当院の新型コロナウイルス対策を紹介します。

絶対に、感染しない、させないと責任を感じながら診療にあたっています。

まず、私たち歯科医師、衛生士、歯科助手は全員
手袋、防護服、防護メガネ、サージカルキャップ、フェイスシールドをして診療しています。


また、

を心がけています。

受付は、飛沫感染防止のため、透明シートをしています。
また、
待合室での密集、密接を避けるために、車で来院の方は、出来るだけ車にて待っていただいてます。



玄関のドアを含め、すべてのドア、窓を開けて換気しています。




いつでも、誰でも、アルコールで消毒出来る様に様々な場所に置いてます。

また、1番皆さまが気になってらっしゃる、歯科用器具ですが、全ての器具を滅菌しております。

ただ今診療で使用した器具を診療が終わり次第、全て滅菌しているため、滅菌器をフル稼働にしても滅菌の時間がかかるために器具が間に合わない状態です。
なので、今月末には滅菌器がもう一台入荷予定なので、今より早く診療室内にお通し出来ると思います。



また、滅菌する前には、切削器具の中の血液型等を取り除くため油洗い等洗浄したのちに、滅菌しております。


私たちスタッフも、患者さまも誰一人感染させない!と強い気持ちを持ち、私たちが出来る感染予防を最大限行うことによって、私たちスタッフも患者さまも安心して診療できると考えています。

現在、ヨードでのうがいが新型コロナに有効であると考えられていますので、患者さまには、お手数をおかけしますが、子供を含め全ての患者さまに診療前にヨードうがい薬にてうがいを行ってから治療を開始しております。

これから先も、何か予防で出来ることはないかと考えながら診療を行なっていきたいと思います。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。