透明感を出すベースメイクの選択とは? | 〜美しさをプロデュース〜美人COMPANY社長のブログ

〜美しさをプロデュース〜美人COMPANY社長のブログ

かかわる方をより美しく、
美しさをプロデュースする美人COMPANY社長のブログ。


テーマ:




何気ない工程で、
何気なく使ってるベースメイク類について
みなさんに伺うと
いくつかパターンがあります。



①UVクリーム or 下地 →リキッドファンデーション→プレストパウダーorルースパウダー


②UVクリーム→下地 →リキッドファンデーション→プレストパウダーorルースパウダー


③UVクリーム→BBクリーム→プレストパウダーorルースパウダー


④BBクリーム→プレストパウダーorルースパウダー


他にCCクリームやクッションファンデもありますが、おおよそ①〜④に当てはまる方が多い。




ベースメイクのポイントは
いかに透明感のあるお肌に見せるか?
というところにあります。


ですから、
重ねて使うものが本当に必要かを
吟味することが大事なんですね。


UVクリームと下地を一緒に使ってる方に伺うと、日焼け防止になんとなく使っている…

といったような回答が多いのも事実です。


たとえば②の場合、

最初に塗るUVクリームは日焼け防止アイテムです。下地はその次に使うファンデーションを滑らかにお肌にのせるためのベースアップ。
じゃあ、下地の日焼け防止効果については下地だけじゃなく、下地、ファンデーションに含まれるSPFが十分な数値であれば、UVクリームを塗らなくても日焼け対策はできてしまうということ。
すなわち、UVクリームは下地やファンデを塗らないか、SPF値が十分でない場合に使うもの。
あるいは、夏のアウトドアで日焼け防止を重視する場合に高いSPF値のUVクリームをつける。

といったように、それぞれの用途をしっかり理解することが大切なんですね。

②③のようにテクスチャーが比較的硬いUVクリームの上に重ねづけでベースメイクを仕上げると、どう頑張っても、厚塗り感とヨレ・浮きの原因を作ってしまいます。


SPF値については是非こちらを参考に↓



まとめると、
日焼け対策としてのSPFが十分なら、
ベースメイクからUVクリームは除外したほうが
透明感を出しやすいということ。


そして
ベースメイクの仕上げに使うプレストパウダーやルースパウダーがヨレやすい方は、
艶肌パウダーに切り替えていただきたい^_^





                         

たくさん使いたい!のお声にお応えして、
『艶肌マスク5箱に1箱プレゼント』販売中!
                                                              

                                                               



LEE2017年12月号
「美容賢者も認めた神コスメ」トーンアップ部門第1位いただきました❣️ 
{E22FE005-265D-4917-B58E-7202EC3BFBAA}                                                               

*自然な艶肌に仕上げる艶肌パウダー*  
                                                                                           
                                     

                                                                                                                                                                                                               Facebookページはこちら⬇︎









美人プロデューサーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント