色々な真実 | ☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆

☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆

宇宙とリコネクトし、シンクロニシティを感じ、導かれ、無限の扉を開けて、光の存在であることを思い出し、愛と歓び、光と輝き、平和と奇跡に満ちた毎日を過ごしてみませんか?人生のCreatorはアナタご自身です。

 

 

 

 

Twitter から

 

 

やはり!!!暴動があったようですね。少し前にこちらのツイッターにて予告(予言?)しましたが、今度はインドネシアだそうです。確かに暴動のエネルギー感じましたから…現地在住日本人の方々は大丈夫なのでしょうか?ご無事を祈ります。

 

ちょっと辛口コメント!といっても「真実」だから感じていること書きます。自分のツイッター(空間)ですから、「表現の自由」「言論の自由」ということで…ご了承下さい。でも‥ここでの詳細は控えよう。日曜日の「虹の学校」で少しお話することにします。どういうことか?というと、例え文章が一瞬

 

見た感じキレイに書けていても、それは「集客のためだけ(?)」であって、また「一方的な話は出来ても」それは自分のエゴ?の話したいことだけをマシンガントークしているのであって…本当にクライアントさんたちの身になれる人、クライアントさんたちの気持ちになって、それをサポート、導ける人って

 

いないよねぇ~!!!残念ながら。カウンセリングやコーチングなども、全然ハートや魂からできていない!やってない!表面的なものだけ、人生経験が薄いと(深くないと)もちろんそれだけの「深さ」や「人間味」といったものがないので、器も小さくなってしまうのでしょうけど、それでも「ン十万円!」

 

といったセッション料金やコンサル料金などを要求する割りには、カウンセリングもコーリングもまったくできていない!!!人たちが多い!!!「類は友を呼ぶ」で、そういった人たちのところにはそういった人たちが集まるのかもしれないけど、そういった「本気じゃない人たち」を見ると(出会ってしまう

 

と)なぜか深いところからフツフツフツ…とマグマのように湧いてくるのはどうしてだろうか???正直いうと(言ってもいいですか?書いてもいいですか?)…止まらなくなりそうなので、やめておきます…。

 

国会議員の丸山って人…彼の信じられない発言が問題になっていますよね?普通はこんなこといわないようなニュースキャスターや弁護士まで「この人本当〇カだよね」とみんな呆れて言葉も出ないくらい恥ずかしい言動を連発。謝罪しても心がまったくこもっていない謝罪で周りをもっと不快な気持ちや感情(

 

怒り)を逆立てる人…。そして国会議員…だそうで。その様子や言動を見ていて思ったんだけど、「こういう人いるいるっ!たくさんいるよね!」って思った。多くの人たちも彼に対して意見を述べているけど、「こんな風に一見知的そうに見せるために難しい言葉を使っているけど、行動が全然伴っていないし

 

中身がまったくない!本当〇カ!としかいいようがない…」なんて意見をみんなが言っていて、正直「ごもっとも!です」と感じた。国会議員だけじゃなくて、最近こういうタイプの人たち多くないですか?チャネリングでもそうだけど、(ずいぶん前、昔からお伝えしていますが)ただ「難しい言葉を使えば

 

それは神の言葉だ!」とか「高次元の存在たちからのメッセージである」とか「高次の存在たちにつながっている!」なんて大きな大きな大きぃ~な勘違い!している人たち多いですよね~。前からいっているけど、それは「人間の複雑な頭の中を表しているもの」であって、高次宇宙にいけばいくほど、とても

 

シンプルで、みんなにわかるように伝えてくれるし、そうするように導かれる。話は戻るけど、自分の周りでも国会議員の丸山って人のようなタイプいます。難しい言葉や熟語使って、自分たちのアイデンティティをアップするけど、全然行動は伴っていなくて、話も「光の軸」がないのです。「光の軸」じゃな

 

くても「ただの軸」もなくて、いうこと、話すことコロコロコロコロ変わって、「筋がない」のです。「筋が通っていない!」どころか、その通るための「筋がない」のです。こういう人と真剣に話していると、こちら側(の精神状態)がおかしくなってくる(やられてしまう)ので、最初は大変!でした。

 

きっと思考や頭の中が違うのだ!と完全にわかってからは(腑に落ちてからは)それなりにスルーできるようになりましたが、いまの時代、食事や空気汚染のせいか、アセンションができずディセンションしてしまっているせいか、それにもちろん気づかないだろうし、宇宙のDarknessフィールドにつながったり

 

そこから支配されて動かされているのか、本当に「信じられない!」人たちというのはいますよね。自分(たち)のフィールド外の人たち!自分たちが地球人とすると、地球外からやってきた人たち…のような、でも高次宇宙や星ではなく、その反対側、Dのフィールドからやってきたような人たちいますよね。

 

だから、いま騒がれている国会議員のように「戦〇しなければ取り返せない」とか「女を買いに行く」なんて言葉を軽々しく発して、みんなが眠っている時間でも、大声をあげてわめきちらしたり、騒音を出したり、他人のもの自分のもののように飲食したり、そのことについても悪いとか恥ずかしいことをした

 

とかそういった気持ちや感情もなく…本当おかしんじゃない!?と思っている人たちや感じている人たちも多いですよね。もっともっとどんどんっ!「真実」が出てきてほしいです。暴かれてほしいです。「真実だけが残ってほしい」この地球に。偽りとか偽善者とか、美化しているもの、表面だけで取り繕って

 

もの、エゴのためにみせてくるもの、見せられているもの、みんな暴かれるか、それなりの対処をしてほしいですね。キレイごとばかりいっている人たちもいまの時代それはどうなんだろう?と思うし、美しいことや楽しいことしか発信しない人たちも「宇宙の法則」的にはおかしいしありえないこと。

 

「真実」というのは、「人間のエゴにとって煙たいもの」も多いし、「よいこと」ばかりではなく、「そうでないもの(嬉しくないもの)」や「学ぶべきもの」、「成長や進化のために学び、気づくべきもの」といったものも当然ある!のが普通だし、だからこそ「真実」なのである、それを超えたところに「本当の光」や「本当の愛」といったものがある。

 

でも「真実の中を生きていない人たち」は、そこまで到達できないから仕方がない!といえばそうなのかもしれないけど、それでもみんなの魂は成長、進化を望んでいると信じたい。

 

だから「真実の中を生き抜いていない人」は、「ぶれる」「ぶれやすい」「ぶれぶれ」で、話やディスカッションをしていても「筋が通っていない」わけ。誰かさんのように「言い訳ばかりをして自身を正当化しよう」とする。そんなことで時間やエネルギーを費やしてしまっているようだ。

 

そこのあなた、悲しみを手放しましょう!

 

いま騒がれている国会議員の丸山という人…さんざん皆さんが大切にしている空間やエネルギーを汚したり壊しておいて、今度は都合が悪くなったから、2か月間隠れるそうです。まさに逃げ!ですよね、これ。こういう人間だとすぐわかりましたよね。昨日もツイッターに書きたかったんだけど、書かなかった

 

こと。それは彼のドクター?診断書に書かれている「疾病」というところ。これっ!すぐわかってしまいましたよ!センシティヴな方や宇宙とつながる方、魂のステージがあるステージ以上の方々はイヤでもわかりますよね~、この人おかしいっ!言葉と行動が違うし、言ってはいけないこと平気で言ってるし、

 

それもアルコールの勢いに任せて怒鳴ったりわめいたり、皆さんの空間をエゴで破壊し、エネルギーを汚し、波動を引き下げ…「僕は国会議員だからなんとか権があってなんでもできる!」みたいな横柄さ!傲慢さ!(誰に言わせても)バカそのもの!ご立派な言葉をつかったり発言しているけど、そこには

 

まったく中身も軸も筋もなし!そう、昨日も書いたけど、こういう人たちたっくさんいるし増えている!のかもしれない。「はっ?それ!おかしいんじゃない?」って人たち。でも自分たちはそれがわかってないの。思考が整理整頓できていないだけではなく、いろんな問題がありそうです。例えば、こういった

 

人たちは、もちろん「真実の中を生きていない!」し、それだから、こんがらがったり歪んできたり、軸がずれたり、ぶれたり… 要するに、自分自身のエゴにとっていつも都合のよいことを選択して生きるような人間や魂になってしまうのです。つまり「嘘の世界」や「偽りの世界」でいつの間にか生きてしま

 

っているのです。これは過去生から持ち越してきた課題に関することからはじまって、インナーチャイルド、成育歴、親の在り方や教育の仕方、家族のコミュニティからの問題…などたくさんのことが絡んでこのようになっていきます。これを丁寧に根気よくひとつひとつ向き合って、手放さないと解決は不可能

 

で、また過去より「魂のカルマ」をもっと重くして(問題や課題を増やして)、あの世に一度戻ることになります。だから今度またこの地球にやってくる時には、問題や課題が前より増えていて、本当に大変!という感じになってしまうわけです。すると「真実に向き合う」どころか、とにかくエゴにとって

 

都合よく、楽をして、そのためなら、間違った理論や間違ったことをして、でも周りを納得させたり動かそうなんて、まさにDarknessフィールドの魂や人間になってしまうわけです。それを表に見せないように普段は取り繕っているけど、何かの拍子に出てしまうのですねぇ~。「疾病だから仕方ない」とか「〇

 

〇障害だから~」だとか、言っちゃう人たちやそのように思い込んでしまう人たちもいるかもしれないけど、すべてがこうだ!とは思えないし、自分自身が学び、気づき、本当に変わりたい!と思ったら、そのようにできないことはないと思うのですがいかがでしょうか?「適応障害」なんて言葉もいまよく

 

使われていますが、実際こういう言葉をつかって逃げようとする人たちもいないことはないような気もします。だってね、みんな「適応障害」だと思いますよ。大なり小なりね。みんないろんなことあるし、いうかいわないだけで、そういった課題と共に生きているのではないでしょうか?

 

 

 

 

「自分の居場所」や「自分の時空間」を与えられて、傲慢になる人たちはまだかなり多いこの人間界。これはエゴからやってくる(発せられる)「甘え」そのもの!である。魂ステージの高い人たちは、与えられれば与えられるほど、感謝の気持ちが深くなるし、謙虚な気持ちや姿勢になる。

 

 

読んでいて(目を通していて)ハートや魂にしっくりくる文章やメール、また反対に、書かれていることは素晴らしいことでもあるのに、ハートや魂にまったく響かない文章やメール、どこが違うと思いますか?あなたはその文章やメールをみて、心を動かされますか?それとも不快な気持ちにさせられますか?

 

人間ってどうして「傲慢」になってしまうのか?自分のエゴに甘えてしまうの?この点について理解することはなかなか難しい。っというか自分の魂にとっては「枠外」である。「枠外な人たち」。例えば、人間というのはすぐ他人と比べたり上や下なんていう見方でみたりする人たちがいる。この大半は恐れや

 

不安、エゴである。それに気づいていない人たちの方が多い。謙虚な人が目の前にいると、また謙虚な姿やエネルギーに触れると、当たり前のように?自然と「傲慢になる人間」。これどうしてなんだろう?「愚かそのもの(無知そのもの)」以外何ものでもないと思う。それに気づいていない人間はもうどうし

 

ようもない!のかもしれない。自らディセンション街道を選択して歩んでいっている!そのことに気づかないうちは成長や進化はない。シフトアップやアセンションは不可能である。ディセンション街道を進んでいきたい人たちははい、お好きなようにどうぞ!というしかない、そんな時代にきている。

 

時々、自分の周りのことに目がいかないで(解決しようとせずに)、ずいぶん遠くのことに目がいったり気をむけたり、そういった遠いところのものを知りたいという人たちがいるけど、まずは「自分自身の近く(周り)」から目を向けて解決していくことが大切です。周りのことがわからない人や解決できない

 

人たちは、遠くのことや大きなことを解決できないからです。まずは自分や自分の身の周り、のことから目をむけて、学んだり気づいたり、改善したり、手放したり、浄化したり…していくことが大切です。ステップ・バイ・ステップです

 

っというのは、自分自身に向き合っている人たちは自分たちのことや身の回りのこと、家族や自分たちの周りで起こる人間関係など、そのような質問が自然と出てくるのですが、たまに「そうじゃない人」というのがいます。これはそれがよいとか悪いとかそのような善悪をいっているのではなく、きちんと

 

ご自分自身に向き合っていますか?(だったらどうしてそのような質問や疑問がわくのでしょう?)と聞きたいのです。自分自身に向き合っていない人たちやふわふわ系スピリチュアルな人たちは、とんでもないことや自分たちの知らない世界ばかりに興味がいって、それが実は自己逃避であることに気づいて

 

いません。「それを知ってどうするの?」といった質問をしてきたり、場にそぐわないようなことを自分のエゴのために聞いてきたりします。昔からそういった傾向にある人たちというのはいらっしゃるようですが、「それを知ってあなたどうするのですか?」と反対に聞き返したいほどでした。「それより!

 

もっとしっかり地に足つけて(グランディングして)自分自身と向き合いましょうよ!」といいたい人たちというのも結構いらっしゃいます。まずは、自分や自分の周り!3次元のこと!からはじめましょうよ。そういったことがきちんとできていないにも関わらず、スピリチュアルなことを学んでも、歪んだ形

 

で自分自身の中に入っていきます。まずは「真実の中をしっかり生きましょうよ!」といいたい。すると、イヤでも自然とスピリチュアル性は開花されていくし、神さまからたくさんのギフトが届きます。まずはしっかり!3次元を生き抜く!真実の中を生き抜く!ことがスピリチュアル性への近道です

 

今日は「オンライン☆虹の学校」でした。参加して下さった皆さまありがとうございました!セッションやセミナー中は、今日の瞑想でもおこなったように「愛と光につながったまま」の状態なので、意見に対しての分析やジャッジ的なことはその場ではしませんが、「あれっ?」といったものもございます。

 

愛と光につながったままなのでスルーしていく感じになってしまうのですが、あとから人として振り返った時、「あの時のあの発言…おかしくない?」とか「あの質問おかしくない?」とか正直感じることがあります。

(おかしいとは、善悪ではなく、その場の波動やエネルギーにあっていない、ということです)正直にお伝えすると(真実だからお伝えしますね)今日も気になったことがありました。

 

最初におこなったあの「神の愛と光だけを受け取ります。浄化して発信します」といった瞑想の後(すぐ?)に出てきた「光とDarkness」の質問はあの場、あの空間にはそぐわないものだったのではないだろうか?(あの瞬間も波動やエネルギーが一瞬変化したので感じていましたが、あえて口には出しませんでした)。

 

どうして、あの瞑想の後に、あのような質問や言葉が出るのか・・・「神の愛と神の光だけ」だったはずなのに、何を(どのようなエネルギーを)引き出そうとされたのか?どうしてあの後、Darknessといった言葉が出てきたのかとても疑問に感じました。

 

その答えはもう光の存在たちや高次宇宙から受け取っていますが(彼らに感謝)、個人的なことになるので、こちらのブログには書きませんが、いくつかの理由が彼らから届いています。

 

個人個人、ひとり一人がしっかり「浄化」をおこなって、もうこれ以上マザーアースに負担をかけないようにしたいですね。そして、この地球空間や未来の地球は、私たちひとり一人の意識というエネルギーによってつくられています。もちろんいまもです。

 

これは『宇宙の魔法』にも書いてありますので、興味がある方はどうぞお読みになられて下さい。

 

ですので、私たち個々の意識やエネルギーをキレイにしていかない限り、この地球や地球空間はよくならないです。それどころかいま危機が訪れています。これについても『宇宙の魔法』に書いてあります。