祈るのみです。

なんと言っても今年は、ベートーヴェンの生誕250年、そして指揮者の小林研一郎の80才の記念すべき年です。

 

なお、小林研一郎は、名門チェコフィルハーモニー管弦楽団とベートーヴェンの交響曲全集を録音しています。

ぜひ、悠然たる演奏と深い響きを堪能ください。

 

 

ベートーヴェン:交響曲第4番、第6番「田園」

 

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

 

ベートーヴェン:交響曲第8番&第9番「合唱」

 

ベートーヴェン:交響曲第1番&第7番

 

ベートーヴェン:交響曲第2番&第5番

 

こんにちは、

よしおです。

 

最近、井上道義の録音を続けて聴いています。

昨日も、井上道義指揮で新日本フィルとのマーラー交響曲第1番"巨人"を聴きました。

 

これが名演なんです。

ライブ録音でしたが、演奏終了後のブラボーの嵐にその演奏の素晴らしさが想像できます。

 

しかし、あのブラボーおじさんたち、何とかならないものかね!

演奏が終わるか終わらないかでワメクのは止めて欲しい!

 

演奏の素晴らしにブラボーと声をかけるのがいいです。

僕はやりませんが嫌いではありません。

 

しかし、しかしですよ。

 

きちんと一呼吸おいてやってほしいのです。

少なくても、指揮者が、きちんとタクトを降ろしてから一呼吸おいてブラボーと叫んで欲しいです。

 

あの蛮声を発する輩は、自分が一番でなくてはならないの思っているのか。

とにかくコンサートのマナーは、人より先に拍手をしないです。

もちろんブラボーも人より先に言わないことです。

 

せっかくの演奏が台無しになってしまいます。

 

 

チャイコフスキー:交響曲第4番、ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

このCDも素晴らしいです。もちろんマーラ共々おすすめです。

 

こんにちは、

よしおです。

 

カレル・アンチェル(1908-1973)、チェコのボヘミア生まれ。

1908年生まれと言うと、カラヤン、朝比奈隆と同い年。

 

共通するのは、第二次世界大戦時は、30代の働き盛りでしたが、当然みなさん苦難の中で過ごされました。

とりわけ、ユダヤ系ということで、アンチェルが家族を失うという悲劇を体験しています。

 

そんなことを事前に知っていた僕は、逆にアンチェルの録音をなかなか聴き出せませんでした。

しかし、聴きだしてからは、その情に流されないキリリとした演奏が、返って胸を打ちました。

 

アンチェルこそ、真の芸術家で職人だったと思います。

 

 

こんにちは、

よしおです。

 

クルト・ザンデルリンク(1912-2011)は、99歳の誕生日の前日に98歳の天寿を全うした指揮者です。

長らく旧ソ連でムラヴィンスキーの下でレニングラードフィルの指揮者を務め、その後東ドイツで仕事をして、

70年代に入ってクレンペラーに乞われフィルハーモニア管の首席客演指揮者として西側でも活躍するようになりました。

 

定評あるブラームスの交響曲では、アナログ時代にシュターツカペレ・ドレスデンとデジタル時代には、ベルリン交響楽団の全集録音があります。

 

でも個人的にはシュターツカペレ・ドレスデンとの録音がいいですね。

 

 

こんにちは、

よしおです。

 

ロリン・マゼール(1930-2014)。

神童と言われ、長らくクラシック指揮者として亡くなるまで活動を続けました。

 

2010年の大晦日に、ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会で80歳にして9つの交響曲を全て演奏するという快挙を成し遂げました。

2012年9月には、82歳にして名門ミュンヘンフィルの首席指揮者に就任して、翌月にN響の定期演奏会を振るため再び来日し、「らららクラシック」にベスト出演。

 

そして翌2013年には、ミュンヘンフィルを来日を果たすなど精力的に活動しています。

その来日記念盤と発売されたのは、このブルックナー交響曲第3番です。

 

チェリビダッケのもとで薫陶を受けたミュンヘンフィルと巨匠マゼールの個性がぶつかり合った重厚で華麗なブルックナーです。