【日常】とりあえずやってみると意外にも

テーマ:
日々変わらぬ毎日です。

日本人は島国なので基本的には保守的で変化を嫌います。えーえーえー

僕なんか特にそれ。。。
仕事でも生活でも、今やれているレベル、環境で十分満足してるタイプです。

先週、ちょっと変わった仕事を任され、最初はすごく嫌でした。💦

嫌ってよりは、出来ないからやりたくないってのが本音。

ただ、任された以上、それなりに失敗しないようこっそり練習して本番をむかえました。

結果、案外簡単にできた❗️ニヤリニヤリニヤリ

やはり、とりあえずやってみるってのが大事なんだと感じた一日でした。

やれないにしろ、不安もあるが、とにかくひたすらやってみる❗️



【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポを⑦

テーマ:
【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポ⑥の続きです。^_^


ここもかなり傾斜がついていて登るのも一苦労❗️


そんなパンパンな足でついに❗️
頂上へ到着。てへぺろてへぺろてへぺろ


頂上は景色を見るところがありませんのでお見知りおきをパーパーパー

今回、なんだかんだで頂上へ行くことができました。

まだまだ体力があることが確認できました。
さらに、いろいろな箇所をじっくり見たかったんだけど、そろそろ旅の時間です。

愛知県へ戻ることにします。

楽しい連休になりました。





【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポ⑥

テーマ:
【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポ⑤の続きです。


ここまでくると、さすがに皆下山していきます。


だから鳥居の写真はここから撮り放題です。

もしくは、足がパンパンで皆と同様、下山をオススメしますが僕は頑張って頂上へアタック❗️

ぜんぜん人がいない。





ずっと人がいない。
とにかくひたすら歩く。🚶‍♂️🚶‍♂️🚶‍♂️



ここが一番の難所でした。
角度をつけて撮った訳じゃないです。
ホントにこんな角度で足が💦


14番まで行けば頂上です。
あともう少し⁉️

続く。


【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポ⑤

テーマ:
さてさて、下のガイド図で右下の場所が現在地。

ここから山頂へ目指します。

前回記事にも書きましたが、たいていの人はここで戻っていきますので半分くらいは人混みは解消されます。


とはいえ、まだまだ次のスポットがあるため人の混雑はややありますね。
٩( 'ω' )و


千本鳥居を写真を撮りたかったら、ここから撮ったほうがゆっくり焦らずに撮れます。

また、千本鳥居イコールこんな感じですが、実は裏からの方が人気です。

奉納した企業や個人名が彫り込まれたものが外国人から絶大な人気を得ています。



第2のスポットとして、みなさんはこれを見るために登ってます。



ここまで来てだいたいの人は降りています。
又、ここまでくれば太ももはパンパンです。

続きます。

【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポ④

テーマ:
【旅の記録】京都伏見稲荷大社レポ③の続きです。

なぜ大渋滞になってしまうのか⁉️
① 写真を撮る人が多く、立ち止まってしまう。
② ほとんどの人がおもかる石に行くのが
     目的だから。

だいたいこんな感じです。



おもかる石は、最初の鳥居をくぐってから約10分くらいで到着します。

おもかる石は、最初に自分が叶えたい願いをかけて、石の重さを想像します。
⬇︎
そして石を持ち上げます。
⬇︎
その石が、自分の思っていた以上に重かった場合はその願いは叶わない、逆に想像していた以上に軽かった場合ひ叶うというもの。

皆、これがやりたいから大渋滞をおこします。

さて、ここで若干ではありますが人混みが緩和されます。



続きます。