WSS@宙組

テーマ:

ありがたいことに

3回観劇することが出来ましたチュー

 

 

観終わった後

とても複雑な気分にさせられて

作品的には救いのない

虚しさだけが残る結末が本当に辛くて

「 あ~ 楽しかった小音符 」   …とは

とても言えない作品ではあります

 

それでも、観終わってから1~2時間も経つと

もう一度観たくなる気持ちが湧き上がる

不思議な感覚を味わいましたほっ

 

もう一度観たくなるのは

出演者の熱さからかな…

 

 

トニー:真風涼帆

持ち味が、大人っぽさだと思うので

トニーはどうか…と思っていたんですが

仲間から卒業しようとする

少年からは一歩成長している

でも、マリアやドクやリフに見せる笑顔は

とても無邪気で、まだ大人になりきれてない

そんなトニー像で魅せてくれました

 

ファルセットは不安定でしたが

通常の男役より低いキーの歌唱は

歌い出しから滑らかで深い響きがありました

 

マリア:星風まどか

新公初ヒロインの頃、声は出なくはないけど

中低音から高音へと上がる時に途切れるような

未熟な歌唱でしたが、キー的にギリギリな

この作品の難曲をなんとか歌いこなしていました

 

素直で正義感が強い…でも世間知らず

そんなマリアを、あどけない雰囲気で演じていて

その言動で悲劇を招いているのが

仕方ないような気にさせられましたね

 

ベルナルド:芹香斗亜

ワタシ的に、星組~花組時代に

ほとんど注目していなかった方なので

宙組さんに居るという違和感が妙に役に嵌って

リーダーの雰囲気が充分に感じられました

 

滑舌がちょっと気になりましたが

声には色気がある方ですね

 

リフ:桜木みなと

普段から少年っぽい印象なので

リーダー感は少し足りないようにも思いましたが

リフという役にはぴったり

本当に可愛らしい元気なリフでしたね

 

チノ:蒼羽りく

マリアに対する細やかな演技が

とても良かったです

余裕のあるダンスも素敵で

プロローグの脚上げがカッコ良かった

 

アニータ:和希そら

全てにおいて巧いびっくり   です

喜怒哀楽の表現の振り幅が広く

素直に観ていたら一番強く感情移入してしまう

実に理想的なアニータでした

 

ヴェルマ:綾瀬あきな

この公演で、顔の判別が出来るようになりました

ダンスが素敵でしたね~はーと

体育館のダンスパーティーとかは

ヴェルマとアニータに釘付けになります

 

ベイビージョン:秋音光

なんでも出来る人ですよね

どの場面もナチュラルにこなしつつ

下っ端で守られてる感とどことなく幼さを

醸し出しているのが可愛かったです

 

アクション:瑠風輝

身長もあって、お顔も迫力があるから

アクションの喧嘩っ早い感じが合ってました

押し出しが実に立派でした

 

エイラブ:潤奈すばる

本役として、これほどの大役を演じる日が来るとは

思ってもみなかったので感無量です

エイラブ役はすばる君の個性にも合致していて

ベイビージョンとのコンビ感が最高でした

 

得意なダンスはもちろん

歌も演技もいつの間にか進歩を遂げていて

着実な成長を実感できました

 

エニボディーズ:夢白あや

まだまだ台詞を言ってる感もありましたが

体当たりな演技が気持ちよかったです

可愛い方なのに、頑張って大きく動いて

男勝りなところを良く表現してましたね

 

 

正直、このメンバー…というか

今の宙組さんなら「WSS」より

「ロミジュリ」やったほうが良かったんじゃ

なんてことも思わないわけでもないですが

 

ただ、出演者の熱量はものすごくて

この公演のそれぞれの役への想いが

本当に強く感じました

 

ほぼ毎日が2回公演で

激しいダンスとアクションばかりで

怪我とか心配になるほどだから

無事に千秋楽を迎えられるよう祈るばかりです

 

梅田芸術劇場での公演もありますが

明らかに役替りしてしまうでしょうね

そうなると主演者が同じでも

また別の作品になりそうな気がするから

今のこのキャストでの公演を

観劇できて本当に良かったと

チケットが取れた幸運に感謝ですキラキラ