Another Sky  〜パリの夕暮れ〜 | ルチアーノショーで働くスタッフのブログ

Another Sky  〜パリの夕暮れ〜

 灼熱の太陽が容赦なく照りつける梅雨の晴れ間、列島各地で猛暑日が続く。南方では立て続きに台風が発生し激しい雨が襲いかかる。四月の長雨に五月の真夏日、火山の噴火に頻発する地震、天変地異の不吉な予兆なのか。
 LucianoShow支配人米澤です。

夏

 7月14日、今から遡ること226年、1789年のこの日、パリのバスティーユ襲撃に端を発した騒乱はフランス全土に飛び火し、自由・博愛・平等を掲げた共和制が成立、栄華を極めたブルボン王朝、国王ルイ16世をギロチンによる処刑へと追い込む。
 現在、フランスではこの日を祝日とし、毎年、シャンゼリゼでの軍事パレードやエッフェル塔からの花火打ち上げなどで華やかに祝う。今宵のパリも大いに盛り上がっていることだろう。

凱旋門 エッフェル塔

♪Au Champs-Élysées♪
 ♪Au Champs-Élysées♪
(“Les Champs-Élysées” by Daniele Vidal)

 花の都パリ。大雑把にいうと、パリの街は東京、山手線の環内ほどの広さ、その中に多くの名所がひしめく。北西部のモンマルトルの丘からはサクレクール寺院が静かに街を見下ろし、著名な芸術家や作家たちが若き日々を過ごしたモンパルナスやサンジェルマン・デプレには、彼らの思いが宿るのか、独特の情緒が今も残る。エッフェル塔に凱旋門、ノートルダム大聖堂に、ホテル・リッツのヴァンドーム広場、魅力は尽きない。

セーヌ河2

 あれからどのくらいの歳月(とき)が経ったのだろうか。
 夕暮れ時、重厚な構えの凱旋門を背にシャンゼリゼをひとり歩く、ジョルジュ・サンク通りとの交差点を右に折れしばらく行けば、沈みかけた夕陽が水面(みなも)に揺れるセーヌ河が見えてくる。目を上げればタイトアップされたエッフェル塔が茜色の空に美しく伸びる。

橋 セーヌ河

金はなかったが、時間はあった。バゲットを嚙り赤ワインを流し込む、行き交う人たちをただ眺めていた。美術館でモネやルノワールの絵画を一日中観ていたこともある。

モネ

 あの頃の時間がどんな意味を持つのかは分からないし、描いていた将来(ばしょ)にも立ててはいない。けれど、今もあの街の空に思いを馳せる時、何故か心落ち着く。それでいいのだと思う。
 それでは、本日のBGMを。 “La Vie en Rose” by Edith Piaf



 さて、昨年末、赤坂の街を後にしたルチアーノショー、再スタートに向けての準備が着々と進む。新店舗オープンを前にファミリー総出でパリの街を訪れるという噂がある。蝶タイにカマーバンド、シャンパン片手にシガーを燻らす。どこに行こうとルチアーノ・スタイルは変わらない。

ルチアーノショー

 開業準備室ではマイク・タケダがその日のために日々、自撮りの特訓を続ける。自撮り棒まで揃えるほどの力の入れようだ。幸運を祈る。

タケダ

 新店舗にて、皆様のご来店をお待ちしております。