ちょっとあれこれあって
きちんとピアノを弾いていなかった、ここ1週間。
先日、久々にどっぷり浸かりました!

自分の音って、弾いてる感覚と実際に聞いた感覚は結構ギャップがあり。
録音してる人は皆、思うだろうけど。
アトレーユは、滋味溢れる感じ?
よく言えば落ち着いた、ぶっちゃけて言えば地味な音(笑)

ベトベンLOVE、なのだが、
多分、音に似合うのはシューベルト。
重さを加えるとブラームスも、かな。
シューマンは当分不要(笑) 
辟易するくらい『謝肉祭』に浸かってて
もぅ完了! よしとする。

このベトベンとシューベルトの違い。
どちらも好きなのはたしかだけど

異性の好みと現実の彼氏のギャップ、

みたいな(笑)

いや、幸せいっぱいラブラブモード☆なら
なんでもいいんでしょ?(笑)
…好きにしろ(笑)

などと言いながら
ラブラブモード全開な曲
Seit ich ihn gesehen『彼に会って以来』
(シューマンの歌曲『女の愛と生涯』より)
を、ピアノでなぞってみたり。

なんだよー!
シューマンはもぅ、お腹いっぱいじゃなかったの?(笑)