January 15, 2006

USA放浪記5

テーマ:USA放浪記{回想}

1991年夏、アメリカ北部の州、ど田舎。今日も商品を探し回る毎日です。地図によると次の町の人口は200人あまり。「こりゃ、なにもないな~」と思いつつも車をはしらせます。案の定、ダウンタウン(町の中心部)に到着すると、人影もなく、郵便局、シティ・ホールがあるのみです。さあ次行こうと、車をUターンさせた瞬間、目の前にLeeの看板(壁画)が目に飛び込んできました。「おお~」と思いすぐ車を停めて、店内に入ります。



店内に入ると、オールドLeeのジーンズが、ざっくざっくと言いたいところですが、なんと中はGrocery(食料品)Storeです。とりあえず、店の中をまわりますが、衣料品・靴らしきものは見当たりません。仕方なく、コーラを一本購入後、店を後にします。

一応、車まで戻ったあと、あきらめきれずもう一度、店内に入り聞いてみます。「店の外壁にLeeのサインがあるけど扱ってないの?」店主は年のころは60歳位の白人オバサンです。「以前は、扱ってたけど、今は見ての通りだよ」といわれます。ひるまず、そのころの在庫はないの?と聞くと、「Follow me」といって、店の奥に案内されました。薄暗い倉庫の電気をつけると、一面にジーンズの山です。「おぉ~すげぇ~」と叫びたいのを、我慢して、半狂乱(喜びで)の状態で物を探しては、レジの前に積みます。最初はかなり無愛想なオバサンだったのですが、レジの前の商品(彼女にとっては、だだの売れ残り)を見て、顔は赤らみ、口元が緩んでくるのがわかります。何度も「ほんとに全部買うのか?」と僕に確認します。

数時間かけて、倉庫を隅々まで舐め回す様に見ます。すべて検品、値段の交渉後、代金を支払う際に、問題発生。なんと、このオバサン生まれてはじめて、トラベラーズ・チェックなるものを見たようで、TCでの支払いを拒みます。結局、銀行員(この町にはATMしかなく、30マイルほど離れた町からわざわざきました)に来てもらって、すごく待たされたあげく、一件落着。色々ありましたが、本日、大漁でした。


アメリカ人は、自国が広いせいもあってか、本当に海外に出ない国民のようです。米国内に様々な国からの移民がいて、それぞれがコミュニティーを形成している場合も多く、自国にいながら、多民族と触れ合うことができるのも、その理由のひとつかもしれません。それにしても、トラベラーズ・チェック位は、見たことあるだろ!と思いました。

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
January 13, 2006

USA放浪記4 発掘!

テーマ:USA放浪記{回想}

さあ、車も買ったし、免許も取って発掘の旅に出発です。現在は、Webで検索して下調べできたり、アメリカ在住の友人も多いので、情報を得ることも多いのですが、当時は全く知り合いもいないし、ただただ、大陸(実際に端から端まで走ってみると、広い!まさに大陸という感じです。)を走り、店・倉庫・あらゆる所を、見て回ります。当時、英語もろくにできないのに、快く倉庫を見せてくれたオヤジに感謝です。すごく怪しんで「商品買いたいだけだから」、と何度説明しても、絶対、倉庫を見せてくれなかったオバサンには、すでに天罰が下っていると思います。

画像は、92年頃、南部の州の靴問屋のような場所で、オールド・スニーカー発掘したときのものです。

チャック・テイラー、PF、Brooks等で全部で(画像に出てないものも合わせて)200足以上は、あったと思います。当時はかさばるので、靴箱は捨ててましたが、今考えるともったいないですね~。

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
January 12, 2006

仲田★復活!

テーマ:ルビーズ

以前、当店で働いていた店長の仲田君が、店を昨日から手伝ってくれています。期間等は未定でいつまでいれるかはわからないので、ご存知の方おはやめに、会いにきてください。うちをやめた後、パリに住んでいたので、フランスの土産話もきけますよ♪~。



AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
January 11, 2006

USA放浪記3 カリフォルニア州の運転免許取得2

テーマ:USA放浪記{回想}

今日は実地試験です。問題は筆記試験(英語での)だと思っていたので、もはや恐れるものはなにもありません。(かなり気が大きくなってました)気分よく試験場に向かいます。


試験は自分の車をもちこんで行います。まあ、受験代も安いので、文句は言えないのですが、試験用の車がないのには、びっくりしました。まず車を購入したのもそんな理由からです。(レンタカーという手もあったのですが、なるべくお金をかけたくなかったので。)


試験開始。自分の持ち込んだ車に、試験官を乗せます。試験官と一緒にいきなり路上に出て、指示とおりに、車を走らせます。試験官は50歳位の親父です。普通に運転するだけなので、試験官の英語が少し聞き取りづらい以外(こちらのヒアリング能力に問題がある為)、特に問題は感じません。そろそろ、試験場に戻る最後の信号、右折。(アメリカでは、多くの州で、赤信号でも、車が来ていなければ右折できます。)赤信号、車は遠くから来ていたのですが、いつもの感覚で右折すると、試験官は「Very Bad!」と怒り狂い、試験中止。不合格。ぜんぜん大丈夫かと思ったんだけどな~。その後も、散々文句をいわれます。試験なんだな~と実感し、やはりいつも以上にちやんと運転しないとと反省しながら、自信満々で、のぞんだ実地試験はあえなく、敗退。


2回目。本日の試験官は30歳台位の黒人女性。感じは良し。黒人はまじめな人が多く、融通きかなそうだな~と思いつつも試験開始。最後まで走り終える。結果は合格!免許は8weeks以内に郵送しますとのこと。ついに、憧れ?のカリフォルニアドライバーライセンス取得!


1991年当時、加州の運転免許とるのは、パスポートとソーシャル・セキュリティNOがあれば大丈夫で、かなりいい加減というか、わりと簡単に取れました。日本で免許取り消しになった職業運転手がアメリカで免許とって、アメリカ発行の国際免許で日本でまた運転するなんていう、とんでもない人も結構いたようです。(現在は、特に9.11テロ以降はかなり厳しく、ビザの有効期限しか免許が発行されない等、かなり制限があります。)


当時はあまり意識しませんでしたが、アメリカは移民の国で、来るものにおおらかな国だったんですねえ。。

コメント(6)  |  リブログ(0)
January 10, 2006

USA放浪記2 カリフォルニア州の運転免許取得1

テーマ:USA放浪記{回想}

カリフォルニア州免許はLA空港近くのInglewoodという町のDMV(Department of Moter Vehicles)で1991年に取得しました。この町は元々黒人が多く住んでいたのですが、最近ではメキシカン(ヒスパニック系)の住民が増えている地区です。試験は日本で言うところの、一発形式で、まず筆記試験、その後、実際に運転する実地試験があります。


まず筆記試験です。受験料金$10(激安!実地試験も含まれた料金。これ以外、一切かかりませんでした!)払います。筆記はマークシートで、出題50問、40問以上正解で合格です。筆記試験の使用言語を選択できるのですが、英語・スペイン語・韓国語しかありませんでした。(涙)試験受付のおばさんに「アジア人だから、韓国語にすれば~」みたいなこと言われてちょつと、むっとしつつも、とりあえず、英語を選びます。


さて試験開始です。老若男女入り乱れ、人種もばらばら。「俺、こんなとこで何やってんだろ?」と考えている時間はありません。慣れない英語に脂汗をかきながらあっという間に、終了。結果は36問正解。不合格。


とりあえず、今日はだめか~と思っていると、「試験官のおばさんに、次の試験は何時からです」といわれたので、よくよく聞いてみると、$10の試験料金で一日3回まで、筆記試験受ける権利があるとのこと。おぉ、

後2回、受けれるじゃない!すかさず、「同じ問題でるの?」聞いたところ、「違う問題です」とつれない答え。

気を取り直して、2回め。結果は39問正解。不合格。ちくしょ~。


3回目。泣いても笑ってもこれで終わり。ここで落ちれば、$10は水の泡です。かなり緊張しながら、試験にむかいました。「こんなに緊張するのは、大学受験以来かな?いやいや大学は何校も受けられたからな~」なんて考えながら、試験終了。問題自体はたぶん日本より易しい基本的な交通ルールなのですが、すべて英語なんで。。。などと、言い訳がましいこと考えたりしながら、結果を待ちます。


結果41点。合格!うれしい!ベートーベンの第九がバックに流れ、歓喜にあふれた自分がいます。(かなり大げさですが、運転免許ごときで、かなりうれしかったのを、覚えています。)とりあえず、筆記試験合格証を受け取り、実地試験の予約をとり、本日終了。身も心もぼろぼろになりましたが、受かって良かった。1991年 夏。


次回、実地試験につづく。


コメント(4)  |  リブログ(0)
January 09, 2006

USA放浪記1 アメリカ上陸

テーマ:USA放浪記{回想}

1991年、この仕事を始めました。まだ、お店はなく、渡米して商品をさがす毎日です。


渡米後、まず、車を購入、続いてカリフォルニア州の運転免許を取得しました。


車は89年式の中古シェビーのアストロバンです。ナンバーは"2PZG460 California "(モーテルにチェック・インするときなどに、必要だったので、いまだに覚えてます。)$7000(当時の100万円位)で購入。この車はもう売却済みで、現在はありませんが、95年までの3年余りに、約25万マイル(40万km)ほど走りました。西海岸から出発して、東海岸までいって帰ってきたことも何度となくあります。事故や警察に捕まった事などもあり、折に触れて書いていきたいと思います。


次回、カリフォルニア州の運転免許取得レポート!かなり古い(1991年取得)ので現在とは、違うかもしれませんが。。。免許とる前に車を買った謎?にせまります。

コメント(2)  |  リブログ(0)
January 06, 2006

MOTEL 6 完全制覇の旅2

テーマ:USA



じゃーん。これが、前回泊まったMOTEL6の内部です。フラチャイズ展開なので、場所より古いところとかもありますが、大体どこもこんな感じです。画像の場所は割りときれいな方です。部屋も日本のビジネス・ホテルの3倍はあり、ベッドはクイーンサイズで快適です。シャワー・ルーム 電話 TV(HBO ESPN Discovery channel 等の有料チャンネルもタダでみえます)完備されています。ここがたしか$31.95+TAXだったと思います。




ご参考までにHBOは(Home Box Officeの略)ずっと、映画ばかりを放送しているチャンネル、ESPNはスポーツ、ディスカバリーはその名前のとおり、主に自然科学分野の発見をテーマにした、知的好奇心をくすぐられる番組です。当然のことながら、すべて英語放送で、いつも英語力のなさに、涙しています。他にも色々チャンネルはあって、西海岸では韓国語放送、中国語放送、もちろんスペイン語(すごくたくさんチャンネルあります。)NYも同様で、米国人ですら、地下鉄の隣の席に座った人の新聞が何語でかいてあるのかすら、わからない事があるそうです。他民族国家だと、テレビをみてるだけでも、実感します。




MOTEL6に話を戻すと、個人的には、いままで特に問題があったことはありませんが、わりと安いホテルなので、客層はけっして良いとは言えず、いわゆるブルーカラーの人たちも多く泊まっています。過去にルイジアナ州のモーテル6で、殺人事件がおきているようです。そう聞くと、ビビリますが、どこにいても安全なところはないので、注意が必要だと感じます。モーテル6 http://www.motel6.com

コメント(2)  |  リブログ(0)
January 05, 2006

MOTEL6 完全制覇の旅

テーマ:USA

アメリカを車で、移動したことのある方はご存知だとおもいますが、インターステイト(フリーウェイ)沿いには、モーテル(moter-hotel)があります。モーテル6は全米850箇所以上あり、かなりお世話になっているモーテルのひとつです。デッドストック商品を探すときなどは、今まで行った事のない町に行くことも多いのですが、初めて訪れた町でもMOTEL6を発見すると、なんか急にホッとしたりします。ほとんどの場所で、よほど運が悪くない限り、予約なしで入れます。値段は場所と季節によりますが、一泊$30-$60位でかなり、リーズナブルです。もちろん駐車代等はかかりません。1991年から、利用していて、少なくても250箇所以上は泊まったことがあると思います。そろそろ表彰状がとどくはず(嘘)です。次回、衝撃?のモーテル6、内部(部屋)のレポート!つづく

コメント(2)  |  リブログ(0)
January 03, 2006

あけましておめでとうございますm(- -)m

テーマ:ルビーズ

本年も宜しくお願いいたします。あっという間に2006年です。今年も皆様にご満足いただける店を目標に、

スタッフ一同がんばる所存でございます。1/10迄、新春SALE中ですので、是非ご来店・ウェブ通販をご利用ください!

コメント(2)  |  リブログ(0)
December 30, 2005

★新春SALEのお知らせ★

テーマ:ルビーズ

1/3-1/10迄、新春セールです。


この期間、全商品20%OFFにてお買い求めいただけます。対象外の商品ございません。既SALE品は更に20%OFFになりますので、この機会を是非ご利用ください。(クレジット・カードご利用の場合は15%OFFとさせていただきます。)


2005年も残すところあとわずかとなりました。皆様、風邪などひかぬようよい年をお迎えください。2006年も宜しくお願いいたします。ルビーズ。

コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。