「こども食堂 あいあい」記

テーマ:

おはようございます。

今年の伊豆の紅葉は、過去最高に色鮮やかで驚いています。

一碧湖も紅葉狩りでにぎわっています。

ぜひ伊豆にお出かけください。

 

 

先々週、先週と定休日イベントが続き、昨日は怒涛のご奉仕3連投の仕上げで

「こども食堂 あいあい」出張料理をおこなってきました。

「こども食堂 あいあい」は、川奈聖書教会が月1回行っています。

川奈聖書教会ではこども食堂を次のように定義しているそうです。
「こども食堂」と聞くと「かわいそうな子どもたちが食事を食べさせてもらう場所」という先入観を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちはそのように子ども食堂を定義していません。大人たちの愛情をたっぷり受けて、友達と一緒に楽しくご飯を食べる機会は、全ての子どもたちにとって有益な機会。子どもたちみんなが必要とし求めている場だと思っています。大人も子どもも、みんなの笑顔が溢れる場所【こども食堂 あいあい】です。

聞けば、最近は学校の給食でも机を寄せて食事をすることが無いそうで、前を向いたまま無言で食事をするそうです。
ちょっとホラー。
僕らが子供の頃は親戚のところに行ったり、近所でご飯を頂いたりと、食事機会の多様性がありましたが、最近はそういったこともあまり無いそうで。
食事は、社会的コミュニケーションを形成していくうえでも必要なことですし、みんなで楽しく食事をする機会をお手伝いできればということでお引き受けしました。できる範囲のことで、ちょっと社会貢献です。


大人チーム。

いつもお世話になっている山本さんからご依頼をいただき、即相談 即OKしてくれたのは
「夢海月」の祐美子さん「にこまめち」の一歩さん、久美子さん

いつも力を貸してくれる、ありがたい伊豆高原仲間です。

山口牧師はじめ、川奈聖書教会の皆さんも、温かく迎えてくださり感謝。

 

普段こどもと接する機会もないし、食卓を囲むということの意義を改めて考える機会ともなり、
貴重な経験をしてきました。

反省会
ある意味こっちが主目的?
また機会がいただけたらやろうと、盛り上がった夜でした。


今日からクリスマスメニューも追い込み。

あれこれ考えたら、過去メニューとバッティングしたり、全体の流れの中で偏りが生じたりと、
試作しては止め、書いては消しを繰り返しております。
image

23,24、25日が人気日です。
ご予約お待ちしております。

 

お食事券の取り扱いを始めました。

ご活用いただけたら幸いです。

image
「ふるさと納税」でもお取り寄せ可能です。

https://item.rakuten.co.jp/f222089-ito/h140-1810-0284/

 

 

それでは、今週も伊豆高原でお待ちしております。