【北もアツいが南もアツい! 北九州記念】

 8/18(日)は夏競馬クライマックス! G1級メンバー勢揃いの夏の本場所、札幌記念が北海道で行われますが、18日はそれだけではないのです! 小倉では50年以上の歴史を誇り、かつては『小倉三冠』の1つであった伝統のレース、北九州記念が行われるのです! かつてはよくあるローカル競馬場の「◯◯記念」のように芝中距離の重賞でしたが、夏のスプリント路線を盛上げるためか、2006年からは『サマースプリントシリーズ』の1つとして、距離1200m、電撃の6ハロン決戦となったのです。

 

【どの陣営が本気なのか?】

 さて、レースに参加する馬の陣営は、いろいろな意図を持っているというのはご存知でしょうか?

 

 ・休み明けなので1回叩いて次の大レースに望みたい

 ・G1に出たいので、除外されないようになんとしても賞金がほしい

 ・クラブ馬なので走る回数が決まっており、規約としてレースに出なければいけない

 ・馬主さんが夏休みで地方に行くので、その時に持ち馬が走っててほしい

 

 などなど、レースに出る時はただ出て勝ちたいというわけでなく、色々な意図が絡んでいることがあるのです。我々としては当然「勝ちに来ている」馬を選びたいところですが、ではその「勝ちに来ている」陣営はどこなのでしょうか?

 

【有力陣営の本気度をチェック!】

・モズスーパーフレア 本気度 50

 スプリント重賞勝ち経験のある有力馬。しかしここは5ヶ月の休養明けから復帰した1戦目であり、本命は秋のスプリンターズSと考えると、ここをメイチには仕上げてないでしょう。

 

・ディアンドル 本気度 70

 5連勝中の3歳牝馬。一応「重賞」扱いの葵Sは勝っていますが、秋の短距離G1に出るにはもう少し賞金を積立てておきたいところでしょう。しかしこちらも本番は秋でここ始動地点、メイチには仕上げていないところと見られます。実力はありますが。

 

・ファンタジスト 本気度 70

 こちらもディアンドルと立場は同じで「重賞勝ちはあるが、賞金を積み立てて秋へ向かいたい」というところです。小倉1200m勝ちの経験があるだけに、仕上げなしでも能力で押し切ってしまうかもしれませんが。

 

・アレスバローズ 本気度 120

 ……実は、今回はこの馬が最も陣営が本気だと思われます。

さて、それはなぜでしょうか?

 

【サマースプリントシリーズとアレスバローズ】

 さて、先にも書いたとおり、このレースは『サマースプリントシリーズ』の1戦として位置づけられています。サマースプリントシリーズは

 

 函館スプリントステークス

 CBC

 アイビスサマーダッシュ

 北九州記念

 キーンランドカップ

 セントウルステークス

 

 の6戦で、1-5着に入った馬にポイントを加算していき、総合で最もポイントの多かった陣営に賞金4000万円を授与するという夏競馬を盛上げるための施策の1つです。例年このタイトルを狙いにいく馬が上記のレースに出走するため、レースにそれなりのメンバーが集まってきます。さて、今年のポイント状況はと見ると……

 

 6/16 函館SS 1着カイザーメランジェ

2着アスターペガサス 3着タワーオブロンドン

4着ダイメイフジ 5着ペイシャフェリシタ

 

 6/30 CBC賞  1着レッドアンシェル

          2着アレスバローズ 3着セイウンコウセイ

          4着キョウワゼノビア 5着ビップライブリー

 

7/28 アイビスSD 1着 ライオンボス

            2着 カッパツハッチ 3着オールポッシブル

            4着 トウショウビスト 5着レジーナフォルテ

 

 おわかりいただけたでしょうか。今のところ各レースで複数上位に入っている馬はおらず、単純に勝ち馬や2着に入った馬のポイントが高いだけなのです。では、今後のサマースプリントシリーズがどうなるかを見てみると……

 

 カイザーメランジェ 函館SS1着)→アイビスSD7着)→キーンランドC予定

 アスターペガサス 函館SS2着)→キーンランドC予定

 レッドアンシェル CBC賞(1着)→スプリンターズS予定

 アレスバローズ CBC賞(2着)→北九州記念予定

 ライオンボス   アイビスSD1着)→キーンランドC予定

 カッパツハッチ アイビスSD2着)→次走未定

 

 と、レッドアンシェルはすでにスプリンターズSを予定しているのでサマースプリントシリーズの優勝争いからは除外され、カイザーメランジェ・アスターペガサス・ライオンボスはキーンランドCに登録予定です。

 状況をまとめますと

 

 ・サマースプリントシリーズに優勝するには複数のレースで上位に入る必要がある

 ・キーンランドCでポイント上位馬がつぶしあう状況。

 ・サマースプリントシリーズ優勝に関係があり、北九州記念に出場予定なのは

  CBC2着のアレスバローズだけ!

 

 つまり、アレスバローズとしては「ここを勝っておけばサマースプリントシリーズ優勝に王手をかけられる」のです! 

 

 【アレスバローズが本気な理由を整理】

 ・ここで勝てばサマースプリントシリーズ優勝に王手

  北九州記念で勝っておけば、キーンランドCではポイント上位の3頭が潰し合うため、優勝の可能性が大きく高まる

 

 ・一時的にポイントが劣っても、北九州記念を勝っておけばまだ逆転できる

  仮にカイザーメランジェ・ライオンボスが勝ったとしてもセントウルS9/8のため、アレスバローズは出場してポイントを稼ぐことができる。逆にキーンランド組はセントウルSに出るのはスケジュール的にほぼ不可能。

 

 現在のポイント

  カイザー 10点+アイビスSD1点+キーンランドCのポイント

  アスターペガサス 5点+キーンランドCのポイント

  ライオン 10点+キーンランドCのポイント

  アレス  05点+北九州記念勝利で10ポイント=15ポイント

 

  カイザーがキーンランドCを勝つ(21点)

   → アレスが北九州記念とセントウルSを連覇すれば25点で単独1

  カイザーがキーンランドC2着(16点)

   → アレスが北九州記念を勝ち、セントウルSを完走すれば16点で同点1

  アスターペガサスがキーンランドC1

   → アスターペガサスが15点、カイザーとライオンは16点以下になるので

     アレスが北九州記念を勝ち、セントウルSを完走すれば16点で同点1

  ライオンボスがキーンランドCを勝つ(20点)

   → アレスが北九州記念を勝ち、セントウルS2着以上なら優勝

 

 ・G1よりもサマースプリントシリーズの賞金狙いの可能性が高い

 アレスバローズはすでに7歳でこれ以上の劇的な上がり目が見込めない以上、G1のチャンスを伺うよりもここで勝利し、サマースプリントシリーズの賞金4000万を狙いでメイチに仕上げている可能性が高い。

 

 これを見ると、最も北九州記念を勝ちたい陣営がどこかということがわかるはずです。そう、サマースプリントシリーズの優勝賞金4000万目当てのアレスバローズ陣営こそが、最も本気でこのレースを狙いに来ているのです!

 

 

 

 【まとめ】

 ・モズスーパーフレアはここでは本気ではない。

 ・ディアンドル、ファンタジストは賞金狙いには来るだろう。

 ・アレスバローズ(陣営)はサマースプリントシリーズのためにメイチで仕上げてくる。

 

オススメの競馬予想サイトは馬

右矢印http://fm.okawa-god.jp/?action_FrontDesk=true&id=7ae9911af6&ad_code=td00011

 

馬馬今週のおすすめ競馬予想家馬馬

OK血統予想で3連単 オススメ度★★★★★
https://coconala.com/services/689609

花火的中率で選ぶなら オススメ度★★★★
https://coconala.com/services/853139

 

 

ポチポチとお願いします。↓
にほんブログ村 競馬ブログへ